MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

講師研修会を担当させて頂きました。

2011-08-10 01:29:09 | 英語教室

 8月7日(日)に東京の(株)旺文社でLLセンター主催の講師研修会が実施されました。今回は、GCコース(中学生クラス)についての研修です。そこで、発表者(つまり先生の先生)を務めさせて頂きました。英語の達人であり、GCテキストやワークの作成にも携わっていらっしゃる秋田県能代教室の佐藤直人先生と2人での担当でした。

 研修では、まず佐藤先生と私のそれぞれの教室で撮影した授業ビデオを参加の先生方に見て頂き、それについての指導技術的な解説をしました。それと共に、さらに大きな意味での指導観についてのお話しにも大きく時間を割きました。

 詳細は企業秘密ですが、参加の先生方からは、「とても刺激を受けて参考になった!早速自分の教室でも実践したい!」とのお言葉を頂きました

 今回参加して頂いた皆様の大半が、各教室で重い役割を担っている先生方だった上、研修の様子はビデオ撮影をされていますので、全国の先生方にも見て頂く事になります。そのため、私もより一層の責任を感じ、出来る限りのことはさせて頂いたつもりです。但し、たとえ講師研修会とはいえ、教室の授業と同様に「テンポ良く、楽しく」進めるように心掛けました。

 正直なところ、準備段階から日頃の授業&夏期講習やスピコンの個人練習などで、私のスケジュールはかなり過密でした。その中で講師研修会を担当させて頂いた事で、さらに過密になりました

 それにも関わらず、なぜ担当させて頂いたのかというと、自分の役割は自分の利益のためだけではない、と思うからです。つまり、全国の先生方や生徒さん達の少しでもお役に立つことが出来れば、と考えています。あともう1つ大きな理由があります。研修会で授業についてお話しをさせて頂くためには、私自身もさらに指導技術と理論の向上に努めなければなりません。そして、その根底になる指導観についても見つめ直す機会にもなります。つまり、それが結果的に日進駅前教室の皆さんのプラスになるためです。そして、それらの努力が日本さらには世界の未来を担う子ども達の成長の助けになることを願っています。

  ・・・とカッコ良い事を書きましたが、実は単に話をするのが好きということも大きいです。好きなことだからこそ、集中して取り組むことが出来るのですよね

 そんな訳で、これからもより良い授業を行うことが出来るように、私も努力を続けます 

 そして最後に御礼を申し上げたいと思います。暑い8月の日曜日にも関わらず、お集まりになった先生方、熱心にお話しを聞いて頂き、心より感謝します。また、LLセンターの皆様には、良い機会を与えて頂き、誠にありがとうございました。

 そして、ビデオを撮影した中1(M1H)と中2(M2M)の皆さん、Thank you

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回英検1次試験の結果発表 | トップ | スピーチコンテスト教室大会... »