指導者の練習日記

瑞穂シニアのスタッフが練習を通じて感じた事をなどを練習毎に更新

高校野球

2017年07月08日 06時08分57秒 | 日記
今年も甲子園を懸けた夏の地方大会が始まります。
甲子園大会も地方予選も日本の夏の風物詩であり、毎年いろいろなドラマがあります。

今年も都外の寮に入っている選手達から「◯番の背番号をもらいました!」と連絡が入りました。
中学生を指導している立場の人間にとっては教え子の成長、活躍は本当に嬉しいものです。

順風満帆に高校野球を送れた選手なんて1人もいないと思います。
一所懸命にやればやるほど悩み、たくさんの失敗から学んだからこその成長があり、厳しい練習を共に乗り越えてきたからこその絆があり、振り返ればその時のマイナスが成長の糧、宝になっていると思います。

全員がエースで4番でキャプテンな訳がありませんので、チームでの立ち位置は様々だと思いますが、大切なのはどこにいるかではなく、どのように生きているか?であると思います。
ベンチから声援を送ろうが、バット引きしようが、サードコーチャーをしようが、スタンドで声を枯らして応援しようが、今の自分が目の前のやるべき事に全力で取り組み、例え評価されないとしても自分自身で自分を認められる。そんな生き方をOBの高校3年生にはしてほしいです。

最後の代表決定戦で涙を飲んだ代
シニアの時に超えられなかったあと一つの壁をそれぞれが自分なりに超えてほしい。
人生の主人公として輝くOBにエールを送ります!



クレイジードッグスの活躍を願う!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サドンデス | トップ | 階段 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。