夢と知りせば<11>

2017-07-14 | ss(夢と知りせば)
※平安・高彬×現代・瑠璃のパラレル設定です。苦手な方は閲覧ご注意ください。





「もしも、よ。融が千年後に行きたいとしたら、どうする?」

「え?!千年後?」

あまりと言えばあまりな質問に、融は鳩が豆鉄砲を喰らったような顔になった。

「そう、千年後」

瑠璃さんは融の顔を覗き込むようにして言い、反対に融は身体を後ろに引いている。

姫慣れしていない融に取って、このグイグイ来る感じは驚き以外の何ものでもないのだろうと思う。

まぁ、ぼくだって同じだったんだから、融のこと笑えないけど。

「うーん、千年後かぁ・・」

目を瞬かせながら融はひとしきり考えると

「ぼくだったら陰陽師に聞くかなぁ」

「陰陽師!」

瑠璃さんが声を上げ、ぼくも心の中で(あっ)と声を上げた。

そうか、陰陽師か。

確かに、千年後から一瞬にしてやってくるなんてことは怪異に違いなく、そうなれば陰陽師の専門分野と言える。

「なるほど、そうよね。ありがとう、融。さ、帰りましょ、高彬」

瑠璃さんは立ち上がると、先導も待たずにさっさと歩き出している。

「やっぱり・・・、かなり変わってるね。高彬、頑張れよ」

出て行く瑠璃さんの後ろ姿を見ながら融が励ますように言い、ぼくは黙って頷いた。



******



「陰陽師かぁ、なるほど、言われてみればそうよね。どうして今まで、気が付かなかったのかしら」

帰りの牛車の中、瑠璃さんは感心したように腕を組み

「あの融って子、なかなか、頭が回るわね」

「うん」

確かに陰陽師を持ちだしたのは融のお手柄で、だから素直に頷いたけど、でも、瑠璃さんが融を褒めるのが少しだけ面白くない気がした。

瑠璃さんが褒めるのはぼくだけでいいのに・・

そんな風に思う自分の気持ちに、ドキっとする。

これって・・・

ヤキモチなのかな。

「高彬、知り合いに陰陽師っている?」

ぼくの気も知らずに、瑠璃さんが聞いてきた。

「直接の知り合いじゃないけど、陰陽寮には年の近い得業生がいるし、話を聞くことは出来るよ」

「じゃあ、その人のツテで高名な陰陽師を紹介してもらうとかも?」

「場合によっては」

「わ。野村萬斎降臨ね」

「は?誰だよ、それ」

「何でもない、こっちの話よ。高彬、物忌が開けたら、ちょっと得業生に聞いてみてよ」

「・・う、うん」

「何よ。何か問題でもあるの?」

「いや。ない。けど・・」

「けど?」

ぼくは小さく息を吸うと、思い切って切りだしてみた。

「あのさ、瑠璃さん。瑠璃さんはやっぱり、千年後に帰るんだよね」

「え」

「もちろん、帰るのが順当だと分かってるし、だから、こうして帰る手立てを探してるってことも分かってるけど・・」

「・・・」

「瑠璃さん」

身体をずらし、改めて瑠璃さんに向き直ると、真面目な顔で瑠璃さんもぼくの顔を見返してきた。

「瑠璃さん、ぼく、瑠璃さんのことが・・」

「ストーップ!ブッ、ブー」

瑠璃さんが両手を前で大きく交差させ「バツ」を作った。

「あたしはとんでもない未来人よ。千年後から来たんだから帰らなきゃ。それが筋ってもんでしょう」

「・・・」

「そう言うややこしいことは、お互い、言いっこナシ、よ」

そう言ったきり、瑠璃さんは黙り込み、車内に沈黙が流れる。

「ごめん、そうだよね」

車から下りる直前、謝ると、瑠璃さんは何も言わずに部屋に入って行ってしまった。

同じ部屋にいるのが気まずくて、別室でゴロンと横になる。

「・・・」

そうだよな、瑠璃さんの言う通りだ。

瑠璃さんが千年後に帰るのが、正しい解決方法だ。

明日にでも、陰陽寮を訪ねて・・・

そこまで考えたところで、ふと、他のことに頭が行った。

あれ?瑠璃さん、さっき『お互い、言いっこナシ』って言ってたよな・・

お互いって。

「・・・」

それって───







<続>

千年後に帰る手立てが見つかって欲しいような、欲しくないような、複雑な高彬にクリックで応援をお願いいたします。
↓↓


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 夢と知りせば<10> | トップ | 夢と知りせば<12> »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かのこうママ)
2017-07-14 13:44:40
野村萬斎……(笑)
確かに、安倍晴明に聞くのが一番かも。
ウチの娘は、安倍晴明のファンで、
修学旅行の自由行動では、晴明神社に行き、
陰陽師グッズをしこたま買ってきました。
私は、野村萬斎が演じる安倍晴明が大好きです
(テレビドラマ版は、申し訳ないけど野村萬斎と真田広之のコンビの足元にも及ばないと思う)
マンガ陰陽師も全巻揃えていますが、
最近の連載は、夢枕獏さんの原作とは全く違う世界観を有していて、
私には合わないので読んでいません。
あ、つい語ってしまいました、すみません。
瑠璃さんも高彬くんも、ハッピーな結末をお待ちしております
Unknown (ベリー)
2017-07-14 14:45:18
野村萬斎さん、好きです。あぐりの頃から。(笑)
安倍晴明も好きです。そうですねえ、陰陽師、どんな風に言ってくれるんでしょうか。融くん、ナイスアドバイス!
子分を十分に利用して帰って行くわけですね。
口に出してしまうと帰りたくなくなるのじゃないかな瑠璃は。我慢してると思います。そう言った方向に行かないように。ワザとね。
うーん どうなるんでしょう!
>>かのこうママさま (瑞月)
2017-07-17 15:12:17
かのこうママさん、こんにちは~。

>ウチの娘は、安倍晴明のファンで、
>修学旅行の自由行動では、晴明神社に行き、
>陰陽師グッズをしこたま買ってきました。
私は、野村萬斎が演じる安倍晴明が大好きです

そうなんですね!
今、晴明神社は大人気だって聞きました。テレビでも良くやってますもんね。
野村萬斎、いいですよね。
安倍晴明役、ぴったりだと思います。所作も決まってますしね。

>最近の連載は、夢枕獏さんの原作とは全く違う世界観を有していて、
>私には合わないので読んでいません。

そうなんですか。
私も漫画は何巻かは読んだことがありますが、基本的には原作派です。
「瀧夜叉姫」が面白かったです(*^^)v
>>ベリーさま (瑞月)
2017-07-17 15:15:46
ベリーさん、こんにちは~。

>野村萬斎さん、好きです。あぐりの頃から。(笑)

素敵な人ですよね~。
羽生くんの振り付けのアドバイスもしてましたよね。

>安倍晴明も好きです。そうですねえ、陰陽師、どんな風に言ってくれるんでしょうか。融くん、ナイスアドバイス!

怪異とくれば陰陽師。
何かしらの突破口を提示してくれるんじゃないかと思います。

>口に出してしまうと帰りたくなくなるのじゃないかな瑠璃は。我慢してると思います。そう言った方向に行かないように。ワザとね。

瑠璃だって高彬を好きになりかけているような気がしますしね・・・。
でも、千年の隔たりは大きいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。