めいすいの写真日記

いつもご訪問ありがとうございます

名刹「宝幢寺」のしだれ桜

2017-03-28 | 

志木市の名刹、「宝幢寺(ほうどうじ)」を久しぶりに訪れました。2本のしだれ桜がちょうど見頃です。

2本のしだれ桜は、ともに満開ですが、花の色、咲き方が異なります。種類が違うのかも知れません。

そばで見ても雰囲気がありました。

20年前には、このしだれ桜の「夜桜」を撮りました。そのころは頑張っていましたね。

我が町の紹介4・・・宝幢寺のしだれ桜 (2008年)

しだれ桜・・・ 志木市「宝幢寺」 (2011年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスランドの旅(完)・・・機内からオーロラが見えた

2017-03-20 | 旅の写真

私が機内のトイレに行った時、すれ違った、窓際に座るツァーの女性が、「今、オーロラが見えていますよ」といいます。
  「ええー!見えているんですか。見せてもらえますか」というと「あなたのカメラならオーロラを写せるかも知れません」との返事。

 さっそくカメラを持ってきて、席に座らせてもらい、撮してみましたが、うっすらとしか写っていません。丸い小さな窓、三脚も立てられない状況なので仕方がありません。 下段のオーロラを黒く遮っている部分は主翼の出っ張りです。
  コペンハーゲンを出てから数時間後は、北極圏近くを飛ぶので、見えるのだと思います。
  写りはともかくとして、機内でもオーロラが見えたのはラッキーでした。

 詳しくは めいすいの海外旅日記 第7,8日 旅の終わりに をご覧下さい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイスランドの旅(6)・・・・レイキャビーク市内観光

2017-03-19 | 旅の写真

 ハトルグリムス教会は1947年から40年かけて完成されたレイキャビークのシンボルとなる教会。高さ75m。時計の上の黒く写っている三つの窓か展望台です。ここから市の中心部の商店街が眺められるそうです。
  なお、この教会はプロテスタントのようです。

 教会の正面に建っているのがアメリカ大陸を発見したエイリクソンの銅像。
  中学生の頃、「Columbus discovers America....America is discovered by Columbus.」と英語の時間にで習った気がしますが、コロンブスの発見したのは西インド諸島。
  エイクリソンは、アイスランド生まれのノルマン人航海者(ヴァイキング)で、コロンブスたちの大航海時代に先立ち、500年前にすでにアメリカに上陸していたヨーロッパ人であったことは確実だといいます。  

入り口を入ると、教会らしい空間が広がります。右手の人がパイプオルガンを弾いていました。
  行列をしているのは、この教会の展望台に上ろうとしている人。有料です。この教会の展望台は、とても眺めが良いとのこと。
  すこし時間があったのですが、列も長く、チケットを買っても乗る時間が無いかも知れないのでやめました。
  ただ、列は長かったのですが、意外に時間はかからず、乗れたようです。

 詳しくは めいすいの海外旅日記 第6日 レイキャビーク市内観光 をごらんください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイスランドの旅(5)・・・ブルーラグーン

2017-03-15 | 旅の写真

 プルー ラグーンはアイスランド観光のハイライトの一つ。地熱発電で使われた温水を利用しています。
  広さは約5000㎡で世界最大級の露天風呂となっています。湯の温度は38度~41度に管理されています。広いので熱い場所とぬるい場所とがあります。
  うす青い色のお湯は肌に良いとされています。また、無料でシリカ(二酸化ケイ素)を顔に塗りつけられるコーナーがあります。私は生まれて初めてパックをしました。肌がすべすべになった気がしましたが、1日だけではね。

 レジャー施設なので雪見酒も出来るのですが、物価が高くお酒は日本の3倍もするので、その気持ちにはなりません。

 詳しくは めいすいの海外旅日記 第5日 地熱発電所、ブルーラグーン をご覧下さい

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アイスランドの旅(4)・・・ヨークルサルロン氷河湖

2017-03-13 | 旅の写真

アイスランド観光のハイライトの一つ、アイスランド最大の氷河湖のヨークルサルロン湖。巨大な水色の氷が浮かんでいます。
 長い時間をかけて圧縮された透明度の高い氷は、太陽の光で水色になるといいます。
 湖の深さもアイスランド最深で248mもあります。温暖化の影響か1970年代に比べると、湖の面積は4倍になっているとのこと。

付近にある小高い丘に登ると、ヨークルサルロン湖の先にアイスランド最大、ヨーロッパで2位の大きさ、8100平方キロメートルを誇るヴァトナヨークトル氷河の先端が望めます。この氷河は国立公園になっています。

氷河湖の出口に吊り橋が架かり、そこから氷が流れ出し、海に出ます。

そして、海に出た氷が今度は、砂浜に打ち上げられます。 

中には、動物の形をしている氷も見受けられます。間近で、こんなに夥しい数の大きな氷が見られるのにはビックリです。

詳しくは、めいすいの海外旅日記 第4日 ヨークサルロン氷河湖他 をご覧下さい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加