指導者の練習日記

瑞穂シニアのスタッフが練習を通じて感じた事をなどを練習毎に更新

不動心

2016年10月17日 19時11分08秒 | 日記
10月16日(日)
ミズノ杯秋季関東大会2回戦が静岡の愛鷹球場で行われました。
対戦相手は夏の富士山カップなどでお世話になっている友好チームの静岡裾野シニアさん。
全国優勝の経験もある関東を代表する強豪チームであります。

初回のピンチを切り抜け、先制し、逆転し、一時は4ー2というゲーム展開でしたが、中盤につかまり5失点。
4ー8で敗れました。

『勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし』の言葉通り、敗戦の原因は明らかであります。

いつも通りやる。
練習通りにやる。
当たり前を当たり前にやる。
簡単な事のようでこれが難しい。
関東大会、立派な球場、強豪チームという外からの影響によって内が変わってしまう。
どんな状況でも動じない心。
『不動心』
課題は外ではなく内にあることを痛感した関東大会でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野球留学 | トップ | 稽古とは一より習い十を知り ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。