高彬ボーイ<18>

2017-06-17 | ss(現代・高等科編)
※本館「現代編」設定の2人です※





瑠璃さんをすっぽりと腕の中に閉じ込めながら、ぼくはギュウギュウと回した腕に力を入れた。

「瑠璃さん・・」

泣きじゃくる瑠璃さんは小さな子どもみたいだった。

「怖かったんだから・・」

「ごめん」

瑠璃さんは手の平で涙を拭うと、ぼくの顔を見上げてきた。

涙に濡れる瑠璃さんの目はキラキラしていて、じっと見ていると吸い込まれそうになる。

「瑠璃さん」

ぼくは瑠璃さんの両肩に手を置いた。

言え。

言うなら、今しかないぞ。

ひとつ大きく息を整えると、ぼくはゆっくりと口を開いた。

「瑠璃さん。ずっとぼくが一緒にいてあげるから、だから、もう泣かないで」

一言一言ゆっくりと心を込めて言うと、瑠璃さんはハッとしたように目を見開き、じっとぼくを見ていたかと思うと、やがてコクンと頷いた。

そうして

「本当ね?本当にずっと一緒にいてくれるわね。約束ね?」

「うん、約束するよ」

大きく頷くと、瑠璃さんは、ほぉ・・っと大きく肩で息をついた。

「良かった。あたし、方向音痴だから、こう言う広いところって苦手なのよ」

「・・え」

「でも、高彬がずっと一緒にいてくれると言うのなら安心だわ」

「・・・」

「もうはぐれたりしたらイヤよ」

「・・・」

い、いや、ちょっと待って、瑠璃さん・・

ぼくが「ずっと一緒にいる」と言ったのは、何もディズニーランド限定の話じゃなくて、こう、何て言うか、もっと視野の広い話と言うか、2人の未来を語ったと言うか・・・

「あのさ、瑠璃さん」

言い掛けた次の瞬間「ドーン」と大きな音がして、歓声が沸き上がった。

「わぁ・・!」

瑠璃さんが夜空を見上げ、ぼくも釣られて見上げると、パークの上空に大輪の花が咲いている。

花火だった。

パッと咲いた大輪の花は、キラキラと瞬きながらシンデレラ城に振りかかっては消えていく。

「綺麗ね」

瑠璃さんに下から笑顔で言われ

「・・うん。そうだね」

「すごく楽しい!高彬、誘ってくれてありがとう」

「うん」

ぼくも笑って頷き返した。

告白は失敗に終わったけど、でも、瑠璃さんのこの笑顔に免じてヨシとしよう。

また次の機会もあるだろう。

「ねぇ、高彬。スタージェット乗りに行きましょうよ。きっと綺麗よ」

瑠璃さんに言われ、夜のパークを歩き出す。

まだ遊ぶ人の波、出口に向かう人の波で、人が入り乱れている。

「瑠璃さん、手、繋ごうよ」

手を差しだすと、瑠璃さんがじっとぼくの手を見てきた。

「はぐれないようにさ」

「・・うん」

そっと出された手をしっかりと握り、歩き出す。

せっかくの「夢と魔法の国」で、残念ながらミラクルは起きなかったけど、それでも十分に幸せな気分だった。

それにしても───

嬉しそうな顔で隣を歩く瑠璃さんを盗み見ながら、そっとため息をつく。

瑠璃さんに告白するのは、どうやら一筋縄ではいかないみたいだぞ・・

「ぼくは瑠璃さんが好きだ」

例えばそう言ったとしても、瑠璃さんのことだ

「あら。あたしだって高彬が好きよ。だってあたしたち幼馴染だものね」

なんて言いだしかねない。

いや、言いだしかねないどころか、多いにあり得そうだ。

瑠璃さんに間違いなくぼくの気持ちを伝えるには、いくら鈍い瑠璃さんでも勘違いしないくらいにストレートで、他に解釈のしようがない言葉にした方がいいわけで───

そんなウマい言葉があるのだろうか。

ほんと、授業に「恋愛」の科目を作って欲しいくらいだよ。

告白への道のりはなかなかに前途多難のようで、ぼくはまたしてもそっとため息をついたのだった。








<続>


ディズニーデート編はこれにて終わりです。たくさんの情報提供をありがとうございました。
高校生編はまだ続きます。楽しんでいただけましたらクリックで応援をお願いいたします。
↓↓


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 瑠璃ガール<15> | トップ | 高彬ボーイ<ミラクル番外編> »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミラクルならず(泣) (あさぎ)
2017-06-18 15:12:25
瑞月さん、こんにちは~。

夜のシンデレラ城をバックに抱きしめ合う二人・・・。
これ以上ないシチュだというのに、何故こんな結末に(笑)

いやいや、高彬は十二分に頑張ったと思いますよ。
そりゃあ「幼馴染枠」から抜け出さない事には、次のステップに進めませんもんねぇ。

でもこれがあったからこそ、例の、どストレート発言に至るわけですね!
そう思うと何だか感慨深いものが・・・(涙)

そこまでの、二人の葛藤が何とも不憫ではありますが、最近は結婚前のかわいらしい二人が大好物なので、「高校生編」の続きがとっても楽しみで~す!
Unknown (nenica)
2017-06-19 01:46:37
夜のシンデレラ城をバックに
高彬の懸命なアプローチと
瑠璃さんの反応のズコー_(┐「ε:)_具合が
相まって、もう笑いが止まらないんですけど。

本館の教師編の方はさすがに大人ですよね(笑)瑠璃さんもはぐらかしながらもちゃんと意味は分かっているという。

どちらも更新が楽しみです。


>>あさぎさま (瑞月)
2017-06-19 11:07:01
あさぎさん、こんにちは~。

>夜のシンデレラ城をバックに抱きしめ合う二人・・・。
>これ以上ないシチュだというのに、何故こんな結末に(笑)

何故かと言いますと、それは「ラ・ブ・コ・メ・だ・か・ら」です(笑)
そうそうC.C.Bにしてはいけないのです!(書けないんでしょ?と言う真実を言い当てたツッコみは受け付けませんよ~)

>でもこれがあったからこそ、例の、どストレート発言に至るわけですね!

そうそう、そうなんですよ!
間違いようがないですもんね。(でも、瑠璃は結婚の何たるかを間違えてましたが)

>そこまでの、二人の葛藤が何とも不憫ではありますが、最近は結婚前のかわいらしい二人が大好物なので、「高校生編」の続きがとっても楽しみで~す!

ありがとうございます~!
>>nenicaさま (瑞月)
2017-06-19 11:26:53
nenicaさん、こんにちは~。

>夜のシンデレラ城をバックに
>高彬の懸命なアプローチと
>瑠璃さんの反応のズコー_(┐「ε:)_具合が
>相まって、もう笑いが止まらないんですけど。

ここで上手く行かせるわけには行かないので、私も涙を飲んで(笑いを堪えて?)こんな顛末に(笑)

>どちらも更新が楽しみです。

ありがとうございます!またお付き合いください~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。