goo

ネコの多頭飼育崩壊について(その1)

2017年04月21日 | O60(オーバー60歳)
*「多頭飼育崩壊」について、7回にわたり投稿します。

▼先日のテレビで知りましたが、1匹のメスネコは1年に3度の出産(一度に多くて6匹)が可能だと知りました。私の感覚では年に1~2度だったと記憶していますが、生物学手的に子猫は半年過ぎると出産可能になるそうです。どんどん増えていくことを「ネズミ算式」と呼びますが、「ネコ算式」の状態もあるとは驚きでした。そして、昨今、飼いネコを可愛いがり「避妊・去勢手術は痛ましい」と思い、飼い主がこれを放置すると「多頭飼育崩壊」になるという報道が相次ぎました。
▼増え過ぎてしまってから、避妊・去勢手術をしようとしても、メスの避妊手術が1匹2~3万円、オスの去勢手術でも1匹1万5千円程度必要になり、平均2万円として25匹いれば50万円もかかります。20匹、30匹、30匹、50匹と増えていけば、エサ代が家計を崩壊させるほどの負担になりますね。年金生活者でなくても、完全にお手上げ(家計の崩壊)です。(つづく)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。