ヒロちゃんの自然写真

北海道の道東地域を主体とした、風景・動植物等自然の四季おりおりのネイチャーフォトを公開していきます。

羽を傷めた白鳥頑張れ・・。

2016-10-31 08:18:21 | 日記
 今年も越冬で続々とシベリヤから飛来してくる白鳥で日毎とに数が増え
てきた屈斜路湖 その中に昨年末に飛来して来た1羽の白鳥・・羽を傷め
て(飛行中に電線等に衝突した?)帰れなかった1羽の白鳥がいます。
 右側の羽が伸びたままで動かすことができずにションボリとしています。
 夜は塒の河口まで岸辺を徒歩で・・朝には又、徒歩で・・この箇所の
ご近所さんのお計らいで食事を頂き死なずに越冬できましたが・・又、厳し
い冬が訪れます。


 羽が傷んでいると、湖に首を伸ばして水草も食べれない・・どうやら
両方の羽を動かせないと重い身体を自由にならないようですね・・。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終盤を迎えた紅葉。 | トップ | 三大夕日のまち釧路市。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (どんぐりうさぎ)
2016-10-31 09:40:36
もう、この先もずっと傷は癒えないままなのでしょうか。
もうすぐ、家族が渡ってくるのですよね。
家族は分かるものなのでしょうか?
厳しい冬を頑張って乗り越えてほしいです!
家族に会えるといいですね。 (ヒロちゃんの自然写真)
2016-10-31 10:10:57
 羽を伸ばしたままの状態は氷解け前の春と同じ
ですので癒える事が無いでしょうね・・可哀想です。
まだ1羽で過していますので・・家族が渡って来ると良いのですがね。
 でも他の鳥の生体からしますと、親離れ、子離れを新たな子孫の形成には親離れ、子離れが必須の様ですので
自立していかなけらばなりませんのでね・・
 この場に居る限りは、親切なご近所さんのご厚意と
冬場には観光目的で餌播きが行われますので 冬も頑張り越冬出来ることを期待しています。
 温泉が流れ込んでいる個所は結氷しませんので耐えしのんでくれると思います。
おはようございます (山親父)
2016-10-31 10:58:34
場所柄、餌等の心配は無いとは思いますが
先の事を考えると・・・・・・・
不住な体のままでは、いられないでしょうね
人間が、手を出す訳にはいかないのでしょうけど
何とかしてあげたいですね
こんばんは。 (ヒロちゃんの自然写真)
2016-10-31 17:23:45
 心配すると尽きないですが・・心配ですね・・
見守っていく事しか出来ません・・。
かわいそう ()
2016-10-31 22:42:44
こんばんは

傷ついた白鳥、かわいそうですね。
傷ついた動物や鳥は見ているのが辛いです。

どうにもならないのでしょうね。
自然は厳しいですね。
おはようございます (ryuke158)
2016-11-01 05:19:21
電線や風力発電の羽根など
原因はいろいろあるでしょうが
必死に生きているのを見ると
動物園とかで保護出来ないのでしょうかね
今晩は(^^)/ (hiroko)
2016-11-01 20:33:26
たった一羽で広い湖に、可愛そうですね、
どうにもならないんでしょうか、
胸が痛みます。
保護してもらえればいいですのにね。
おはようございます (おじしゃん)
2016-11-02 06:50:22
ヒロちゃん さん、おはようございます♪

しばしご無沙汰しており、申し訳ございませんでした。

白鳥が飛来してくる時期になったのですね。
月日の過ぎるのは早い (笑)
傷ついた白鳥、心痛みますねぇ~
何とか保護できないものなのでしょうか?  このままでは・・・
運命と言うには、あまりにも可哀そうでなりませんね。
咲さんおはようございます。 (ヒロちゃんの自然写真)
2016-11-02 08:10:00
 自然の野鳥等の保護・・
 どうやら、絶滅危惧種は手厚い保護・・
至る所で繁殖して数を現状維持か増加傾向にある
種・・との差・・

 現実は厳しいですね。
ryuke158さんおはようございます。 (ヒロちゃんの自然写真)
2016-11-02 08:20:39
 怪我をしている白鳥の姿を見受けますが、飛べない程
の怪我をしている白鳥は珍しいでしょうね。
 怪我の治療が出来ると良いのですがね・・。

 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。