水間条項―国益最前線 (旧)

ジャーナリスト・水間政憲のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

拡散《断固阻止;菅首相「日韓併合謝罪談話」阻止》《アマゾン検閲続行中》

2010-08-05 21:10:44 | 【国益最前線】資料本
◆ENGLISH TRANSLATION◆

↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ

水間条項本館は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続していましたが、gooブログの字数制限がありますので、8月6日より、seesaaブログ:http://mizumajyoukou.seesaa.net/
へ移転しました。引き続き宜しくお願いいたします。


拡散《断固阻止;菅首相「日韓併合謝罪談話」阻止》《アマゾン検閲続行中》



いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」(12.1発売開始)



菅首相が8月15日に予定している問題で、民主党内が揉めているようです。

これは、覚醒されているインターネットユーザーの皆様方の抗議活動が効をそうしているようです。


自民党政権下の謝罪談話も、決して許されるものではありませんでしたが、何故、日本だけが繰り返し「謝罪」をする必要があるのか、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』に多数掲載した戦前の『朝日新聞・朝鮮版』を読むと明らかなように、虚偽に基づく「教科書検定」などへの公式抗議を繰り返していた韓国政府に日本政府が「謝罪」を求めるべきではないのか。


韓国が謝罪を要求する「歴史認識」が、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本のそこで、「七恩」だった』で、悉く嘘が明らかになったのであり、攻撃することが最大の防御なのです。

そこで、同書を利用した抗議文を出すことは、いままでにない新鮮な形にうつると思っております。

★松原仁民主党衆議院予算委員会筆頭理事に、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を、寄贈して国家意識を共有する民主党議員に読むようにお願いして来ました。松原議員には、遺棄化学兵器の質問を衆議院外務委員会で二度して戴き、信頼関係がありますので、きっちりやってくれると思っておりますが、皆様からも応援メールを出して頂ければ幸いです。

そして、皆様から各地元選出の民主党議員に
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を、民主党議員の地元事務所に持ち込んで頂ければ、プレッシャーはより強力になります。


そして、時間に余裕のある方は、民主党の各大臣・副大臣・政務官へメールで
菅首相の日韓併合謝罪談話阻止メール」の送信をして戴ければと思っております。その中で絶対外せない方は、
玄葉光一郎内閣府特命大臣です。
彼は、民主党内で意見が集約されていないものは、閣議で署名しないことを、今予算委員会で答弁しています。

上記閣僚たちに一通り送信しても時間に余裕のある方は、全民主党国会議員にも送信をお願いいたします。

★「ひな型」と「メールアドレス」は
【日本を】『日本解体法案』反対請願,com【守ろう】》さんのサイトに準備万端整っております。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/


●アマゾンは、昨日、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が、取次店から500冊納品されたにもかかわらず、5日午前8時45分現在、いまだに『在庫切れ」と表示しています。

7月29日の発売日から今日まで「在庫切れ」。これは確信犯です。

ランキングも未だに操作しています。(携帯アマゾン)

『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』

総合71位

日本史3位

歴史・地理5位


『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

総合363位

日本史2位

歴史・地理4位


『国民の遺書』

総合95位

日本史1位

歴史・地理1位


以上、だいたい3日間同じです。


中国が本年7月1日、「中国国防動員法」を施行しました。それによって、日中間で軍事衝突が勃発したとき、日本国内にいる中国人は、中国人民解放軍に直接管理コントロールされる法律です。

中国のインターネットに、前2回尖閣諸島に上陸したときの船で、8月末までにまた上陸を試みる声明が配信されております。この情報は、今春
中国人民解放軍の正体』を上梓された、中国人民解放軍ウォッチャー第1任者の鳴霞氏からのものです。

仮に尖閣諸島で小競り合いになり、武力衝突になれば
中国国防動員法」が発動されることになり、当然、IT企業を経営している中国人も、解放軍の配下に組み込まれ、日本に対して敵対行動を強要されることになるのです。


これは恐ろしいことです。現実化したときのことを想定すると、インターネット空間は一瞬で麻痺状態になってしまう可能性があるのです。

高校生や大学生の一部の学生に、選挙権は与えられておりませんが、いま奈落の底に堕とされようとしている日本を救える強力な力をもっているのは、学生諸賢のインターネットを動かす力なのです。

老若男女の総力で、日本人を舐め切っている
アマゾンの総合ランキング第1位を勝ち取って、日本人の意思を見せつけるときなのです。それは、そのままアマゾンへの批判になります


同書以外は、アマゾンを使用しないことも意思表示になります。

日本全国の学生諸賢が参戦して戴ければ、歴史に刻まれる分岐点になることでしょう。

その錦の御旗に
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』を2年間かけて準備し、使えるようにインターネット上に羽ばたかさせています。


口コミ(メール)から口コミが一番強力ですので、一丸となって日本人の意思を見せつけることができる千載一遇のチャンスですので、宜しくお願いいたします。

★尚、「入荷数が少ないので、お客様からの注文はキャンセルさせていただきます」などと、アマゾンからメールを受け取った方は、「丸坊主日記」のコメント欄にご報告ください。アマゾンには「通常二週間から四週間で発送」との表記もあり、同書がその枠から外れることはあり得ませんので、どのような言い訳も通用しないのです。

このまま書籍を検閲するアマゾンが、日本国内の出版流通のシェアをのばし、独占的地位を持ったときは、言論出版界を無言でコントロールする「暗黒社会」が到来します。

「南京大虐殺」も日本人が、声高に反論しないから世界中に中国のデマがまかり通っています。

今回は、アマゾンの検閲の証拠を保存してありますので、一種の情報戦を利用して
検閲するアマゾンの危険性」を、日本国民に周知徹底することが大事です。

今回の不祥事で、アマゾンを利用したくなくなるのが自然ですが、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』だけは、アマゾンを監視するためにもアマゾンを利用して、
総合ランキング第1位を勝ち取りたいと思っております。

これは将来的に勃発するであろう、「サイバー戦争」の前哨戦との認識で、日本人が一丸となったときの「日本人の底力」の実現を、切に望むものであります

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



■いま緊急にすることは、国会の審議を必要としない、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/




※添付した写真は、久しぶりに顔上げていた井の頭公園口の猫君です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加

緊急拡散《「日韓併合;菅首相謝罪阻止祭り!」準備完了》

2010-08-04 09:01:04 | 【国益最前線】資料本
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。


緊急拡散《「日韓併合;菅首相謝罪阻止祭り!」準備完了》



●『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』は、8月3日午後8時20分現在、アマゾンの総合ランキングは71位。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)は
320位ですが、
携帯サイトは「歴史・地理」部門4位で「日本史」部門2位になっています。

ところが、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』は、
「歴史・地理」部門5位で「日本史」部門3位です。

この状態は数日前から同じです。

朝日出版社の自虐本を、何が何でも若者に読ませたいアマゾンの意思が現れています。これは、世間一般では
検閲」になるでしょう。


パソコンサイトは、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が、ともに2位になっています。

インターネットユーザーの皆様、アマゾンに今日500冊納品されると徳間書店から連絡がありました。それでも、今日の午後に「在庫切れ」の表示が解除されなければ、アマゾンは「在庫切れ」を継続するための「恣意的な在庫管理→発注」を、繰り返していることになります。

紀伊國屋書店新宿本店に追加注文分が納品され、一階にふた山平積みされています。また、紀伊國屋書店梅田本店も同様の扱いになっているとのことです。

昨日、松原仁民主党衆議院予算委員会筆頭理事に、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を、寄贈して国家意識を共有する民主党議員に読むようにお願いして来ました。松原議員には、遺棄化学兵器の質問を衆議院外務委員会で二度して戴き、信頼関係がありますので、きっちりやってくれると思っておりますが、皆様からも応援メールを出して頂ければ幸いです。

そして、皆様から各地元選出の民主党議員に
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を、民主党議員の地元事務所に持ち込んで頂ければ、プレッシャーはより強力になります。


そして、時間に余裕のある方は、民主党の各大臣・副大臣・政務官へメールで
菅首相の日韓併合謝罪談話阻止メール」の送信をして戴ければと思っております。その中で絶対外せない方は、
玄葉光一郎内閣府特命大臣です。
彼は、民主党内で意見が集約されていないものは、閣議で署名しないことを、今予算委員会で答弁しています。

上記閣僚たちに一通り送信しても時間に余裕のある方は、全民主党国会議員にも送信をお願いいたします。

「ひな型」と「メールアドレス」は
【日本を】『日本解体法案』反対請願,com【守ろう】》さんのサイトに準備万端整っております。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/

日本が過去に遡って、国家間の条約を間違っていたなどの首相談話を出したら、国際的信用は地に堕ち国として相手にされなくなります。


《インターネットの力が「神風」になりました!》

昨年の『パール判事祭り』と『南京祭り』のインターネットのランキング動向から導き出せた傾向があります。

それは、午後4〜7時の間の時間帯にインターネット書籍販売のランキングが低下することです。

書籍の種類にもよりますが、オピニオン系の書籍類に現れる顕著な傾向でした。

ところが、昨日、同書のアマゾン総合ランキングが午後5時代に今回の最高の69位になり、現在、同4日午前6時まで70位代を維持していることです。

それは、夕方の家事や仕事で忙しい時間帯でも、夏休みで時間的に余裕のある学生の方々が、ランキングを維持してくださったお蔭と解釈しております。

いよいよ、我が国の学生諸賢も日本が危機的状況になっていることを把握してくださったと思っております。

中国が本年7月1日、「中国国防動員法」を施行しました。それによって、日中間で軍事衝突が勃発したとき、日本国内にいる中国人は、中国人民解放軍に直接管理コントロールされる法律です。

中国のインターネットに、前2回尖閣諸島に上陸したときの船で、8月末までにまた上陸を試みる声明が配信されております。この情報は、今春
中国人民解放軍の正体』を上梓された、中国人民解放軍ウォッチャー第1任者の鳴霞氏からのものです。

仮に尖閣諸島で小競り合いになり、武力衝突になれば国防動員法が発動されることになり、当然、IT企業を経営している中国人も、解放軍の配下に組み込まれ、日本に対して敵対行動を強要されることになるのです。


これは恐ろしいことです。現実化したときのことを想定すると、インターネット空間は一瞬で麻痺状態になってしまう可能性があるのです。

高校生や大学生の一部の学生に、選挙権は与えられておりませんが、いま奈落の底に堕とされようとしている日本を救える強力な力をもっているのは、学生諸賢のインターネットを動かす力なのです。

老若男女の総力で、日本人を舐め切っているアマゾンの総合ランキング第1位を勝ち取って、日本人の意思を見せつけるときなのです。それは、そのままアマゾンへの批判になります

同書以外は、アマゾンを使用しないことも意思表示になります。

日本全国の学生諸賢が参戦して戴ければ、歴史に刻まれる分岐点になることでしょう。

その錦の御旗に
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』を2年間かけて準備し、使えるようにインターネット上に羽ばたかさせています。


口コミ(メール)から口コミが一番強力ですので、一丸となって日本人の意思を見せつけることができる千載一遇のチャンスですので、宜しくお願いいたします。

★尚、「入荷数が少ないので、お客様からの注文はキャンセルさせていただきます」などと、アマゾンからメールを受け取った方は、「丸坊主日記」のコメント欄にご報告ください。アマゾンには「通常二週間から四週間で発送」との表記もあり、同書がその枠から外れることはあり得ませんので、どのような言い訳も通用しないのです。

このまま書籍を検閲するアマゾンが、日本国内の出版流通のシェアをのばし、独占的地位を持ったときは、言論出版界を無言でコントロールする「暗黒社会」が到来します。

「南京大虐殺」も日本人が、声高に反論しないから世界中に中国のデマがまかり通っています。

今回は、アマゾンの検閲の証拠を保存してありますので、一種の情報戦を利用して
検閲するアマゾンの危険性」を、日本国民に周知徹底することが大事です。

今回の不祥事で、アマゾンを利用したくなくなるのが自然ですが、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』だけは、アマゾンを監視するためにもアマゾンを利用して、
総合ランキング第1位を勝ち取りたいと思っております。

これは将来的に勃発するであろう、「サイバー戦争」の前哨戦との認識で、日本人が一丸となったときの「日本人の底力」の実現を、切に望むものであります


朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



■いま緊急にすることは、国会の審議を必要としない、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。


これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




※添付した写真は、新築になった衆議院会館一階ロビーです。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

拡散《アマゾンを甘やかしてはいけません!》

2010-08-02 23:41:00 | 【国益最前線】資料本
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。


拡散《アマゾンを甘やかしてはいけません!》




●「丸坊主日記さんのコメント欄へアマゾンに関しての「反日不快情報」の提供をお願いしたところ、浅田真央さんも被害に遭っていたとか、鳴霞さんの『中国人民解放軍の正体』も、サボタージュされたり、酷い実態が次々に明らかになりました。


アマゾンには、苦情を受け付ける窓口が一切ないことで、インターネットに個々に不満を載せる程度だったようです。


アマゾンは、日本人の優しさにつけ込んで、検閲や「注文品の発送コントロール」など、やり放題の不誠実な行為が野放し状態だったようです。

それらに嫌気した善良な日本人は、アマゾンから離れて済ましていたようです。

アマゾンを儲けさすことは必要ないですが、アマゾンが嫌がることは監視されることです。

発売から5日目になっても何故「在庫切れ」なのか。


何故、8月2日午後9時30分現在、同書(94位)より2倍以上総合ランキングが下位の朝日出版社『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(528位)が、アマゾン携帯サイト・日本史ランキング2位で同書が3位なのか。

ゲーム感覚で突っ込みどころ満載のアマゾンを、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』の総合ランキングを基礎にして、個別ランキングを比較することで検閲の闇が見えてきます。

それにしても、いつまで「在庫切れ」の表示を継続するのであろうか。

このまま書籍を検閲するアマゾンが、日本国内の出版流通のシェアをのばし、独占的地位を持ったときは、言論出版界を無言でコントロールする「暗黒社会」が到来します。

「南京大虐殺」も日本人が、声高に反論しないから世界中に中国のデマがまかり通っています。

今回は、アマゾンの検閲の証拠を保存してありますので、一種の情報戦を利用して「検閲するアマゾンの危険性」を、日本国民に周知徹底することが大事です。

今回の不祥事で、アマゾンを利用したくなくなるのが自然ですが、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』だけは、アマゾンを監視するためにもアマゾンを利用して、
総合ランキング第1位を勝ち取りたいと思っております。

これは将来的に勃発するであろう、「サイバー戦争」の前哨戦との認識で、日本人が一丸となったときの「日本人の底力」の実現を、切に望むものであります

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



■いま緊急にすることは、国会の審議を必要としない、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

それには、同書を民主党国会議員に読ませることをお願いしましたが、それと並行して菅首相、仙谷官房長官や各大臣並びに枝野幹事長に直接抗議することも必要です

尚、抗議に必要な要請書「文例ひな型」は、
【日本を】「日本解体法案」反対請願.com【守ろう】》に掲載されております。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/

宜しくお願いいたします。


ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

国民の過半数の支持を失った菅首相が、「日韓併合100周年」に謝罪談話を準備していることが報道されました。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧【バナー転載フリー】

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■ 中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』に同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』に同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/

■USA北東部在住、邦人の方のサポートブログ
◆WE LOVE JAPAN!◆です。偶にアメリカの風景も綴られています。
http://applecosmos.blog123.fc2.com/





※添付した写真は、いつもの「井の頭公園」入り口喫茶店の飼い猫ですが、今日は少し涼しいので、なんとなく元気でした。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/,
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou
「過去のブログも閲覧される方はgooへ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

緊急拡散《アマゾンの検閲の一部始終!》

2010-08-01 18:26:31 | 【国益最前線】資料本
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



緊急拡散《アマゾンの検閲の一部始終!》




この度、アマゾンの不可解な動きにたいしてインターネット上で苦言を呈するのは、アマゾンが日本国内で商売活動をしているにも拘わらず、日本人には相容れない商いを実施していることが明らかになったからです。

苦情を入れようにも、「104」などに代表電話の登録がなく、また、注文サイトで「意見の募集」をしても、回答を拒絶していることが、結果的にこのようにインターネットで苦言を述べることになりました。


●『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』が、いざ発売(7月29日)されてからの異常現象は、「サイバー戦争」の様相を呈しています。


それは、『SAPIO』誌に発表した時点で話題になっていた発掘スクープのレポートを一挙に13本まとめて一冊になっていることと、『SAPIO』に掲載できなかった根本資料を載せたことで、「ガンダム合体」のように強力になっているので想定内のことでした。


反日日本人や在日韓国・朝鮮人が、戦後、よりどころにしていた「歴史認識」の根本を瓦解させることへの抵抗は、相当あると思っておりました。


発売一週間前より、「新刊予約ランキング第1位」を維持していたにも拘わらず、発売日の早朝に「予約受付中」の表示が、「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」に変更になった時点から、「サイバー戦争」の火蓋がきられたようです。

アマゾンが利潤を追求するシビアな会社であれば、予約受付一週間以上第1位の商品の「発注マニュアル」は徹底されているはずであり、発売日に「在庫切れ」にした担当者は、普通の会社であれば左遷か降格でしょう。

小生が、携帯サイトで発売日早朝6時頃に「在庫切れ」と「ランキングからの削除」に気付いたのであり、実際の表示変更は、丑三つ時だったと思われます。

同書のランキングは、同30日深夜の総合ランキングは第130位まで上昇していました。


同31日早朝、アマゾンの携帯サイトを確認して驚いたことは、個別ランキングの「歴史・地理(第5位)」「日本史(第3位)」「徳間書店(第8位)」の各個別ランキングから、同書がすべて消えたことです。(PCはそのまま)

因みに、アマゾンが携帯サイトの検閲を諦め、同書を個別ランキングに復活させたのは同31日早朝でした。

それは、インターネット上に30日からアマゾンの検閲の実態が配信され、大騒ぎになった30日深夜から31日早朝にかけて、こそこそ元に戻したのです。


7月29日午前6時の時点では、これは何か事故が発生したと判断していました。


その後、出版社に電話する時間を待ち、午前10時に担当者に「何か事故が発生したのか」を問い合わせ、「在庫切れ」や「ランキングからの削除」などの状況を報告しました。


その日(29日)の午後に担当者から連絡があり、「在庫切れ」は取次店から直ぐに納品できるように対処したとの連絡がありました。

出版不況のこの時代、予約商品に速攻で対応しない会社などあり得ません。


ところが、7月31日になってもアマゾンの「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」の表示はそのままでした。

そこで、日本を代表する大手出版社の複数の社員に、アマゾンとの取引について聞くと
ウチも読者から、在庫切れどうなっているとの問い合わせに、直ぐ対処したくても、アマゾンの場合、アマゾンから注文か来なけば、ウチから勝手に納品できないようになっている」とのことでした。

これは、アマゾンが意図的に発注しないと、そのまま「在庫切れー」の表示が継続することになるとのことでした。

ふざけた話です。「在庫切れと表示されると、ランキングはみるみる下がるからね」と言っていました。

それは、アマゾン側のさじ加減で「ランキング操作」ができることです。


同書の出版社は、アマゾンで取り扱っている書籍が約20000冊の大手出版社で、発売日に在庫切れになって速攻で対応しない訳がないのです。

今回、アマゾンの検閲が明らかになったのは、7月29〜30日にアマゾンの携帯サイトの個別ランキングから削除された同書が、同PCサイトには継続して掲載されていたからです。


今回のような「歴史認識」を見直す書籍のインターネット情報は、圧倒的に情報強者である10〜30歳代の方々が注目しているのであり、その方々が利用しているITツールは、携帯がパソコンを凌駕するまでになっています。

今回、アマゾンが携帯情報だけを削除したことは、当然、それらの事情を知っていた上での「一種の言論弾圧」です。この行為は「憲法21条」に抵触しています。


普通、出版業界は机上に各人パソコンを置いて仕事をしていて、携帯でアマゾンの個別ランキングをチェックする者がいませんので、アマゾン側はバレないと思って操作したのであろうが、何故か小生は、携帯を駆使して各種情報を取得していたのです。


昨日、ある機関からの情報によると、アマゾンからの同書注文に関しての返信メールによると、検閲行為を正当化した文言が含まれていた。一部を抜粋した重要部分は以下の通りです。


★[誠に申し訳ありませんが、調整のうえ、仕入先から入荷の見込みがないことが判明した場合、または、ご注文数が入荷数を上回った場合、やむを得ずご注文をキャンセルさせていただくこともありますので、ご了承ください。]と、
大手出版社の書籍を、発売したその日に「在庫切れ」にして、また同書の入荷数が少なかったら「キャンセルさせていただく」など、ふざけたことを回答しています。


この日本人を舐めた回答の意味することは、発売前新刊予約ランキング第1位を一週間以上維持していた商品を、発売日早朝に「在庫切れ」にするアマゾンであれば、キッチリ注文を管理して常に少な目に出版社へ発注すれば、「在庫切れ」を継続できることになる。


今回の「在庫切れ」と「ランキングからの削除」は、アマゾンの
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』にたいする意思表示と受け止めることが出来ます。

このまま書籍を検閲するアマゾンが、日本国内の出版流通のシェアをのばし、独占的地位を持ったときは、言論出版界を無言でコントロールする「暗黒社会」が到来します。

「南京大虐殺」も日本人が、声高に反論しないから世界中に中国のデマがまかり通っています。


今回は、アマゾンの検閲の証拠を保存してありますので、一種の情報戦を利用して「検閲するアマゾンの危険性」を、日本国民に周知徹底することが大事です。

今回の不祥事で、アマゾンを利用したくなくなるのが自然ですが、
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』だけは、アマゾンを監視するためにもアマゾンを利用して、
総合ランキング第1位を勝ち取りたいと思っております。

これは将来的に勃発するであろう、「サイバー戦争」の前哨戦との認識で、日本人が一丸となったときの「日本人の底力」の実現を、切に望むものであります

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



■いま緊急にすることは、国会の審議を必要としない、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

それには、同書を民主党国会議員に読ませることをお願いしましたが、それと並行して菅首相、仙谷官房長官や各大臣並びに枝野幹事長に直接抗議することも必要です

尚、抗議に必要な要請書「文例ひな型」は、
【日本を】「日本解体法案」反対請願.com【守ろう】》に掲載されております。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/

宜しくお願いいたします。


ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

国民の過半数の支持を失った菅首相が、「日韓併合100周年」に謝罪談話を準備していることが報道されました。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■ 中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』に同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』に同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

拡散《アマゾンの検閲と「日韓併合100周年謝罪談話」の阻止!》

2010-07-31 18:45:30 | 【国益最前線】資料本
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



拡散《アマゾンの検閲と「日韓併合100周年謝罪談話」の阻止!》





現代の日本で、「GHQ占領下」と同じような検閲を実施していたことが明らかになりました。

アマゾンの携帯サイトは、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』が、発売前日(7月28日)に「歴史・地理」や「日本史」「徳間書店」「単行本」「1500〜3000円」などの各ランキングベスト10位内(売れている順番)に入っていました。

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




ところが、発売日の7月29日早朝、すべてのランキングから一斉に同書が削除されました。


また、その時、同書籍が発売前の一週間以上、新刊書籍ニューリリース部門第1位だったにも拘わらず、発売と同時に「予約受付中」から「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」と表示が変更になり現在に至っております。

それが、インターネットのツイッターなどで指摘され、問題が大きくなった7月31日の真夜中に、唐突にも同書の携帯サイト各ランキングを元に戻して表示するようになりました。

その間、約48時間検閲が実施されておりました。

その記録は、「画面メモ」としてすべて証拠として残してあります。現在(7月31日午後6時)も「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」との表示はそのままです。


同書は、「日韓併合100周年」に朝日新聞を中心に「自虐報道」をすることを見越して、2年前から準備してきた書籍です。

それ故、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止できる内容になっております。

今回のアマゾンの行動は、外国資本が日本人の思考回路をコントロールする実態をさらけ出したのであり、決して看過できることではありません。

今後、「カスタマーレビュー」の「★」と「☆」の数を、簡単に操作することもあるのではないか。

インターネットの検索サイトは、GoogleとYahoo!が合体して、ほぼ外国資本の「色付き眼鏡」 を通してしか情報を把握できない時代に突入しました。

いま緊急にすることは、国会の審議を必要としない、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

それには、同書を民主党国会議員に読ませることをお願いしましたが、それと並行して菅首相、仙谷官房長官や各大臣並びに枝野幹事長に直接抗議することも必要です

尚、抗議に必要な要請書「文例ひな型」は、
【日本を】「日本解体法案」反対請願.com【守ろう】》に掲載されております。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/

宜しくお願いいたします。


ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。


戦後、朝鮮半島出身者による傍若無人な振る舞いに、忸怩たる思いを噛み締め、我慢を余儀なくされてきた多くの日本人にとって待望の「書」になることと存じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


いま、アマゾンで予約受付中の
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』で、明らかにしてありますが、謝罪など一切する必要はありません。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。

戦後、在日朝鮮人は差別されたとの前提に、日本国民に無理難題を押し付けてきていましたが、不法入国者は犯罪者です。約二人に一人が、犯罪者であれば日本人から白い目で見られたことは当たり前です。

目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■ 中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

《海老蔵氏と麻央さんの結婚式を観て!》《政局とアマゾンの不可解な動き!》

2010-07-30 22:42:50 | 【国益最前線】資料本
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。


《海老蔵氏と麻央さんの結婚式を観て!》《政局とアマゾンの不可解な動き!》




●市川海老蔵氏と小林麻央さんの結婚式特別番組を観て、久しぶりに韓流芸人から解放され、普通の日本人の清々しさを満喫できました。この数年来くだらない番組を見せ付けられ、政局と相まって諦めに近い状況の中での清涼剤になる映像でした。

日本人で良かったと思わせていただける結婚式でした。

●捻れ国会によって「日本解体法案」が、強行採決される可能性は遠ざかりました。参議院の審議を実質上コントロールできる参議院議院運営委員長を、自民党が握ったことでそれが可能になったのです。

現在、監視しなくてはならないことは、千葉景子法務大臣が死刑執行をしたことで、野党からの法務大臣の適性批判をそらし、長期的に居座る可能が出てきたことです。

また、「反日法案」の成立が難しくても、国会審議が必要ない「日韓併合100周年謝罪談話」を菅首相が、強行する可能性が残されていることです。

早ければ8月15日にも同「謝罪談話」が強行されようとしている状況で、その根本的問題を粉砕する目的で出版に漕ぎ着けた『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』が、発売前日(7月28日)に
アマゾン総合ランキング130位で、
「歴史・地理」や「日本史」「単行本」「1500〜3000」「徳間書店」各部門ランキングベスト10位内に入っていましたが、発売初日(29日)に、アマゾンの同各部門ランキングからすべて削除されました。(携帯からのアクセス)

普通、継続的に注文が入っていて書店が在庫切れになれば、取次店が持ち込めば一日で解決します。

しかし、ネット販売のアマゾンの場合、「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」となっていても、取次店が気を利かして持ち込むことは出来ないシステムになっているようです。

あくまでも、アマゾンから取次店に発注されなければ、「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」の表記はそのままです。

ここは、在庫切れと表記されていることを逆手に取って、嫌がらせであろうと無かろうと、「日本人の底力」を発揮して同書をアマゾン総合ランキングで第1位を取り、反日勢力をねじ伏せることが出来ればと切に願っております。



同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。



朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



戦後、朝鮮半島出身者による傍若無人な振る舞いに、忸怩たる思いを噛み締め、我慢を余儀なくされてきた多くの日本人にとって待望の「書」になることと存じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

国民の過半数の支持を失った菅首相が、「日韓併合100周年」に謝罪談話を準備していることが報道されました。

これは、国家国民の名誉を傷つけるだけでなく、日本の将来に禍根の残すとんでもない暴挙で、決して許されないことです。

いま、アマゾンで予約受付中の
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』で、明らかにしてありますが、謝罪など一切する必要はありません。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。

戦後、在日朝鮮人は差別されたとの前提に、日本国民に無理難題を押し付けてきていましたが、不法入国者は犯罪者です。約二人に一人が、犯罪者であれば日本人から白い目で見られたことは当たり前です。

目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■ 中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

《アマゾンの不思議な現象が杞憂であればいいのですが!》

2010-07-29 22:55:51 | 【国益最前線】資料本
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。


《アマゾンの不思議な現象が杞憂であればいいのですが!》




●昨日、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』は、アマゾンの総合ランキングは、100番代を上下していて発売日の今日は、202番との表示を確認してから、「歴史・地理」や「単行本」「1500〜3000円」部門を見て驚きました。

それは、昨日まで上記すべてのランキングのベスト10に入っていたものが、すべて消えていたからです。

昨日と今日で変化した表示は、「予約受付中」が「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」だけです。

不思議な現象です、携帯で検索しているからなのか判りませんが、一応記録として取ってありますが、明日も同じように削除される状況が継続することになれば、コンピューターが、何かの意志に基づいて動いていると判断できると思っております。

同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。


朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



戦後、朝鮮半島出身者による傍若無人な振る舞いに、忸怩たる思いを噛み締め、我慢を余儀なくされてきた多くの日本人にとって待望の「書」になることと存じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

国民の過半数の支持を失った菅首相が、「日韓併合100周年」に謝罪談話を準備していることが報道されました。

これは、国家国民の名誉を傷つけるだけでなく、日本の将来に禍根の残すとんでもない暴挙で、決して許されないことです。

いま、アマゾンで予約受付中の
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』で、明らかにしてありますが、謝罪など一切する必要はありません。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。

戦後、在日朝鮮人は差別されたとの前提に、日本国民に無理難題を押し付けてきていましたが、不法入国者は犯罪者です。約二人に一人が、犯罪者であれば日本人から白い目で見られたことは当たり前です。

目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧【バナー転載フリー】

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■ 中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


※添付した写真は、咲き誇っていた街路樹です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』で洗脳を解いてあげましょう!》

2010-07-28 22:48:23 | 【国益最前線】資料本
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』で洗脳を解いてあげましょう!》




同書を書店で購入するとき、
東京は紀伊國屋新宿本店で、
大阪は紀伊國屋梅田本店を指名してお願いしましたが、地域性から大阪で話題になると思っております。

同書に掲載した公的資料は、感情的論争を圧倒的説得力を持って「虚偽」を拒絶できる力があります。


朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった



戦後、朝鮮半島出身者による傍若無人な振る舞いに、忸怩たる思いを噛み締め、我慢を余儀なくされてきた多くの日本人にとって待望の「書」になることと存じます。

同書を読了した方は、論争を仕掛けることなど必要ありません。ただ、「日本人なら知っておくべきことが書かれているから、一度読んでおく必要があると思うよ…」ぐらいに、肩の力を抜いて薦めて頂きたいと思っております。

それは、威圧感を持って薦めるより、相手の良心をくすぐってあげた方が、経験則からすんなり浸透すると思われるからです。

尖鋭化する言説より、本人が、資料に基づいて歴史の真相に自ら目覚めることが重要なのです。

同書には、つまらない論争を封じることの出来る資料を満載してあります。
小生は、情報戦の相手として常に認識しているのは、中国中央宣伝部や韓国政府であり、そこから繰り出してくる「捏造史観」を、粉砕することだけに力点を置いていました。。

今回、同書で明らかにした公的「一次資料」を無視する行為は、天に唾する歴史に対する冒涜であり、非文明人と自ら公言することになるのです。


同書を日本人が、在日韓国・朝鮮人約60万人以上手にすることになれば、在日韓国・朝鮮人問題は静かに終息に向かうことになるでしょう。

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』を、読了され支持できる皆様は、静かに友人知人にメールからメールで薦めて頂ければ、日本再興の精神的な裏付けに、微力ながら貢献できると思っております。

怒りが、アマゾンで同書に集中し始めたようです。

歴史・地理部門の既存・新刊予約を含めた総合ランキング(132,672冊中)で5位。

歴史・地理部門新刊予約ランキング1位。

一番興味深いのは、アマゾンの97%のカスタマーが同書を購入していると表示されていることです。


同書への期待は、アマゾンの目次を見て頂ければわかりますが,小見出しの
創氏改名は強制でなかった」とか
日本への密航者続出
半島の美術品の海外流出を防止」などは記事に基づいており、いかに衝撃的な記事が収録されているかが判るからだと思っております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

国民の過半数の支持を失った菅首相が、「日韓併合100周年」に謝罪談話を準備していることが報道されました。

これは、国家国民の名誉を傷つけるだけでなく、日本の将来に禍根の残すとんでもない暴挙で、決して許されないことです。

いま、アマゾンで予約受付中の
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』で、明らかにしてありますが、謝罪など一切する必要はありません。

これらの記事は、国立国会図書館に現存する大正4年以降のマイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した中から取り出したものです。

それは、日本人として日本が統治していた時代の朝鮮半島の「空気」までを、感じ取りたいとの思いからでした。

それは、韓国から繰り返し叩きつけてくる歴史認識に、誰しも抱いている違和感からでした。
誰かがしなければいけない日本人の名誉を守る地道な作業でした。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。

戦後、在日朝鮮人は差別されたとの前提に、日本国民に無理難題を押し付けてきていましたが、不法入国者は犯罪者です。約二人に一人が、犯罪者であれば日本人から白い目で見られたことは当たり前です。

目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com

(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html

何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』に同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』に同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


※添付した写真は熱帯夜の満月です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

この記事をはてなブックマークに追加

《日韓歴史認識問題の夜明けの戦略は、いかに実行するべきか!》

2010-07-28 05:52:54 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《日韓歴史認識問題の夜明けの戦略は、いかに実行するべきか!》




●『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、いよいよ明日発売になりますが、
アマゾン総合ランキング123位になっていました。
歴史・地理部門は5位で、
新刊予約ランキングでは1位です。


朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった





これは、『SAPIO』の連載を支持して頂いていた方々が、予約してくださっているからと思っております。

同書には、韓国の嘘を反証してある「小見出し」を裏付ける、「朝鮮版朝日新聞」の記事をすべて掲載してあります。

また、同書は、韓国から繰り返される、「捏造史観」に基づく情報戦に打ち勝てる資料本も兼ねてます。

発売前の予約ランキングを空中戦とすると、発売後は地上戦との位置付けで、無駄のないマスコミ対策として、各地方の主要紙に紹介される「書店人気ランキング」の単行本ランキングベスト10入りを勝ち取り、一人でも多くの国民の目に触れさせることが大事ですので、宜しくお願いいたします。


そこで、「パール祭り」と「南京祭り」のときと同じく、
東京は「紀伊國屋新宿本店」
大阪は「紀伊國屋梅田本店」での購入を集中して戴き、単行本ランキング1位を目指していただければ幸いです。


怒りが、アマゾンで同書に集中し始めたようです。

歴史・地理部門の既存・新刊予約を含めた総合ランキング(132,672冊中)で5位。

歴史・地理部門新刊予約ランキング1位。

一番興味深いのは、アマゾンの97%のカスタマーが同書を購入していると表示されていることです。


同書への期待は、アマゾンの目次を見て頂ければわかりますが,小見出しの
創氏改名は強制でなかった」とか
日本への密航者続出
半島の美術品の海外流出を防止」などは記事に基づいており、いかに衝撃的な記事が収録されているかが判るからだと思っております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』に同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』に同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/


※添付した写真は熱帯夜の満月です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


この記事をはてなブックマークに追加

《国民は、韓国への怒りを『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』に集中し始めました!》

2010-07-27 09:09:58 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。


《国民は、韓国への怒りを『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』に集中し始めました!》




韓国政府が、天皇陛下と菅首相に「日韓併合100周年謝罪談話」を期待していると報道されて以来、インターネットユーザーの皆様の怒りが、アマゾンランキングに現れています。

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』は、2年間をかけて「日韓併合100周年」の情報戦用に準備し、武器としてまとめたものです。

多くの日本人は、韓国から繰り返される「歴史認識謝罪要求」に対して、「いい加減にしろ。天皇陛下にまで謝罪だと冗談も休み休み言え。顔を洗って出直して来い…」などと、思われている方が沢山いらっしゃると拝察しております。

それらの怒りが、アマゾンで同書に集中し始めたようです。

歴史・地理部門の既存・新刊予約を含めた総合ランキング(132,672冊中)で5位。

歴史・地理部門新刊予約ランキング1位。

一番興味深いのは、アマゾンの97%のカスタマーが同書を購入していると表示されていることです。


同書への期待は、アマゾンの目次を見て頂ければわかりますが,小見出しの
創氏改名は強制でなかった」とか
日本への密航者続出
半島の美術品の海外流出を防止」などは記事に基づいており、いかに衝撃的な記事が収録されているかが判るからだと思っております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』に同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』に同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/


※添付した写真は、猛暑の夕方に井の頭公園で写しました。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

《菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止するための有効な内科・外科治療要項!》

2010-07-26 07:23:47 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止するための有効な内科・外科治療要項!》




7月29日にNHKで放送されると予告した「解放と分断:在日コリアンの戦後」(Japanデビュー)が、昨日(25日)放送されました。

予想したように、在日の根本問題の「半数が不法入国者」であることを一切触れませんでした。



NHKが世論誘導しようと意図したことは、情緒的に「外国人参政権付与」と「日韓併合に対する謝罪」や「朝鮮人学校授業料無料化」を認めるように、韓国・朝鮮人側の視点で制作されていたように思えました。

この番組を視聴した国民全員に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を読んで頂きたいものです。

来週8月1日(日曜)は、「竹島問題」がテーマと予告していました。

同書には、「竹島問題」も解決できる『SAPIO』に寄稿したスクープレポートに米国政府の公文書も掲載してあります。

来週の番組を同書を手にして観るには、初版本に限りがありますので、事前にアマゾンで予約しておくことをお薦めします。

NHKの同番組は、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」が、スムーズにできる環境をつくる目的で編集していたといっても過言ではありませんでした。

それらを阻止する内科的戦略は、いま皆様が予約などをして拡散してくださっている同書を、一人でも多くの国民へ普及することなのです。

そして、外科的戦略とは、直接的な力の行使が必要な活動です。その対象は、同「謝罪談話」を実行しようとしている民主党政権に直接的なダメージを与えることです。

その戦略を実現するには、皆様方のお力添えが必要になります。

それを実行する方法を具体的に述べて見ます。

ターゲットは民主党の国会議員ですが、そんなに難しいことではありません、彼らを抑えつけられる一番の弱点を狙うことです。それは、「議員バッチ」を維持することですから、それを揺さぶる方法を全国的に実行出来れば、菅首相の同「謝罪談話」を潰せます。

仲間を募って地元の民主党都道府県会議員及び市町村会議員を説得して、地元選出の民主党国会議員の地元事務所へ説得した同議員と一緒に、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を持参して、同「謝罪談話」は支持できないことを伝えてくることです。そのとき、声を大にして批判がましいことは必要ありません。なにせ皆様方は、国会議員からみると命の次に大事なそれぞれ「一票」なのですから。

,なかなか難しいときは、友人と直接地元選出の民主党国会議員の事務所に同書を持って、同「謝罪談話」を反対していることを伝えて来るだけでも効果はあります

いずれにしても、全国的に´△鮗孫圓靴督困韻譴弌同「謝罪談話」は阻止できます。小生は、影響力のある第三者を通して、永田町で同様のことを実行し、よりプレッシャーを確実なものにしますので、宜しくお願いいたします。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

◆いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/



※※添付した写真は、猛暑に耐えて通り沿いで咲いていた夏の花です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/本館

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

《故中川昭一先生に『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を捧げます!》

2010-07-25 00:04:26 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《故中川昭一先生に『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』を捧げます!》





昨年のいま頃、衆議院が解散になり、帯広から選出されていた故中川昭一先生は、選挙カーて穀倉地域を駆け回って「日本が危ない!」と訴えかけておりました。

また、あるときは、トウモロコシ畑を背にしたトラクターの上から、「日本が危ない!」と必死に呼びかけている姿は、「酩酊」謀略放送にも弁明しない潔さとあいまって、悲壮感すら漂っていました。

その姿は、いまも目に焼き付いています。

中川氏は、報道されることは殆どなかったが、行動と決断の速い政治家でした。「拉致議蓮」も「歴史議連」も故中川昭一先生が立ち上げた議連でした。

北京オリンピックの長野市での「聖火リレー」で、「赤い軍団」が傍若無人に暴れまわった実態を西川京子先生に報告したところ、西川先生が翌朝、中川先生に緊急シンポジウムを要請し、速攻で決断され2008年4月末に開催したのも中川先生でした。

小生がオピニオン誌に発表する論文の目的は、中韓などから仕掛けられる情報戦を、その都度阻止することであり、纏めて出版する考えはありませんでした。

しかし、今回上梓した『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』は、「日韓併合100周年」で繰り出してくる情報戦に対抗する為に、2007年11月14日号『SAPIO』に《「朝日新聞・朝鮮版」が報じていた「大日本帝国下の朝鮮半島」近代化の真実》を、発表して以来の計画に基づくものでした。

その間、「中国毒食品問題」など、政治的武器になる論文は、西川京子先生から中川昭一先生に資料として提供していただいておりました。

最後に、中川昭一先生の元気なお姿を拝見したのは、昨年7月13日、「靖国神社みたま祭り」に、雪洞を出品された故中川昭一先生、島村宜伸先生、中山成彬先生、西川京子先生の作品を鑑賞してから、故中川先生、中山先生、西川先生とご一緒に、午後6時から昇殿で催された「前夜祭」に同席したときでした。

今回上梓した『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』に収録した論文の殆どは、故中川昭一先生の目に触れることはありませんでした。

本年10月4日の故中川昭一先生の一周忌を前に、「日韓併合100周年」の菅首相の謝罪談話を阻止するべく発刊した同書を、故中川昭一先生に捧げます。

同書が、万の風にのって天国に届くことを祈っております。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

★いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』同書にしました。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/


※※添付した写真は、連日の猛暑で井の頭公園に涼みに行ってますが、公園入口の角の喫茶店に飼われている猫が、またへばっていました。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/"

この記事をはてなブックマークに追加

《NHK「解放と分断・在日コリアンの戦後」(7月29日『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』

2010-07-24 08:50:33 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《NHK「解放と分断・在日コリアンの戦後」(7月29日午後9時)と『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』(同29日発売)が、偶然同日になりました。》





偶然の一致とはいえ、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』の発売日に、シリーズ「Japanデビュー」が「在日コリアンの戦後」を放送することは、非常に価値のあることです。

いま一番興味のあることは、同番組内で吉田茂首相がマッカーサーへ要請した手紙で明らかにしていた、在日朝鮮人の半数が「不法入国者」だったことに触れるか否かです。
また、当時の日本政府が、在日朝鮮人全員を朝鮮半島へ返そうとしていたことに触れるかも非常に興味があります。


いま問題になっている生活保護費などの外国人への準用負担なども、吉田首相が在日朝鮮人を残すことが将来的に禍根を遺すと予見した通りになっています。

そこで、同番組を観ていただき同書を読んで頂ければ、NHKが如何に歴史認識を歪曲しているか、同書に掲載してある公的資料で明らかになるでしょう。

●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

★いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧【バナー転載フリー】

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/


※※添付した写真は、連日の猛暑で井の頭公園に涼みに行ってますが、公園入口の角の喫茶店に飼われている猫が、またへばっていました。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/,
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou
「過去のブログも閲覧される方はgooへ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

《民主党が目論む土下座の連鎖をインターネットの力で阻止しよう!》

2010-07-22 22:39:26 | 【国益最前線】資料本
↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。またこちらのミラーサイトは字数制限がある為に本館のFC2と完全に同じではありません。特に下段の方の文章が字数調整の為に削除されている箇所もあります。宜しくお願いいたします。



《民主党が目論む土下座の連鎖をインターネットの力で阻止しよう!》




●「日韓併合100周年に、天皇陛下と菅首相の謝罪を求める韓国政府の目論みを、インターネットユーザーの総力で断固阻止しましょう。

繰り返し謝罪することは、土下座の連鎖が加速して、「竹島」も「尖閣諸島」完全に奪われる状況になります。

いま、アマゾンで予約受付中の『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』(徳間書店)は、韓国が主張するすべての捏造史観を粉砕できる資料を掲載してあります。

民主党は、宮内庁に所蔵されている朝鮮王室に関係した「古文書の写し」を、返却するなどと寝ぼけたことを言っているようです。それは、原本とその写しを韓国が紛失して、日本に返せなど言語道断なのです。これらのことも同書で詳しく反証してあります。

また、全国25地方(痴呆)議会で決議している「慰安婦問題意見書」を、潰せる資料も収録してありますので、多くの国民が手にし、話題になるだけで朝鮮系議員や反日左翼たちは大人しくなります。

同書は、朝鮮半島の歴史認識問題で仕掛けくる反日左翼に対する武器との位置付けで纏めたものです。

そろそろお人好しの日本人も、目覚めなければ国を失いかねないとの覚悟をする時期に差しかかっています。


インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです

今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧【バナー転載フリー】

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/

※添付した写真は、猛暑の夕方、吉祥寺の井の頭公園で撮った一枚です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

↓クリック支援よろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ




この記事をはてなブックマークに追加

《沈黙させる著書と情報戦!》

2010-07-22 01:09:41 | 【国益最前線】資料本
人気ブログランキングへ
水間条項は下記に移転しました。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/
こちらは、ミラーサイトとして継続して行きますが、更新記事のアップは遅くなります。宜しくお願いいたします。



《沈黙させる著書と情報戦!》



歴史認識に関する著書で左翼勢力を沈黙させた一書に、『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫)があります。
その著書が、2001年10月に発売されるや、瞬間的に初版本25,000冊が売り切れ、一週間後にまた25,000冊が緊急増刷されました。


何故、詳しく知っているかと申しますと、自虐史観に一石を投じるために小生がプロデュースした企画本だったからです。

それからの一年間、大手出版社は、自虐史観を見直せる復刊ブームが巻き起こっていました。


どのような名著でも、専門家の枠内だけで認知されていても、社会的影響力は限定的にならざるを得ません。

情報戦は、黒白がはっきりつくものでは無く、神経戦の様相を示します。
それが認識できるのは、都合の悪いことに沈黙する反日左翼の習性を観察することで、ダメージの度合いが判ります。

この度、上梓した『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』は、在日朝鮮人が「外国人参政権」を要求する言い分の「強制連行で連れられて来た」との嘘を、徹底的に反証してあります。

それは、『SAPIO』で反証した論文に、公文書を新たに資料として掲載しましたので、嘘が通用しない内容になっています。

嫌韓流』が出版されたときアマゾン週刊ランキングで、産経新聞が第1位と報道しましたが、朝日新聞は第2位を1位として『嫌韓流』を無視しました。これは準焚書行為であり、決して許されるものではありません。

その朝日新聞の姿勢が、インターネット上で大問題になり、『嫌韓流』はネットで火がつき45万部の大ヒットになりました。しかし、購入者は若者が中心でしたので、その頃より盛んに「ネットウヨ」とのレッテル貼りが行われるようになっていました。

そこで、今回上梓した著書のタイトルは、レッテル貼りがしずらい「朝日新聞が報道した」との冠をつけたのです。

いま反日左翼は、アマゾンのランキング動向を息をひそめて見ていることと思っております

インターネットの力は、『嫌韓流』が出版された頃より、格段に強力になっておりますので、友人知人にメールからメールで拡散して頂ければ、歴史認識問題に劇的な変化を及ぼすことになると確信しておりますので、軽く告知していただければ幸いです。


今何をするべきか、それは覚醒していらっしゃる皆様方が心配している、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を阻止することです。

この問題をいま取り上げない保守は、自称保守で真の保守ではありません。

情報戦とは想像力の戦いでもあり、覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の方が、菅首相の謝罪談話をスルーしている言論人より国益を重視していることになります。


保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった




また、GHQ占領下、吉田茂首相がマッカーサーに宛てた手紙も収録してあります。

その中で吉田首相は、在日朝鮮人の過半数は不法入国者で、将来に禍根を遺さないように全員を朝鮮半島に戻したいとの要請をマッカーサーにしていたことも、日本人全員に知ってもらいたいことなのです。


目標は10万部ですが、一石二鳥を狙い、10万部に到達した月から半年以内に、『南京の実相』を基にした「DVD映画『南京の実相』」を、これまでの御支援に感謝の意を込め、「印税」だけで「日・英」版を制作することを告知します。

宜しくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

毒三法案(「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」「人権救済法案」)は、「みんなの党」の渡辺党首・江田幹事長・浅尾政調会長の三方に要請することで阻止できます。

渡辺党首は、ノンポリで国家観は希薄です。しかし、渡辺党首は機を見るに敏な政治家であり、外国人参政権には反対を公言しています。そこで、残りの「毒二法案」も党として反対してくれたら、解散総選挙のときは「みんなの党」を支持するとして、上記三役にFAXとメールでお願いしましょう。

現在、「みんなの党」の最大の関心は、解散総選挙で勝利することです。

それにプラスになると党三役が判断できれば、必ずいい結果がでます。

★渡辺善美:http://www.nasu-net.or.jp/~yoshimi/

★江田憲司:http://www.eda-k.net/profile/

★浅尾慶一郎:http://www.asao.net/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「4・10:過去現在未来塾:講演会」登壇者動画一覧【バナー転載フリー】

「過去現在未来塾」の今後の展開は、皆様方のご協力次第で啓蒙活動も変化します。

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

*お問い合わせ先:
kakogenzaimiraijyuku@gmail.com
(@は半角に替えてください。尚、「塾」のお問い合わせ以外の用件は、お返事は出来ませんのでご了承ください。)

「塾」の趣旨他、詳細は下記をご覧ください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中国からの捏造歴史認識を封じ込める武器として、『「南京事件」の総括』(小学館文庫)の解説で、櫻井よしこ先生が「日本再生の力を生み出し、日本国の名誉の回復につながる貴重な書…この書を日本人全員に読んでほしいと願うものである」と絶賛されていることを尊重し、「中国の大嘘」に対抗する書籍を同書にしました。

■また、南京問題を終結させた資料を満載している『南京の実相』〔国際連盟は2万人虐殺すら認めなかった〕(自民党歴史議連監修、日新報道:推薦文・島村宜伸先生、平沼赳夫先生、故・中川昭一先生:まえがき・中山成彬先生)を、座右の書にして戴ければ幸いです。

Amazon.co.jp 「みんなが選ぶ本」 10%ポイント還元

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■中山成彬先生がブログを開設されました。
http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/
Twitter:http://twitter.com/nakayamanariaki

■政治家:戸井田とおる先生のブログ「丸坊主日記」と連携しています。
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/

※添付した写真は、猛暑の夕方、吉祥寺の井の頭公園で撮った一枚です。


■【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加