MKB2017

―― MKのBlog.

「桑田真澄」 物語

2009年05月11日 | GIANTS


永遠の桑田ロード

 元巨人軍の桑田真澄が、勤めている会社に講演に訪れた。

 巨人軍で一時代を築き、リハビリを乗り越えてメジャーのマウンドに立ったのは記憶に新しい。彼の野球人生に敬意を表して、これまでの道程を振り返ります――。


KKコンビ

 清原和博との「KKコンビ」で1983年夏から5季連続で甲子園に出場し、優勝2回、準優勝2回、ベスト4が1回という輝かしい成績を残した。


          


 甲子園通算20勝は戦後最多の不滅の金字塔であり、甲子園に一時代を築いた。


巨人入団

 大学進学とプロ入りの両方を考えていた桑田投手は、ドラフト当日に出る方向が自分のベストの道だと信じて進もうと考えていた。


            


 そしてドラフト当日、清原選手を1位指名すると公言してきた巨人は、桑田投手を1位指名した。

 大学進学に備え受験勉強に明け暮れていた桑田投手だったが、「最高の道をもらった。この道を進もう」とプロ入りを決意した。


3本柱

 1986年5月25日の中日戦で初先発。6月5日の阪神戦で初勝利を初完投で飾るが、1年目は、2勝1敗、防御率5.14とプロの洗礼を浴びた。


               


 しかし、翌年には15勝を挙げて、最優秀防御率、沢村賞のタイトルを獲得。

 以後、斎藤、槙原とともに「三本柱」と称され、先発の軸として活躍した。この年から6年連続で2桁勝利を上げ、巨人の黄金期を支えた。


3本柱

 1987年のオールスターゲームで、初の「KK対決」が実現。しかも場所は、甲子園球場。


             


 パ4番の清原選手は、セ先発の桑田投手からホームランを放って、初対決を制した。2人の対決は「KK対決」と呼ばれ、数々の名勝負を生み出した。


                



絶頂期と停滞期

 1989年から1991年にかけて、絶頂期が続く。1989年は17勝、1990年は14勝を挙げて、1991年も勝ち星が16まで伸び、ゴールデングラブ賞にも輝いた。


               


 しかし、翌92年、93年と勝ち星が伸びず、マスコミに叩かれる日々が続く。


10・8決戦

 1994年10月8日、残り1試合を残して巨人と中日が69勝60敗の同率首位で並んでいたため、プロ野球史上初の最終戦直接対決での優勝決定戦となる。


             


 「しびれるところで、いくぞ。」 10.8決戦前夜、長嶋監督は桑田投手にそう告げた。

 6-3で迎えた7回、槇原投手-斎藤投手の後を受けて桑田投手がマウンドに立った。そして、中日打線を3回を無失点に抑え、胴上げ投手となる。


               

 
 その後、西武を倒して日本一に輝き、最多奪三振王とMVPのタイトルを獲得した。 


右ヒジ靭帯断裂

 1995年6月5日の阪神戦。湯舟選手の放った三塁線沿いの小フライをダイビングキャッチする際、右肘を人工芝に打ちつける。

 その際の衝撃で右肘側副靱帯が断裂。手術のため渡米し、残りシーズンと1996年を棒に振った。


            


 術後、ボールが投げられない期間が続いたが「ボールは投げられなくても下半身は鍛えられる」とジャイアンツ球場のグラウンドをひたすら走り続けた。


                


 桑田投手が走り続けた外野の芝生は剥げ上がり、"桑田ロード" と呼ばれるようになった。


2年ぶりの復帰マウンド

 2年間に及ぶリハビリの末、1997年4月3日に復帰登板を果たす。

 試合開始前、桑田投手はマウンドに跪いて右肘をプレートにつけ、「ようやく戻ってきました。また、宜しくお願いします。」と、野球の神様へ復帰の挨拶を行った。



            


 この試合で、清原選手がホームランを放ち、復活の110勝目に花を添えた。


屈辱のリリーフ生活

 1998年に16勝を挙げて最高勝率賞を手にしたが、1999年から抑えに転向。99年はリリーフ登板した10試合において失点を許さず5Sを上げ、00年も5Sを上げた。


                


 しかし、本人の先発完投型としてのプライドもあり、ストッパーとして定着することはなかった。


転機の原政権

 そんな不遇の日々を送っていた桑田投手に転機が訪れる。

 10年続いた長嶋政権に終止符が打たれ、2002年に原政権が誕生したのだ。原新監督はキャンプインと同時に桑田に先発復帰指令を出した。


                


 前半戦の成績は4勝5敗だったが、防御率は2.28。エースへの信頼は蘇り、終わってみれば12勝6敗の堂々たる成績を残し、最優秀防御率のタイトルも獲得した。


試合に出場できない日々

 しかし、翌年は5勝、2004年は3勝と勝ち星が伸びず、2005年は1勝もできずにシーズンを終える。

 年齢的な衰えもあったが、肘の怪我の影響をかばおうとして腰に負担がかかり、それが足首や膝に悪い影響を与えていたことが原因だった。


                


 06年も4月13日の広島戦で1勝を挙げたが、4月末からは故障もあり、2軍での調整が続いていた。


巨人退団

 2006年9月23日、巨人公式ページ内の桑田投手のコーナーに「明日、ジャイアンツのユニホームでマウンドに立つのは、おそらく最後になるだろう」とのコメントが掲載された。


              


 そして、翌24日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの湘南戦での先発登板後に、今季限りで巨人を退団する意向を表明した。


パイレーツとマイナー契約

 2006年12月20日、桑田投手がパイレーツとマイナー契約を結ぶことが発表された。


                


 マイナー契約ながら、フロリダで行われたピッツバーグ・パイレーツの2007年の春季キャンプに招待選手として参加し、開幕メジャー入りを目指すことになった。


右足首靭帯断裂

 2007年3月26日、オープン戦5度目のブルージェイズ戦で7回から2番手で登板。


                


 しかし、8回に三塁ベースカバーに走った際に、審判と激突し右足首じん帯断裂の重傷を負い、2ヶ月にも及ぶ長いリハビリ生活に入る。


メジャーに電撃昇格

 パイレーツ傘下の3Aインディアナポリスで、3試合連続無失点の好投を続けた桑田投手は、6月8日の試合後にメジャー昇格を知らされた。

                 


 彼は移動中の空港でその事実を知り、「背番号は18」との知らせに涙したという。 


メジャー・デビュー

 桑田投手の夢が6月10日、敵地でのヤンキース戦でついに実現した。


                 


 ヤンキースが8-6と2点リードで迎えた5回裏、「マスミ・クワタ」の名前がコールされると、ブルペンから芝生の感触を確かめるように、背番号18が小走りにマウンドへ向かった。

 ファンの歓声も派手なパフォーマンスも無かったが、心の中で野球の神様に「ありがとうございます」と、感謝の言葉をつぶやいたという。


                  


 翌11日には、5回から3番手としてマウンドに上がり、松井との初対決が実現した。


VS イチロー

 6月21日、マリナーズ戦に6回から2番手として登板。


               


 6回を無失点で切り抜けると、7回にはイチローから変化球で三振を奪った。2回を投げて、4奪三振、無失点の好投を見せてマウンドを降りた。


パイレーツ退団

 8月14日、球団から戦力外通告を受ける。念願のメジャーでの初勝利こそ果たせなかったが、会見で球団への感謝の気持ちと達成感をにじませた。


パイレーツと再契約

 2008年1月8日に、パイレーツと再契約を締結。


               


 最初はマイナー契約で、メジャーに昇格した場合切り替わるスプリット契約で、昨年に続き招待選手としてパイレーツの春季キャンプに参加。


現役引退

 桑田真澄投手が3月26日、現役引退を表明した。

 「自分の中では、燃え尽きました。デビュー戦をヤンキースタジアムでできたのも信じられないし、18番を頂いたこともパイレーツに感謝しています。」


               


 開幕マイナーの事実を引退への天命と受け入れた彼は、マウンドに静かにボールを置いて、小学校3年生から始まった32年の野球人生に幕を下ろした――。



                 




編集後記

 桑田投手が巨人に入団したのが、小学校3年の時。

 そして、巨人の3本柱として全盛期を迎えたのが小学校高学年から中学生にかけてで、1994年の10.8決戦で胴上げ投手となった時は、高校2年。

 いわば、自分は全盛期の桑田投手の背中を見て育ってきた世代。

 それだけに、「心が燃え尽きるまでマウンドに立ち続けたい」という野球人としての美意識を貫くために、実績やプライドを捨ててマイナーリーグで一から頑張っている姿には、心打たれるものがあった。

 最近では、納得がいくまで頑張って桑田投手の野球哲学をメジャーに浸透させてほしいと思っていただけに、現役引退は残念だった。

 しかし、今日の講演で彼はこう述べた。「野球にはたくさん幸せをもらった。これからは、野球界に恩返しをしていきたい」と。 

 現役を引退してからもなお伸びていく桑田ロードは、どこまで続いていくのだろう――。



             





【記事引用】「Wikipedia」「桑田真澄 OFFICIAL BLOG」
      「試練が人を磨く~桑田真澄という生き方/扶桑社文庫」「激闘甲子園物語」
      「エースの鐘は2度鳴り響く」 「桑田真澄」 etc..
【画像引用】「月刊清原和博」「スポーツ報知」「関心空間」
      「sportsnavi」 「桑田真澄の軌跡」 etc.. 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビックリマン」 | トップ | 歌謡スナック 「ペア」 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (encyclopedia)
2006-09-25 23:07:09
コメントありがとうございます。考えてみれば、桑田のような選手が巨人を陰で支えていたのですよね。

最近の巨人の動きを見ていると、ひたむきに努力を重ねることが今の時代に合わなくなったのかとさえ感じたりします。
がんばれ桑田 (四十郎)
2006-09-26 12:50:00
コメントありがとうございます。

今回の桑田選手の件は本当に「寂しい」ですね。

何処へ行っても、頑張って欲しいです。
Unknown (スプ)
2006-09-27 07:15:06
コメントありがとうございます。

mitamuraさんのブログ、桑田投手について細かい!画像もあって素敵ですね。

桑田投手が好きなんだなぁって伝わってきます(笑)



桑田投手の生き様にはプロ野球選手の中でも特別なものを感じます。

まさに夢に向かっていくのが男の美学ですね!





桑田、小久保 (musachan20002)
2006-10-18 06:58:23
ゼッタイ放してはいけません、巨人が一番人気の強気の時代はとっくに終わってます。

小久保のような選手をはなしたら、何十億だしても

代わりの選手を起用することできないでしょう!!

原監督大好きです

経営陣に訴えてください、

客観的にみて今の巨人は終わってます。

駒澤苫小牧の田中をとるとかなぜ真剣にかんがえないのか、彼なら初年度で、10勝はいじょうは硬いのでは。。。。。
桑田選手、これからもずっと。。。 (ミツ)
2007-01-09 05:58:29
このブログ、いいですね。2枚目のPL時代のKKコンビの写真なんて見たとたんに涙が出そうでした。私は92年からずっと海外暮らしで日本のテレビ等が見られないため、プロ野球に関する速報などの情報も入ってこなくて、そのため自然と遠のいてしまっていました。元々は大の野球ファンで特に高校野球には燃えてました。桑田選手のことはPL時代の時から大ファンでした。その後、自分が日本にいたときまではジャイアンツのファンとして何度も球場に試合を見に行ったりもしていたのですが、前述の通りその後海外暮らしとなって、ジャイアンツはおろか、私が大の野球ファンとなった一番の理由、桑田選手のことさえも忘れかけていると言った状態でした。ところが去年の9月に友人から桑田選手が巨人を退団するというという旨のメールが来ました。その時の、心に隙間風が吹いたというのか、なんともいえない寂しさがこみ上げてきて、一時代の終わりを感じました。PLの黄金時代からの彼の勇姿が、まるで走馬灯のように頭をさっと駆け巡りました。彼は野球というスポーツを心から愛し、常に尊敬の意を以って接していましたよね。寡黙ながら大変な努力家。そういう姿勢が大好きでした。これからもアメリカで活躍し、新しい桑田真澄を見せつけてほしいです。がんばってください!
Re:桑田選手、これからもずっと。。。 (mitamura)
2007-01-09 09:38:24

 感動を与えられてなによりです(^^)v

 思えば桑田の選手としてのピークは94年の10.8決戦の時でした。あの頃の躍動感溢れるピッチングにはしびれました。
 
 その後はケガによって、球速も球威も落ちてしまい、成績が伸びなくなりましたが、この時期に試行錯誤した経験は、コーチになった時に必ず生きてくるでしょうo(^-^)o

こんばんは。 (wood)
2007-01-09 22:27:03
TB有難うございます。

桑田さんは、投手では一番好きな選手でしたので、
米国に行っても頑張って欲しいです。
3本柱と呼ばれていた頃の巨人は、とても好きでしたが、今は見る影もないですね…。
全く別のチームになったように思います。

巨人に対しては、かなり辛口コメントですが、またよければ、遊びに来て下さい。
mitamura (Re:こんばんは。)
2007-01-09 22:33:22
工藤投手の横浜移籍のニュースには目を疑いました。

いくら常勝を義務付けられたチームだからと言っても、ファンの気持ちを無視しすぎですよ。。

3本柱が活躍していた時は平和でよかったですよね。
今晩は♪ (シティ-ハンタ-)
2007-01-10 19:34:36
先日は訪問頂き、また、TB有難うございます。
早速遊びきました。

10・8の桑田リリ-フコ-ルには、驚きましたね。しかも、完璧に近いリリ-フで。

また、怪我より復活し、マウンドでのあのポ-ズは感動的でした

でも、今の巨人ってTVドラマでいう「踊る・大捜査線」みたいですよね。
現場が大事なのに会議室で話しあってる気がします。
現場とフロントが一体になって本当の野球の楽しさって伝わる気がしますが・・・。

桑田・仁志・工藤の頑張りに期待したいと思います
桑田復活の日... (sakurasaku)
2007-01-10 21:46:30
(涙)
怪我から復活した時の、グラウンドに手を着き涙した桑田の姿が思い出されます。ただ、ひたすらにトレーニングをし復活を信じ、出来た桑田ロード...。
桑田なら、きっとメジャーに這い上がってきてくれる、そう信じています。

GIANTS」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事