二小にこにこ日記

瑞穂第二小学校ブログ
~日々の学校の様子をお伝えします~
※企業のお知らせは,本校とは関係ありません。

今日の二小【5月17日】③

2017-05-17 21:19:35 | 校長日記

【4年生】国語

「大きな力をだす」
単元の目標は、「興味をもったことと、それについて考えたことを発表しよう」です。今日のめあては、「大きな力を出す。を読んで、文章の組み立てや段落どうしの関係を読み取ろう」という内容でした。

話題は、「大きな力を出すこと」でした。

「はじめ、中、終わり」の文章構成について、読み取りました。はじめは、「筆者の考え」が書かれている、とまとめていました。

中は、「スポーツ選手が大きな声をだすことがある」という内容でした。事実や考えの裏づけになる内容です。

終わりの段落について、もう一度、本文を読んで読み取っていました。

読み取ったことが分かった人は手を挙げました。

考えた内容を深めるために、隣りの人に自分の考えを伝えていました。

2人で自分の考えを伝え合っていました。

考えがまとまった人が発表していました。
最後のまとめは、やはり筆者の考えで終っていることを確認しました。

窓際には、パックに植えられたゴーヤが伸びていました。
総合の学習で、畑に植える予定です。
毎年、夏休みには大きなゴーヤがたくさん実ります。
早く、畑に植えられるといいですね。

 

【5年生】

 授業の合間に、組体操の順番や、技が書かれた進行表を確認していました。組体操で流れる音楽が教室に流れていました。音楽には、先生の声で技の合図が録音されていました。どのタイミングで動くか、どの場所でどんな技をやるか、頭の中で確認しているようでした。 

音楽と図の技を比べて確認していました。

組体操の進行表をよく見ながら、音楽を聴いていました。

【5年生】理科

理科の実験の準備をしていました。すでに、用意を終えていました。
教室の後方には、発芽の実験の用具がグループごとにまとめられていました。 

実験の用意がスタンバイされていました。

 【6年生】算数

帯分数のかけ算を学びました。小学校では、量を明確にするために、帯分数を重視しますが、中学校以後は、ほとんど仮分数しか使いません。帯分数のかけ算は、仮分数にして計算することを学びました。計算の際には、やはり、約分することが大切ですね。 

帯分数のかけ算では、かける数が1より大きい数なので、もとの数より大きくなります。真分数のような、1より小さい分数をかけるともとの数より小さくなります。数直線で、視覚化して大小関係を確認していました。

となりのクラスも全く同じ内容でした。同じように数直線で大きさの確認をしていました。

進みが速く、問題をたくさん行っていました。

出来た人は、先生に〇付けをしてもらいました。

教室には、綺麗に書かれたノートのコピーが掲示されていました。

算数のノートには、ふり返りも書かれてありました。約分なども、とても分かりやすく美しいノートでした。

隣りのクラスも内容は同じでした。

1mで10gの針金の重さを求める問題です。
1mより大きい分数(帯分数)の場合、小さい分数(真分数)の場合、1mの時では、もとの10gと比べてどのように重さが違うか予想を立てていました。

1より小さい時は、もとの数より小さくなりました。

最後に、帯分数の場合は、仮分数に直すこと、途中で約分をすることを確認していました。

社会の歴史新聞、縄文新聞が掲示されていました。

自分なりの感想を社説としてまとめた新聞でした。

運動会に向けて、頑張っている組体操のめあてが廊下に掲示してありました。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 今日の二小【5月17日】① | トップ | 今日の二小【5月17日】②瑞穂... »
最近の画像もっと見る