MKB2018

―― MKのBlog.

「尾崎豊の歌碑」

2017年12月01日 | 尾崎豊


尾崎豊の歌碑
※1994年4月25日建立

 渋谷クロスタワー(旧東邦生命ビル)前のテラスには、尾崎豊のレリーフと『十七歳の地図』の歌碑が在る。


  


 青山学院時代の尾崎が、学校帰りによくここに立ち寄って夕日を眺めていたことに因んで、三回忌にあたる1994(平成6)年4月25日に建てられた。


  


 また、ここは『十七歳の地図』の「歩道橋の上 振り返り 焼けつくような夕陽が今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ」という歌詞の舞台にもなっている。


  


 毎年、尾崎豊の命日と誕生日には全国から尾崎ファンが集まり、歌碑の前や歩道橋で、彼が遺した歌を弾き語りながら彼を偲んでいる――。


     



      人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば
      しがらみのこの街だから 強く生きなきゃと思うんだ

      ちっぽけな俺の心に空っ風が吹いてくる

      歩道橋の上 振り返り
      焼けつくような夕陽が
      今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ

      Seventeen's map



      尾崎 豊


        



編集後記

 没後、四半世紀の月日が流れた2017年11月29日の尾崎豊の52回目の誕生日。

 渋谷クロスタワー前にある歌碑では、今年も全国各地から尾崎ファンが集まり、彼の誕生日を祝って彼が遺した曲たちを歌って尾崎豊を偲んでいます。

 亡くなってから25年も経っても、未だにこれだけのたくさんファンに愛され続けている彼は、幸せ者です――。






【記事引用】「尾崎豊の歌碑」「渋谷文化プロジェクト
【画像引用】「OZAKI LOVERS ~尾崎豊と愛すべきものたち~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OZAKI LOVERS ~尾崎豊と愛す... | トップ | 特別展覧会「国宝」 »
最近の画像もっと見る

尾崎豊」カテゴリの最新記事