歌信風Side-B

短歌で作るショートストーリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

短歌で物語をつづってみようという無謀かもしれない試み。

2005-12-23 00:00:00 | Weblog
*夜間の反応が遅く、コメント等表示されるのに時間がかかります。第一話「すいれん」まったり連載中。
コメント (17)   トラックバック (2)

09. Let us meet

2005-09-20 20:34:00 | すいれん
手をつなぐ恋人たちを目で追って空(から)の片手を軽く握った


住の江の 岸による波 よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ
とメールを送れば
わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
(バレてないし、不倫でもないけどさ (^^ゞ)
と返ってきた。
・・・・・・君はどこまでもわたしの想定外だ。

コメント

08. You're on vacation. I'm working.

2005-08-24 21:55:30 | すいれん
朝な夕な短いメール届く夏着信音を待ち焦がれてる



かばんの中に入れっぱなしの携帯電話を
手元に置くようになった。
今朝はメールがなかった。
昼休みに入ったメールは一行
ごめん。寝坊した。
コメント

07. Under the rose

2005-08-23 22:12:03 | すいれん
陽射しなき水底を行く恋になる触れた手の熱憶えておくよ


流されてみることにする。
行き着く先はどこなのかわからないけれど。
たまには、こんなことがあってもいい。
後のことなんか、知るもんか。

*under the rose・・・秘密に。昔薔薇が秘密の象徴であった頃に由来する
コメント (2)

06. Your name

2005-08-10 23:13:03 | すいれん
日常に紛れるはずの君の名が飛び込んでくる目に耳に 胸に


例えば名簿。
そのページを開いたら君の名が真っ先に飛び込んでくるのは
君の名をなぞった指先が熱いのは
どうしてなんだろう。
コメント (2)

05. Your eyes

2005-07-25 23:13:49 | すいれん
大人という鎧をつけて立つけれどまなざし一つで射抜かれている


ここに立っていれば
大丈夫だと思っていた。
だけど
矢は力強い弧を描いて
心臓に届いた。
コメント

04. Your're a boy, aren't you?

2005-07-16 20:32:03 | すいれん
少年の顔して時折見せつける男の表情(かお)を忘れられない


友達と笑い合っている顔は少年。
ひとり頬杖をついて
外を眺めている君の
窓ガラスに映った顔に
どきり、とした。
コメント (2)

03. No tactics

2005-07-13 22:14:30 | すいれん
若さゆえ駆け引きなんて使わないまっすぐな君 流されそうだ


勇気を振り絞ってくれた君には悪いけど
戸惑いのほうが大きい。
そして、なぜ?

ぐいぐいと押し寄せてくる君を
躱すわたしは   臆病者だ。
コメント

02. There are ripples on my heart

2005-07-12 00:06:11 | すいれん
しずくひとつこころの泉に落ち水の輪が広がってさざなみとなる


しばらく恋はしないと決めた。
だから
わたしのこころを乱さないで。
わたしをそっとしておいて。
コメント (6)   トラックバック (1)

01. I came across you

2005-07-11 20:24:12 | すいれん
知らぬ間に互いの軌跡が交差する 何度目の時気づくのだろう


昨日までは知らない人。
今日からは知っている人。

出逢うまでに何度すれ違ってきたのだろう。
なぜ、今なのだろう。
コメント (4)   トラックバック (1)