ヒロちゃんの自然写真

北海道の道東地域を主体とした、風景・動植物等自然の四季おりおりのネイチャーフォトを公開していきます。

野付半島のエゾシカ。

2017-01-30 16:52:22 | 日記
 エゾ鹿の撮影に野付半島まで遠出して来ました
 冬になると湿原は雪に埋まり花や草も雪の下になりエゾ鹿にとっては
難儀な越冬期間中です、更に増えすぎた為に人の手で捕獲作業で間引
きが行われていてその成果もあっての事でしょうか、雪原には数十頭が
所々に群れているだけでした。
 枯草を求めて前足で雪を蹴散らしている若いエゾシカ・・。


 こちらを見ては警戒・・警戒姿勢の雄のエゾシカ
冬毛で身体は黒く、角は立派です

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の・・伊藤タンチョー サ... | トップ | 早朝時氷点下23℃のタンチョウ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (saeko)
2017-01-30 21:59:00
そちらから野付半島までどれくらいかかるのでしょう?

根室に住んでいたときに、野付半島に何度か行ったことがありますが
残念ながらエゾシカを見たことがありません。
ほんとにまるまると太って、立派な角をしたシカですね。
増えすぎて捕獲されてると聞いてますが
それでも群れで姿を見せてくれるのですね。
見てみたいものです。
根室に住んでた時は、寂しくて陸続きの孤島だと思っていまいたが
今はもう一度訪れ、大自然に触れたいと思うようになりました。
おはようございます。 (ヒロちゃんの自然写真)
2017-01-31 08:23:46
 saekoおはようございます
根室にお住まいでしたか・・
 根室へは風衝林を撮りに行ってましたが枝が折
れて以前の様な面影がなくなっています
 野付のエゾシカは増えすぎで箱ワナが置かれて
いますが以前の様な群れの多さではありませんが
、半島の中程から見られますよ・・間引きは雄鹿の捕獲が主の様ですが夜中、強風の時などは林の中で
過していて、夏は行動範囲が広がり見かけることは少なくなりますよ。
半島のネイチャーセンターまでの距離につきましては
弟子屈から標津経由で82kmで85分要します。
ご苦労様でした (MOTOMMZ)
2017-01-31 08:48:22
ヒロちゃんの自然写真さんおはようございます
遠出をされて標津の先の野付半島迄行って来られエゾシカを撮ってきて来られて
拝見出来る私は幸せですね、本物は見たことが有りませんですし
半島の先は国後島ですものね、此方を向いてエゾシカが夫婦でしょうか?

このところ道東方面の有れたお天気をニュースで良く聴きますが大変ですね
十分お気を付けお出かけください、この先も色々と拝見させて頂きたいので
今日も素晴らしい青空の中の野付半島のエゾシカありがとうございました
こんにちは。 (ヒロちゃんの自然写真)
2017-01-31 11:58:39
 MOTOMMZさんこんにちは
エゾシカの生息域は北海道の道東が主ですが、摩周湖
、屈斜路湖でも見られます、いたる所の道路にも出て
来ますし、いきなりの飛び出しで交通事故も絶えません
が、被写体としては重宝です
 画像の鹿は夫婦でしょうね・・4~5頭で移動していま
すので、1頭が飛び出すと後続が居る事を念頭に運転しています
 画像の左後方には国後島が近くに見えます
 寒い日が続き流氷が接岸しますと更に寒くなります。
野付半島 (風太郎)
2017-01-31 13:57:18
ヒロちゃんの自然写真さん

こんにちは
野付半島の光景懐かしいですね
此処へ変形太陽撮影を狙って何年通ったことか
今では懐かしさだけが記憶に残っております
エゾシカも増えており大変なんでしょうね、撮影の被写体としては良いのですがね。
エゾシカ。 (ヒロちゃんの自然写真)
2017-01-31 15:52:09
 風太郎さんこんにちは

 変形太陽撮影で通っていたのですね
鹿の増加で半島の植物は食べられて以前の様な
花々が消えてしまいました・・
 自然を保つためには鹿の間引きは仕方のない
事ですね・・原生花園ばかりではなく畑作地帯も
同様で、畑の周りには鉄格子の網みで囲われて
いますよ。
 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。