日本語学校からこんにちは ~水野外語学院日本語科~

TOKYOベイエリア,市川市行徳にある日本語学校のブログです。日々の出来事、行事、感じたことなどを紹介しています。

昨日は「大掃除」でした。

2016-12-28 10:10:30 | 日本語学校
晴れ。

昨日、午前中に降り出した雨が、夜になっても止まず、予報と違う…。朝はスッキリと晴れましたが。

本来なら、それでいい…、お天気のことですから、のでしょうが、予報で夜は止むであろうと出ていますと、勝手なものでいい方に解釈してしまいます。で、えっ!まだ雨?という気分になってしまう。

さて、学校です。

大掃除も終わり、1年の締めくくりを皆(教員です)でして、晴れやかな気分で帰ったのが昨日。そして今日はまた学校としての準備が始まっています。

私の場合は、寮の様子を見た後、年が明けてからの授業の準備が主になります。

ネパールへ行き、彼の国の状況も私たちが思っていた以上であることがわかり、ベトナム、スリランカ、ネパールと、非漢字圏の学生達(他にフィリピンやタイ、ミャンマー、ペルー、モンゴル、バングラデシュなどの国から来ています)にどのように教えていったらいいか、どのようにクラスを考えていったらいいか、少しずつ見えてきたものがある…のは確かなのですが、それをいざ授業で活かすとなると、またこれは別問題。試行錯誤は続きます。錯誤であったと気づく方が多いのでしょうが、試みは決して無駄にはなりませんから、まずは「やる」。

スリランカの学生の場合は話せればいい(つまり、「聞く」、「話す」の二分野だけ)という考え方の者が少なからずいて、これが困る。皆がスリランカ人であればそれでもいいのでしょうが、残念なことに大學を目指している人、他国からの人もいるので、この学校ではそれでは通りません。

しかも、それで普通に皆と一緒に上のクラスに行けると思っているのですから、「漢字を覚えていませんから、もう1度やってください」というのが理解できないのです。彼らの国と日本とでは違うのです。

「中級」以降は、漢字交じり文を読まねばならないのに、漢字が読めなければそこで流れ(順に読み進めていく場合)がストップしてしまうと言うのに、このクラスにいられると思うなんて虫がよすぎる…とはいえ、例年何人か出てきますから、別に変でも何でもないのでしょう、彼の国の人たちにとっては。当然のことながら、勉強(漢字)が出来なければ下のクラスでもう一度やってもらいます。

今から思えば、中国人学生が多かったころは楽でした。特に、高校を出たばかりの学生達が多かった時は(何にでも驚いてくれましたから)、日本語だけでなく時事問題も入れやすかった(雑誌や新聞の記事、小説なども準備できたのです)。

ところが、今は非漢字圏の学生達が多いので、なかなかそこまでは行けません。今年やっとその入門編くらいのところができるかなと思いながらやっているのですが、来年卒業までの二ヶ月ほどに、何がどれほど出来ますやら。些か不安でもあります。

もちろん、これとて、ある程度の人数が揃わなければ、クラスとして成り立ちませんから、不可能ということになるのですが。

最終的に上のクラスに残れた者というのは、やはり漢字がかなり書けますし、読めます。「N2」の漢字を入れているときも、「パーツ」を言えば、その「パーツ」を使った漢字が出てきますし、それ故に、こちらが改めて板書しなくても済むということも少なくありませんでした。

ただ、単漢字だけを、まず書けるように、読めるようにするというのが第一義でしたから、その漢字を使った単語をかなりの量、入れるというところまでは至れませんでした。

まあ、あまり欲張りすぎても行けないのでしょう。大学に合格できても、学費が足らぬと言うことから、今度は勉強でなくアルバイトに精を出さざるを得なくなる場合もありましたから。

今、学校にいる学生達は、それほどお金が回る世界から来ているわけではないのです。広い家に住み、国では何不自由なく暮らしてきていても、10万、20万のお金をすぐに送ってもらえるわけではないのです。現金はそれほど持っているわけでないのです、国では豊かな部類に入っていても。

もっとも、以前の中国人のように、200万、300万の金を借りて日本に留学するという人は、ほとんどいなくなりました。つまり、彼らのようにものすごい馬力で働くという人もいなくなったわけで、別の見方をすれば、それくらいの馬力で勉強する人もいなくなったということなのです。

表面的にはあまり波風経たずに、学校での時間は流れています。けれども、「大學を目指せ」、あるいは「いい専門学校を目指せ」と、今よりもっと強く言い始めれば、多少波風が立つかもしれません。

ここにいて、適当に勉強し、適当に働き、外国人が多数を占める専門学校にでも入り、そしてどこでもいいから日本の会社に入れればいいと思っている人がまだまだ多いのです。

日々是好日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネパールへ面接に行ってきま... | トップ | 穏やかな朝です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。