「島津亜矢」に魅せられて

大ファンの島津亜矢さんのことを中心に、日頃思うことなどを

トラック2題

2016-10-18 17:21:29 | 躍動
トラックの話題を荷台、いや2台、でもなく、2題です。
(結局は2台やけど)

まずその1。
先日の岐阜コンの帰り、名神高速で初めて「亜矢トラック」に遭遇しました。
全くの突然に出会ったのではなく岐阜コンの帰りで、先ほど出待ちの際も
横にいたのでインパクトとしてはそれほどでもなかったけれど、つい
「あッ、亜矢トラックや!」と声に出てしまいました。なんか嬉しいもの
ですね。 (^^♪

ドライバーのS村さんは安全運転です。
誰だかわかんないだろうなーと思いながらも追い越しざまクラクションを
2度ほど鳴らしてお先に失礼してきました。

これまで結構あちこち走りましたが、走行中に亜矢トラックに出くわした
のは初めてでした。結構興奮しますね。 (*^。^*)

以前金沢のコンサートに向かう途中だったか北陸道の南条SAに止まって
いるのを見かけたことはありましたけど。

大事なコンサート用具一式を積み込んで西へ東へ、そして北から南へと
本当にご苦労様です。
これからもどうか安全に留意し、無事故で、全国の亜矢ちゃんファンの夢を
かなえ、届ける裏方よろしくお願いいたします。 m(_ _)m


もう一つは我らがS村さんとは正反対の、怒れるドライバーの話です。
今日、今度は仕事で(ここ強調)岐阜まで行った帰りのまたまた名神高速を
走行中でのこと。
大型トラックの後ろを走っていると、なんとその運転手、中央分離帯に
向かって空き缶をポイッ。
「ゴラァー! なにすんねん!」

跳ね返って車線の方に戻ってこなかったので難を免れましたが、あれが
もしこちらに向かって飛んできてフロントガラスにでも直撃していたらと
思うとぞっとしました。

車のナンバーの写真を撮ってFBにでも投稿してやろうかとも思ったの
ですが、こちらも勿論運転中の事、こんなことでもし事故にでもなったら
泣くに泣けんわいと諦めました。

新車と思しき綺麗な車でしたが、いくら車が立派でも運転している人が
これではねえ。
腹立ちまぎれにもっと言えば、この程度のドライバーを雇っているようでは
その運送会社もたかが知れたもの、将来性はないかもね。
どうか他車を巻き込んでの重大事故などひき起こさぬよう祈るのみです。

(などと悪態つきつつ、本日はおしまい)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜コン | トップ | ハイビーム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
復帰御祝い (帖佐太郎)
2016-10-22 00:05:28
みずは様、こんばんは!

お久し振りでございます。文章読んでいますと、あ~みずは節が復活されている!と感慨深いです(大袈裟ですが)。
私、最近宗旨替して、演歌桜・亜矢桜掲示板への投稿少なくなって来ました。
でも出戻り輩にも寛容であること期待してたまに投稿しようかなと思います。
ブログでよくチェックさせてもらってるのは 、みずは様のものと亜矢藤さんのものです。ですからこれからも洒脱なセンスある記事続けて下さいませ。
お恥ずかしい (みづは)
2016-10-22 18:04:27
帖佐太郎様、こんばんは。

コメントありがとうございます。
「みづは節」とは嬉しいような面映いような。
いやあ、あまり深く考えもせず書きなぐり、お恥ずかしい限りです。
なんとか帖佐太郎様にそっぽ向かれないように頑張ります。 (^^♪

演歌桜もよろしくお願いいたします。 m(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。