二小にこにこ日記

瑞穂第二小学校ブログ
~日々の学校の様子をお伝えします~
※企業のお知らせは,本校とは関係ありません。

離任式【4月21日】②

2017-04-21 23:59:37 | 校長日記

<<離任式>>

今日は、二小を去られた先生とのお別れの式、離任式がありました。
5人の先生と司書の先生、用務員さんが、今年二小を去りました。
代表の児童がお別れの言葉を発表してくれました。
花束を渡す人、お別れの手紙を渡す人、そして児童代表の送る言葉を話す児童。
3人の児童が去られた先生に児童を代表して思いを伝えていました。
先生の話が始まる前から、目に涙を浮べている人がいました。
体育館を去るときには、別れを惜しむ人の声や、握手をする子、目に涙を浮かべる子、別れを悲しんで号泣している子も沢山いました。二小の子の優しい心が体育館にあふれた素敵な離任式でした。

先生への思いを伝えました。二小からいなくなったことを知って、とても、おどろいたこと、寂しかったことを伝えていました。

花束を先生に渡しました。とても寂しそうでした。

二小の子のすべての学年の子に向けて話をしました。
去年教えた5年生には、特に、高学年としてがんがってほしいと話しました。

6年生の代表が音楽でお世話になった先生の話をしました。
音楽が大好きになったことを話していました。

二小の子と音楽を通して思い出を語りました。

音楽の先生が、最後に全校の児童といっしょにリズムカノンを行いました。
どの学年の子も上手に、先生のお手本の通りに手を叩いていました。

児童代表は、理科の勉強を教えてもらった児童からのことばでした。

元6年生の担任先生の挨拶でした。
他の学校に行って、この二小の良さに改めて気づかされたことを話していました。
自然に恵まれた二小の良さについて話していました。

みんな、どの先生の話にも静かに耳を傾けていました。

4年生の時、2学期間お世話になった先生にお礼の言葉を話しました。
とても優しく声かけてくれたことについて話しました。

お世話になった先生に花束を渡しました。

今の5年生の子供たちの優しさについて、話しました。

今日、参加できなかった先生の変わりに私が児童代表の言葉を聞き、お手紙を受け取りました。

福岡県に行ってしまった先生から、みんなへの手紙が届いていました。
私が代読しました。手紙の内容は、それぞれの学年の子への思いが書かれてありました。
最後に、今の4年生への思いが綴られていました。
昨年、3年生の担任として、奮闘し、頑張っていた先生のことを思い出し、私も思わず感極まってしまいました。
それほど、40人の子供たちに力を注ぎ、毎日、たくさんのノートにペンを入れ、奮闘していた先生でした。
算数チャンピョンや漢字検定でも、子供たちに力をつけさせるために頑張っていました。
長縄では、40人の様々な子供がいる中で、一番元気に応援する声をかけていました。
最後には、3分で200回の記録を立てました。
どの子も、担任の先生を慕っていました。
本当に素晴らしい若者でした。
今は、福岡で6年生の担任として、奮闘しているそうです。
きっと、素敵な、子供たちを育んでいることと思います。

用務員さんへの言葉を話してくれました。
学校を綺麗にしてくれたことへの感謝の言葉でした。

図書の司書の先生への送る言葉を聞きました。
読み聞かせが大好きだったと言っていました。

最後にみんなで二小の校歌を歌いました。

みんなも、去られる先生への気持ちを込めて、大きな声で歌ってくれました。

この後、学年の子供たちの列の間を去られる先生たちがゆっくりと退場しました。
たくさんの子供たちが名残惜しそうに握手をしたり、タッチをしたりしていました。
大粒の涙を流し、号泣している子も沢山沢山いました。
体育館を出た後も、それぞれの先生に別れを惜しむ子供たちが先生を囲んでいました。
前4年生の担任の先生2人は、5年生の教室に行くと多くの子供たちが別れを惜しんでいました。
2,3年生の子も音楽の先生との別れを惜しんで、泣いている子も沢山いました。
音楽の先生に「3年間おせわになりました。」と丁寧にあいさつに来る子もいました。
いつまでも、別れを惜しんで、先生たちを訪ねてくる、中学生もいました。
二小の先生の素晴らしさと子供たちの素直さ、優しさを実感した一日でした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 今日の二小【4月21日】①1,2年... | トップ | 今日の二小【4月24日】 »
最近の画像もっと見る