MK ガレージ

こんにちはMKガレージです。お車の事なら何でもご相談下さい。
新車、中古車販売、車検、修理、鈑金、塗装、カスタム 保険

1962年 シボレー インパラ エンジン調整点検。

2017年08月10日 | 
おはようございます。弟子からいまいち調子がでないとゆうか、お客様がアメ車はこんなもんなのか確認して欲しいとの依頼です。

久しぶりに綺麗なちりも合っているようなアメ車を見ました(笑)
まずボディーのビビりは車が出来上がったばかりでまだつめていく段回だったのかリアーマフラーがボディーに接触していました

バンドとステーを加工してボディーとの接触を無くしました。


左側は大丈夫で、OKです。

エンジン調整は確認した所、デスビのバキュームホースの入りがキャブ側で反対ですね、


バキューム吸い込みっぱなし30°以上、外してタイミング測ると2°

このみがありますがまずは8°

バキュームホースを入れ替て、、

最終は6°にしました。

キャブレターのチョークのフタも動かないようにして、、

こんなもんかな(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成4年 マツダ ボンゴ ... | トップ | 1997 シボレー C-1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事