しあわせって何だろ?

統一教会員になって、かれこれ25年以上。
日々の出来事、思う事などを綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Because You Love Me

2013-01-21 | 家族

今日は娘のはなし。。。

娘は大学が冬休みになって家に帰ってきてますが、学校が28日から始まるのでまだ家にいます。

その娘のスマホの待ち受けはですね~

私とのツーショットだったのですよ~!!

それを見た時、嬉しかったなぁ・・・・

そのツーショットは あの子が一昨年GPAに参加している時に ニューヨークに来た時に撮ったもの。

待ちうけが友達とかと一緒に写ったのじゃなくて、私とのなんてもう感激でした。

 

実は私、娘に対しては負債があるのです。

息子は4人おりますが、娘はこの娘ひとりだけ。

小さい頃はともかく 中学生にもなると、何でも自分でしてしまう子供だったので、ほとんど手がかからなかったのです。

そういう子供って、親にとってはなんか面白みがないというか・・・(娘、ごめん!!)

息子たちは 朝とかも起こしてあげないと起きないし、洋服なんかも全部私が買ってあげて。

「まったくもう手がかかるんだから」と言いながらも、息子たちには何かとしてあげて。

部屋も女の子ひとりだから、自分の部屋があって そこでほとんどの時間を費やしていたし。

そういう風だったから、私はほとんど娘には何にもしてあげてなくて。 なんとなく私との距離を感じているんじゃないかなぁ・・・って、心配していたのです。

それがあの子の待ち受けを見て、こんな母でも慕ってくれているのだな。 と、感じました。

 

そして、ついこの前にこういうことがありました。

一日が終わってみんなで祈祷会をする時のこと。

子供たちは私と一緒にソファに座って、お父さんが来るのを待っていました。

いつも娘は私の隣に座ります。

娘は私の頭で遊んでいました。(脳みそを吸ってやるぞ~とか、冗談言って。

私は笑いながら、「You're so strange. / ほんとに娘ちゃんはかわってるよね~。」って言ったら、あの子がこう言いました。

「It's okay, because YOU LOVE ME. / いいの。だってお母さんは私を愛してるから。」

とっても嬉しかったです!

ちゃんと自分が愛されている、って感じてくれていたんです。

 

「親に愛されている。」

「神様に愛されている。」

こう感じられることは すごく大切だと思うんです。

神様、娘を与えてくださってありがとうございます! 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

才能

2012-12-29 | つぶやき

昨夜の私は完全にフリー。 で、ネットで映画を観ました。(映画館には行けませんからね~)

って、「るろうに剣心」なんですけど。

でもすごくおもしろかった!

どうして観たかっていうとですね・・・

るろうに剣心は あまりアニメを観ない長男の数少ないfavorite animeのひとつなんです。

私はアニメも観てないし、漫画も読んでないし、ストーリーもほとんど知らないのであまり期待もせずに観たんですけど、闘いのシーンがすごかったですね。

さっそく長男にメールをしましたよ。

 

って、今日はその話じゃなくて 最後に流れる歌、主題歌っていうのかな?

ONE OK ROCK が歌っている「The Beginning」なのですが、私全く知らなくて調べたら、なんと歌っているボーカルの男の子は、森進一さんと森昌子さんの長男なんですね~。

いやあ驚きました!!

日本にいないと、こういうことはさっぱりなんですよね。

っていうか、顔立ちがお母さんに似てるし・・・(納得?)

お父さんお母さんは演歌歌手なのに、子供がロックなんて。。 いいわぁ~

二人の才能をそのまま引き継いでる、って感じで やっぱDNAなのかなぁ・・・。

この親ありて、この子あり。

親は子供が自分を超えてくれることを望みますよね。

うちの子供たちは・・・・

うん? 

私も旦那さんも なんも才能ないなぁ・・・

あっ、でも!

私達はご父母様に出会ったもんね。

考えてみれば(考えなくても。笑)出会ってなければ、あの子たちは生まれてないし。

外的な才能より、もっともっと大切なもの。

花開いて欲しいなぁ・・・・

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あまりにも・・・

2012-12-15 | つぶやき

あまりにも悲しい事件がありました。

コネチカット州のある小学校で、20歳の男が銃を乱射して 計26人が殺害されました。

その殺害された中の20人は まだ小さな子供たちです。

どうしてそんな事ができるのか・・・

容疑者は、自宅で自分の母親を殺害した後、小学校に行って銃を乱射。 そして最後には銃で自殺をしたそうです。

本当に狂っています。

 

この事件が起こったのは金曜日の朝9時過ぎだったんですけど、私がニュースで知ったのはその日の14時前でした。

14時前といえば、末っ子を学校に迎えに行く少し前です。

ニュースを見ながら、その事件が自分の子供の小学校だったら・・・と、涙が出て仕方がありませんでした。

学校からいつものように出てきた末っ子。 

私は複雑な思いで あの子をぎゅっとハグしました。

 

殺害された子供たちは 1年生(6歳、7歳)だと聞いています。

うちの末っ子は3年生ですから、あの子よりもまだ幼い子供たちなんです。

・・・・・・・・。

こうやって書いている間にもまた涙が出てきてしまいます。

どうして小学校だったのでしょう。

まだ小さくて、あどけない子供たち。

・・・もう言葉がでません。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訓読会にデビュー

2012-11-17 | 家族

基元節を迎えるにあたっての条件としてやっている我が家の訓読会に 末っ子が参加するようになりました。

まだ7歳なので、今まで「訓読会を一緒にしよう」ということは あの子に言わなかったのですが、どういうわけか今週の水曜日から突然私達が座っているソファに座って、「自分も読む」と言って読み始めました。

今、私達が訓読しているのはお父様の自叙伝です。

夫、私、次男、三男、そして末っ子と 順番に一段落ごとを読んでいきます。

末っ子は まだ小学校3年生なのに、なかなか上手に読むんです。

もしかしたら、私より上手かも・・・

知らない単語がでてきても、ゆっくりとその単語を発音していきます。

幼い7歳の子供が お父様の自叙伝を一生懸命読んでいるその声は ほんとうに可愛らしいのです

そして 私が読んでいる時は、(私が)読むのにつまりそうな単語を 私が言う前に発音してくれるんです。

末っ子のおかげで その場がほのぼのとするし、こんな幼い子が頑張って読んでいるんだから 自分も頑張って読まなきゃ、って思います。

末っ子くんに感謝です。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この前の日曜日

2012-11-11 | つぶやき

この前の日曜日に お母様がマンハッタンセンターでお話をされました。

ほんとうはイーストガーデンでお話をされたかったのではないかと思いますが、ハリケーンの影響でまだ停電状態が続いていたからなんでしょうか・・・

私が「FMラジオを持ってきてください。」っていうメモをメールで受け取ったのが、前日の土曜日の夕方。

それ以前には、日曜日にお母様がお話をされる、という連絡を受けていなかったので、ちょっとあわててしまいました。

地下鉄もまだ全線が動いていない中、次男と一緒に行ってきました。

末っ子は家にいる三男にあずけて行ったんですが、なんだか変な感じ。。。

どこに行っても 末っ子をみていないといけない私は、いつも話の内容をじっくりと聞くことができません。

でも今回は末っ子がいないので、自由というか、重荷がないというか・・・

それでいて、家においてきた末っ子が心配で なんか後ろ髪をひかれるような・・・

次男と一緒に座ったんですが、これまた珍しいことで。

いつも次男は礼拝に行くと 友達と一緒に座るので、私の横に座ることってほとんど無いんですよね。

 

さて、前置きはこのくらいにして・・・

お母様のお話の内容ですが、とっても考えさせられました。

私達は責任を果たしてこなかったんだなぁ・・・って。

どなたかのブログに日本語訳が載っていますので、ここでは挙げませんが、責任を果たさなければ蕩減がある。っていうことをお話されました。

私達は天の前に負債があると・・・

お父様をメシアとして証すことができないで、霊界に行ったら讒訴されると。

40年間 お父様がこのアメリカに あんなにも愛を注がれたのに こんなにも祝福家庭が少なくて、(祝福の)子供たちをよく教育してこなかったと。

これが最後のチャンスだ、って言っておられました・・・

 

ほんとにそうだなぁ・・・ って思いました。

私達はいったい何をしてきたのか。

・・・・・

私という人物は、神様にとっては重要な位置にあるわけで、私は私のためだけにあるのではないんだな、って。

ちょっと大げさだけど、歴史を動かすひとりになっている(?)

 

これから自分は何ができるのか。

思うだけではなくて、行動をしなければなりませんよね。

かなりの決意が必要です・・・

 

お母様がお話をされた後、「歌」が始まったのですけど、ご子女様やdaughters in law(義理の娘様)や、韓国・日本・アメリカのリーダー達、それぞれのグループが 次々と歌われました。

そして最後にお母様を中心として、真のご家庭がステージに立って歌われたのですが、その時にプレストン様ご夫婦、そしてレクストン様も奥様(まだ婚約者かな?)と一緒にいらっしゃったのを見て、私はすごく嬉しかったです。

私はバルコニーのはるか上の方に座っていたので、気がつかなかったのですけど(って言うか、遠すぎて見えないし)、後でビデオを観てみたら プレストン様ご夫婦は手をつないで歌っていらっしゃいますし、レクストン様ご夫妻は見つめ合ってて・・・ 

よいですねぇ~。

そして、薫淑ニム(漢字、あってるかな?)がレクストン様の腕をとって、レクストン様は楽しそうに歌ってらっしゃいますし・・・

亨進ニムの挨拶、お母様のお話(韓国語と英語で日本語はないですけど)、最後の歌の動画を観たい方は こちら(True Mother's Speech)をどうぞ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加