めいすいの写真日記

いつもご訪問ありがとうございます

アイスランドへの旅(2)・・・ゴールデンサークル

2017-03-08 | 旅の写真

アイスランドの旅、2日目はゴールデンサークルと言われる場所の観光。上の写真はストロックル間欠泉

首都のレイキャビークから近いゴールデンサークルには3つのポイントがあり、多くの観光客が訪れます。

その一つは、世界遺産のシンクヴェトリル国立公園のギャウ(地球の割れ目)とアルシング

シンクヴェトリル付近はユーラシアプレート(東)と北米プレート(西)が広がり、太平洋中央海嶺の地上露出部分となっています。そのため、各地でギャオと呼ばれる大地の裂け目が見られます。
 また、アルシングと呼ばれる「全島集会」が930年にこの地で行われました。世界最古の近代議会といわれています。


 2つめは、間欠泉ゲイシール。ゲイシールとは間欠泉で、英語の間欠泉の語源にもなっています。もっとも大きなグレート・ゲイシールはかって70mの高さまで吹き上げていました。近年は活動を停止しています。

地名ともなっているゲイシールは活動を停止しましたが、代わって現在はストロックル間欠泉が6~7分間隔で勢いよく上がっています。この写真で人の高さと比べて見る限り、高い時には30m~40m上がっています。間隔は不定期、高さも一定ではありません。

 一番上の写真。

3つめはグドルフォスの滝

 グドルフォスの滝はレイキャヴィークから近いので、アイスランドではもっとも人の多く訪れる滝です。
 名前はアイスランド語で「黄金の滝」の意味。日の光を受けた滝の水が金色に輝くので、この名が付けられました。天気の良い時には虹も架かるようです。ラングヨークトル氷河を水源とする、ヴィータウ川の流れが幅70m、高さ30mの滝となっています。

 ただ、現地には行ったのですが大雪のため、上手く写真には写りませんでした。

 詳しくは めいすいの海外旅日記 第2日 ゴールデンサークルへ をご覧下さい。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイスランドへの旅(1)・・・... | トップ | アイスランドの旅(3)・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。