肝臓病と共に生きる人たちを応援します

肝臓友の会との関わりで成長した肝臓専門医のブログです。2017.2.12より新規開始しました。

元気で長生き肝臓医療講演 全国編 終了分 仙台山形

2017年03月18日 | 医療講演
ウイルス肝炎患者支援全国キャンペーンってことで道外の企画を今後の予定(出来るんでないかなあを含め)を並べてみました。各方面の患者さん、地域の方々に助けてもらっています。この場を借りてお礼申し上げます。
必ず、肝炎対策基本法の内容充実、定期検査も含めた助成の更なる改善普及を実現させましょ-。絶対出来る。そう思う人が増えれば必ず出来るんですから。2017年2月15日作成 2017年2月21日ポスター更新 2017年2月26日山形県の会場が河北町に変更です。

問い合わせ先は書いていますが 講演の申し込みは不要です。留守番電話での対応となっているのもボランテアのため常駐する人はいないのでご理解いただければ幸いです。

参加表明いただける方よろしくお願いいたします。もちろん申し込みは不要です。

ウイルス性肝炎がどんどん治りつつある時代になっています、インターフェロンはつらい薬であることが多かったのですが、それを使わず、副作用の少ない飲み薬のみで治ったり、状態が改善していくそんな時代になっています。このため食欲が増えて脂肪肝や糖尿病になったりする人までではじめました。食事などの生活習慣の心がけがさらに重要となります。是非自分に合った方法を身につけていきましょう。そのためにも参考になる医療講演です。
肝線維化の治療や肝硬変が治った話、脂肪肝対策やせるコツなどの情報も入っていますから、どなたが聞いてもその日から効果があります、元気の出る講演会です。
日程や場所など変更する場合があるので直前に確認を忘れずにお願いします。講演の基本的な内容は2017年2月15日現在は以下の通りです。うたとギター付きです。会場により変わりますが、交流会を企画することもあります、是非ご参加下さい。
自分の地域で、講演を希望される方はコメントなどで連絡先を入れていただければ検討していきます。遠慮なくどうぞ。

医療講演
元気で長生きのコツ伝授します?
B型・C型ウイルス性肝炎は副作用少なく飲み薬治る時代
演者 肝がん検診団 団長
   愛育病院 肝臓内科
   肝臓クリニック札幌(2017年5月1日開業予定)院長 川西 輝明

体を作る食事の大切さ、ボケ防止、がんの予防のヒントになれば。
肝臓専門医が自分の体験とともに語ります。
原始人食ダイエットや野菜スープなどすぐ役立つ話が盛りだくさんです。

無料療養相談 無料DVD有り 過去の講演会のDVD(希望者先着順)
アーシング無料体験コーナー有り
問い合わせ 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008 講演会の申し込みは不要です
決定分


終了分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気で長生き医療講演&歌の集い in 宮城県仙台 3名参加相談2名
日時 2017年3月18日土 午後1時半から3時
場所 TKP仙台東口ビジネスセンター カンファレンスルーム3C
住所 宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30
電話 022-200-2608(場所確認用)
共催 インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会 肝がん検診団
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
元気で長生き医療講演&歌の集い in 山形県寒河江 2名参加 相談1名
日時 2017年3月19日日 午前10時から午前11時半まで
場所 河北町どんがホール サウンドスタジオ
住所 山形県西村山郡河北町谷地甲79
電話 0237-73-5280 (場所確認用)
問い合わせ(参加無料申し込み不要です) 肝がん検診団(留守番電話)011-350-1008
共催 インターネットで結ぶ肝臓患者と支援者の会 肝がん検診団
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
ポチッとして頂けたら幸いですにほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肝臓クリニック札幌内装壁板... | トップ | 元気で長生き医療講演 in 仙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。