二小にこにこ日記

瑞穂第二小学校ブログ
~日々の学校の様子をお伝えします~
※企業のお知らせは,本校とは関係ありません。

今日の二小【11月30日】

2016-11-30 17:14:06 | 校長日記

<<<健康タイムマラソンタイム>>>

今日も青空の下、音楽に合わせてマラソンをしていました。



<低学年の子も、一生懸命走っていました。>

<かなり速く走れるようになった人も多くいます。>

<たくさんの人が走っていました。>

【1年生】国語

漢字のドリルに取組んでいました。
グループで向かい合っていましたが、静かに集中して書いていました。
たくさんの漢字を勉強するようになりました。
どんどん練習して、忘れないようにしましょう。

<とても集中していました。>

<上手く書けたかな?>

<この班の人も集中していました。>

<展覧会の鑑賞した感想が貼られていました。>

<みんなとても詳しく作品を見ていることがわかります。「ロケットをつくりたい」という感想がかいてありました。>

<6年生の明るいランプがすごかった、という感想や思いが書かれてありました。>

【1年生】音楽

トライアングルや鈴を鳴らす練習をしていました。
先生がトライアングルの鳴らし方のお手本を見せてくれました。
細かなリズムや、響きのある音など色々な音色を奏でてくれました。
みんなも挑戦しました。

<先生がトライアングルの叩き方のお手本を見せてくれました。>

<実際にやってみました。思うような音にはなりませんでした。>

<友達と仲良く順番に鳴らしました。>

<一生懸命に叩いていい音を出そうとしていました。>

<二人で挑戦している人もいました。>

<先生やサポーターさんにお手伝いしてもらっていました。>

【2年生】算数

九の段の練習をしていました。
最後は、全部の段の九九を全員で発表していました。
大きな声で、元気よく発表できました。

<問題に取組んで、出来た人はサポーターの先生に見てもらいました。>

 <友達と答え合わせをしている人もいました。>

<大きな声で九九を2の段から唱えていました。> 

<どの子も大きな声ではっきりと発表していました。>

<後ろには、自主学習で書いてきた日記が張られていました。>

【3年生】道徳

「公徳心、規則の尊重」の学習でした。
「黄色いかさ」というお話です。
「黄色いかさ」は駅の置き傘を借りた主人公が、後で返せばいいとそのままにしてしまう。
しばらくした雨の日に、傘を借りられず、おばあさんが困っている様子を見て、主人公が雨の中傘をとりに帰るというお話です。
話しまとめる際に、グループで話し合っていました。
主人公の行動について、「早く返せばよかった。」「おばあちゃんがかぜひいちょうよ」など色々な意見を出していました。
みんなで使うものを今後、どんなふうに使うか。
一人一人考えを深めていました。

<おばあさんがかさが1本もないと行った時、早く返せばよかった、僕のせいだという意見が出されていました。>

<みんなで主人公の行動から何を学んだか、意見を出し合っていました。>

<班でまとめている人の様子を確認していました。>

 

<心のノートにいろいろな気持ちを書いていました。>

<詳しく主人公の気持ちを感じ取っていました。>

<おばあさんの立場になって考えていて、優しい気持ちが伝わってきます。>

 

 

 

 

【4年生】算数

小数のまとめの問題でした。
1問目は、1本1.5Lのジュースが3本あります。
全部で何Lになりますか。という課題でした。
2問目は、同じ重さの板が6枚あります。全部で5.1kgの時、1枚の重さは何kgですか。
という課題でした。
1問目は同じものがいくつもあるので、かけ算になりますね。
2問目は同じ重さの板の合計がわかっていて、1つ分をだすので、わり算になります。
どのような式をたてるかは、
まず、
①文章から読み取り大体の答えを予想する。
②絵に描いてみる。
③図に描いてみる。
④表にして考える。
⑤数直線や、面積図にする。
などの手順や方法があります。
さらに、その式になる理由を説明できるようになるといいですね。
たくさんの方法を自分なりの考え方、やり方で考えることが考える力をつけます。
自分なりに得意な方法を見つけられるとと良いと思います。
黒板に子供が考えた方法を自分で書いてあって、一人一人の考えの違いがわかりますね。
どの考えが便利かも確かめて行くとさらによく分かりますね。

<昨日学習した余りのでるわり算とは違うことに気が付いていました。>

<先生がとてもよいところに気付いたことを褒めていました。>

<わり算の場合は、割り進む場合と余りを出す場合に分かれます。>

<今回の2問目は、同じものが6こあって、1個分の重さをだすので、わり算の問題ですね。>

<となりのクラスも同じ問題でした。>

<問題を解くために、絵や文章や表で解いていました。>

<等分除の場合は、基本的には、割り進むことが必要です。商が整数になるという場合は、小数第1位で四捨五入するというポイントがまとめられていました。>

<このクラスは、さらに、たくさんの問題を解いていました。>

<計算式を出すのに、表を使っている場面が多いようでした。>

【5年生】国語

「百年後のふるさとを守る」
意味調べをした後に、本文を読んで心に残ったことを書く所でした。
内容の難しい話なので、わからない言葉もたくさんありました。
辞書をもとに、たくさんの意味もしらべていました。

<辞書と仲良しになって、難しい言葉をどんどん調べる習慣がつくといいですね。>

 <だんだん辞書引きのスピードも早くなります。>

<ワークシートに心に残ったことを書くところでした。>

【5年生】社会科

「日本の貿易がどのように行われているか」
について調べました。
外国から商品を買い入れる輸入について考えました。
衣服も輸入が多いということから、自分たちの着ているものが、どの国のものか調べていました。

<どこにMADE IN 〇〇、〇〇製などがタグに書いてありました。>

<これは中国製でした。>

<これも中国製でした。>

<マレーシア製もありました。>

<なぜ、衣服が外国で作られ、日本が買っているのかを考えることが大切ですね。>

<石油、液化ガス、機械類、なども輸入が多いことを調べました。>

<輸出しているものについても調べました。>

 

  【6年生】理科

月の動きと見え方について学んでいました。
実際の月や地球を遠くから見るわけに行かないので、模型を作って工夫していました。
小さな球に半分色が塗ってあり、見方によって、三日月や、半月に見えます。
実際には、地球、月、太陽の位置によって、見え方が違ってきます。
その様子を黒板に示してありました。

<太陽と地球、月の位置関係について確認していました。>

<月の見え方を例示していました。少し小さいので、見えませんが、グループに2つずつ用意されてありました。>

<月と月の見え方のわかる、小さな半球型の模型がありました。みんな手にもって見え方を調べていました。>

<6年生の廊下には、宮沢賢治の新聞がありました。>

<とても良く調べてあって、感想も素敵な感想がたくさんありました。>

<宮沢賢治は、いつもみんなのことを考えていたことがわかった。僕もそういう人になりたい。という感想もありました。>

【6年生】国語

「卒業文集」
卒業アルバムに載せる、作文を書いていました。
編集がしやすいように、パソコンで書いていました。
先生が読んで、手直しをするのに、パソコンの方が便利です。
実際には、最後に、清書を子供たち一人一人手書きで書くそうです。
一生残る作文です。一生懸命に考えていました。

<手書きでメモしながら書いている人もいました。>

<原稿用紙に順調に書き込んで在りました。>