日本語学校からこんにちは ~水野外語学院日本語科~

TOKYOベイエリア,市川市行徳にある日本語学校のブログです。日々の出来事、行事、感じたことなどを紹介しています。

漢字の練習でカルチャーショックを受け始めたネパール人。

2017-05-16 08:43:32 | 日本語学校
晴れ。

早朝、雲が垂れ込めていました。今日も昨日のような天気になるのかしらんと思っていたのですが、いつの間にか薄日が射し込み、あれよあれよという間に、雲がドンドン切れていき、今では青空だけが広がっています。

太鼓の音や子供たちの応援の声が似合いますね、この空に。今度の日曜日にでもあるのかしらん、運動会。時折聞こえる先生方の声も、心なしか、だんだんリキが入ってきているような気がします。

さて、学校です。

新入生たちは、この一ヶ月、かなりのカルチャーショックをうけていたようです。特にネパールからの学生たちですが。

ここ数日、漢字の基本功(跳ねや止めなど)を筆ペンを使ってやり始めてから、こちらの態度も少しずつきつくなっています。いすの座り方、だらっと座っては書けません。紙の置き方、斜めに置いていたのではまっすぐな線が引けません。

デンマークからの学生は、「どうしてこんなことを練習するのだ。コンピューターに打ち込めば、字が下手であろうと上手であろうと関係ないであろう」と来ました。まあ、「聞けて、話せるようになれればいいという彼からすれば、無駄なことなのでしょうが。

ただ、留学生たちは、日本語学校で2年近く学んだ後、専門学校や大学、大学院に進み、それから、日本の会社に入りたいという希望を持っています。日本語学校が終わってからすぐ帰るという人は稀なのです。

両親や一族の金をかき集めて来ていたり、それでも足らなかった人は、来日後返すというような形で借りて来日しています。それが私たち、日本人などが、普通「思うところの留学」とは違うところなのです。

日本人が他国へ留学する場合、異文化を感じるとか、言語の勉強をするとか、目的ははっきりしているようでいて、どこかしら漠然としています。これはあまり経済的な苦労がないというところから来ているのかもしれません。このデンマークからの学生も同じようなもので、彼女と日本語で話せればいいくらいのもの。目的が日本語学校にいるような留学生たちとは違うのです。

とはいえ、彼のように三ヶ月の旅行ビザで来て、日本語学校に在籍し、その間勉強したり、旅行したりするという人も時々見受けられます。今迄にも、台湾からの大学生がそうでしたし、中国本土からも、日本の大学院に入りたいという大学生が、夏休み中に来日し、日本語を学びながら、大学院をいくつか回っていたこともありました。

ですから、こういう人たちには、あらかじめわかっておいて欲しいのです。ここでは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの領域を、出来ればバランスよく身につけられるように学ばせるのが目的であるし、日本文化等の知識めいたものは、少なくとも「N3」レベルに達していなければ、導入していけないのだと。

ここは、大学の講座めいたものでもありませんし、文化紹介といったクラブでもないのです。単に簡単な会話が出来ればいいといったものでもありません。漢字だけ勉強したいとか、話せるようになれればいいといった人は、マンツーマンで教えてくれる人を探した方がいい。

この学校では、非漢字圏の学生達でも、できれば、2年近くで、「N2」レベルを超えて、「N1」レベルまで持って行きたいし、そのためには、つまみ食い的な勉強はさせられないのです。実際、そういう時間はないのです。

これまでにも、日本の大学を卒業したけれども(多分、現地から直接日本の大学に入ったのでしょう)、漢字がわからなくて日本の企業に就職できない、だから日本語学校で漢字だけ勉強したいと言ってきた人が幾人もいました。みんな断りました。無理なのです。一斉授業ですから。

大学四年間、大学での講義は英語であったとしても、大学で日本語の授業もあったでしょう。それに、日本に4年も住んでいるのですから、日本語で話したりすることもあったでしょう(留学生はほとんどが日本人と話したこともない人たちです)。卒業後も、帰国するでなし、英語圏の国に行くでもなし、日本にいることを考えていながら、そういう機会をきちんとものにせず、英語で何でもできると考えていた…。これが本当なら、これはこれで大変なことです。

近くにいた人が、だれも注意をしてやらなかったのかしら。


大学でも、日本で働きたいのなら、日本語は必要であということをきちんと教えていなかったのかしらん。就職活動をして、漢字の必要性に気づき、慌てた。また大学生のころは、テキトーな日本語であっても、誰も何とも言わなかったでしょうから、高を括っていたのかもしれません。それにしても、仕事をすると言うことは、仕事を与える側が金を払うと言うことです。書かれた書類の字が読めなければ、第一、必要とされないでしょう。

留学生たちの最終目的は,「日本で働く」ということです。そのために必要な日本語をまずはきちんと習得し、それが出来てから、日本の習慣ないし、文化を読み物やDVDを通して身につける…。日本語がそれほどできていない人に日本の習慣や文化を話しても、上っ面を走っていくだけで、身にはつきません。知識にもなりません。

ここは日本語学校ですから、まずは「日本語」なのです。

日々是好日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草木の花の名前。 | トップ | もう新入生のクラスは4月か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。