愛犬の健康のための日記

犬の健康管理や病気になった

犬の健康回復などを取り上げ、

広げていこうと思います。

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 1

2016年10月19日 | 犬の病気






進行すると咳が重くなり、呼吸困難になります。

最初のうちは症状が出ませんが、次第に咳が出たり、

運動をしなくなったり、元気も出ず、食欲も落ちてきます。

心臓の僧帽弁が良く閉まらない病気です。

X線や心電図や超音波なども使って検査します。

食事は塩分を控えることが重要です。

病気が重くなると一晩中せきが

止まらないこともあります。


でも、専門医の指導を受けて、

食事や運動に気をつければ、内科療法で

長生きは可能です。完治は難しいです

心音を聴診して僧帽弁の閉鎖不全の心雑音を

確認することが出来ます。

治療方法は、強心剤、利尿剤などの内科療法が主体です。

心臓だけでなく肺にも影響を与えてしまいます。

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが






『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬の溶血性貧血について 2 | トップ | 犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL