水草おじさんのブログ 〜水の流れに身を任せ〜

熱帯魚🐠を以前飼って居ましたが、水草🌿だけ残った水槽のように、家族から相手にされない、おじさんのブログです。

休日の過ごし方

2017-04-04 21:57:19 | 日記
先日の休みのことである。

朝から子供達が、『どこでもいいから、何処か連れて行って』と忙し立ててくる。

これといって、出かける用事もなかったので、近くの図書館に出かけることにした。

図書館に着き、二人はお目当となる本を探し始めた。

長女は、色々物色した結果。ドラえもん

次女は、不満があります

の本をまず、手に取り。
机に向かい、ひたすら読みふける。

その後、次女は、ひたすら、短い話の絵本を選ぶ。春から二年生になるというのに、選択してくる絵本は、三〜四歳が選びそうな絵本。
しかも、本を取り替えては私に、次は『これ読むよ』と、アピールをしてくる。

反面、長女は物静かに読んでいる。

時間もソコソコ経ち、本を読むのも飽きてきてかなぁと思い始めた矢先。

そう言えば、最近近くにペットショップができた事を思い出した。

子供達に、行ってみる?と提案してみる。

二つ返事で 行きたい。とのこと。


ペットショップは二階構造となっており、先ずは一回のフロアから。

フロアの一番奥に、扉を介さないと入れないスペースがあり、そこでは、ウサギ🐰、インコ🐦、ハムスター🐹、などの小動物が、ケージ越しに見えていました。

子供達は、部屋に入っては、動物達を眺め。ひたすら。可愛いねぇを連呼。

子供達がこんなに食い付くとは思わなかった。長女はゴールデンハムスター。次女は、ジャンガリアンハムスターが気に入ったらしく。
お小遣いで買えるかなぁと二人で密談が始まりました。
子供達には申し訳ないが、ウチでは恐らく飼うことが出来ないなと、片隅に思いながら、子供達の楽しそうなその姿に水を指すことが出来ずにいた。

しばらく見ていたこともあり、他の場所も見てみようかと、促し、隣の熱帯魚🐠ゾーンへと。

プログのタイトルになっているように、以前家でも熱帯魚🐠を飼っていた時期があった。
当然、子供達も覚えており。




『あっ、この魚、前飼ってたよね〜、パパ殺しちゃったけど

待て待て〜い。
言わせてもらおう、断じて、殺したわけでは無い。

確かに、私が水換えを行なった数日後や、水槽を少しいじった数日後に、今まで何ともなかった魚達の数が減ったことは否定できないが…。

とまぁ、曰く付きの魚ゾーンを後にして、二階のフロアへ。

二階は、子犬、子猫フロアとなっており、窓越しに、彼(彼女)らを暫くみて、癒される。

結構な時間を過ごしたので、ソロソロ帰るよと伝えると、最後にハムスターをもう一度見たいとのこと。

最後に一度みてから、お店をでる。

帰り道は、もっぱらハムスターを飼ってからの話で妄想が膨らんでいるようだ。

家に帰ってから、子供達は母親に、飼ってもいいか相談するが…。

母親からのNGで一気に落ち込む。
私としては、予想していた結果ではあったが、子供達の気持ちを膨らませるだけ膨らませておいてのため、申し訳ない気持ちでした。

すまん、子供達、そんな父を許してくれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホワイトデーのお返しに。 | トップ | 雑談は難しい。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。