肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

肝臓クリニック札幌の内装デザイン骨組みできてきました こんな感じで検討中です

2017年02月23日 | 水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌
 
 
ドアの廊下面の番号の位置が変わりました。第一診察室から1番となり全体で7番までになりました。

 
これは、受付の背面のデザインの検討、どの案になったと思いますか?C案です。わかる方にはわかるんですねえ。私はわからなかったです。うーん。不思議。
 
レイアウトの受付側から順番に骨組みをうつしてきました。
受付の背面の診察側への入り口は壁側に変更しました。この受付フロアの床面は下の写真のサンプルから黄色丸の方になりました。これもわかる人にはわかるらしいです。
 
 
 
待合の床と天井のデザインはこんな感じ、森の中にいるイメージを演出したいと思っています。

つづいて廊下に入っていきます。最初に出てくるのは右にトイレ、左が一般撮影室3番、
 

そして次がCT室4番
 

ここが、エコー室5番
 

次が心電図室6番と検査室
 

これが一番奥の内視鏡室7番
 
で、床面は、この配色に青丸が採用でした。
 
 
 
 床面は処置室側に青と水色の円を配置して水色の木もれ陽の雰囲気をだしつつ進行方向を意識するような雰囲気にしています。

いよいよできるんだなあって感じが伝わってきますね。患者さんも楽しみにしているので、素敵なクリニックになるようにみんなで頑張ります。見出しの写真は、夕方、日傘が見えて不思議な風景でした。
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気で長生き医療講演 in お... | トップ | 窓看板一部完成 肝臓クリニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水色の木もれ陽 肝臓クリニック札幌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。