日本語学校からこんにちは ~水野外語学院日本語科~

TOKYOベイエリア,市川市行徳にある日本語学校のブログです。日々の出来事、行事、感じたことなどを紹介しています。

今朝は、寒いです…。

2017-02-09 08:49:15 | 日本語学校
曇り。時折小雨。

明け方の雨が、霙であったのかどうかはわかりませんが、今現在は、ほんのちょい雨になっています。降っているのかいないのか、しかとはわからぬほどの雨なのですが、しかしながら、触れば冷たい…。

今週、多分日曜日にやられたのでしょうね。風邪がひどくて、どうも参っていました。やっと少しずつ眠れるようになってはきましたが、早朝、まだ咳き込んで目覚めるという感じ。明日、もう一度病院へ行き、薬が合っていなければやり直すとのこと。まあ、眠れるだけましになったかというところなのですけれども。

さて、大学入試や専門学校の入試を控えた人たちが、まだ頑張って勉強しています。『坊ちゃん』を今日と明日とで終わらせれば、「N1文法」はできるまででいいので(数人、「N2」の日本語能力試験に合格はしていないので)それほど頑張らねばなどとは思っていないのです。

それよりも、大学に入った後のことが気になります。それから大学に合格できても「(入学式までの)宿題」が与えられている場合、そちらの方も気にかかりますす。

で、それらに関係のある、先進技術のものや、日本文化に関するもの、つまりはDVDなのですが、それも見せておきたいのです。

ただ、他の教員も経済や経営のモノを見せたいと意気込んでいますので、二月中旬以降は、時間の取り合いになるかも…なんてことも考えています。もちろん、まだ試験を受けていない学生には、面接や試験準備もさせておかねばなりません。

けれども、なんですねえ、この時期になっても、毎日学校に来て勉強しているという学生は、やはり勉強が好きなのでしょうねえ。もうかなり「ニホンゴ」ができていますから、読んだものに対する意見も、彼ら自身の言葉で言えますし、疑問を呈することもできます。もっとも、それよりも、些細なことに驚いて、それから話が弾んで、別の発展を見せたりすることの方が多いのですが。

この別の発展が面白いのです。どんどん発展していき…というよりも、枝葉のほうに彼らの好奇心や関心はあるようで、その、彼らの好奇心や関心を、こちらが聞いていくと、初めて気づかされるようなことも多々あるのです。

「へえ、こういうことに興味があったんだ」とか、「へええ、こういうことが知りたかったんだ、見たかったんだ」ということがわかり、残された時間、少しでも彼らの気持ちに応えたいと思うのですが…。実際は、まだ読解力もついていなければ、語彙数も足らないので、なかなか彼らの期待に応えることはできないのです。

最近、合格したばかりの学生は、合格してリラックスできたからということもあるでしょう、これまではあまり自分を出さなかった(あるいは出せなかった)学生が口を開き始めたということは。

それに「文学」というのものは、「外国人相手の本」とは違って、深めていくことができますし、それぞれがそれなりの「感想」を持つことができるのでしょう。こちらが思いもしなかったような「案」も出てきたりするのですもの。まあ、今度の場合は『坊ちゃん』だったのですが。

けれども、こうやって、彼らも少しずつ、「ニホンゴ」というよりも、日本文化に触れていき、そして少しずつ日本を理解していくのでしょう。やはり、いくら「ニホンゴ」を勉強していっても、結局は文学作品を読まねばわかりませんもの、「日本語」は。

日々是好日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の追い込みです | トップ | 春一番が吹くかも…。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語学校」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。