「島津亜矢」に魅せられて

大ファンの島津亜矢さんのことを中心に、日頃思うことなどを

とんちんかん

2017-07-23 23:19:04 | 躍動
的外れだらけでした。

とんちんかんな書き込みでしたね。 (^-^;


今夜の「新BS日本のうた」

「蒼い瓦斯灯」はかすりもせず、

「江戸へ一刷毛あかね雲」はやっぱりというか

予想通りというか亜矢ちゃんの歌唱ではなく、

抜いたススキもどこかに投げ捨てられ。 (+_+)

大江君もよかったけれど、でもやっぱりねえ、

「大利根無情」は亜矢ちゃんの歌で聞きたいなあ。


ついでと言っては何ですが、せめて、せめて、

富山でのオープニング曲は亜矢ちゃんの

持ち歌である「八尾恋歌」を歌わせて

ほしかったなあ。

ひょうたん様を思い出してしまうけど・・。


まあ欲を言ったらきりがない。

先週と今週の2週にわたる亜矢ちゃん特集、

「竹」も「お蔦」も「無法松の一生」も

見応え聞き応えありましたねえ。

満足せねば。

「新BS日本のうた」さん、ありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | スモモ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (帖佐太郎)
2017-07-25 23:27:21
みずは様、
しばらくぶりです。
この都度は奥様のこと非常に残念でした。遅まきながらご冥福を祈っております。ここ半年ほど、何かしらの事情が生じているとは思っていましたが、このようなことだったとは存じ上げず、今になってみるとその期間みずは様の心のご負担になるような書き込みをしたのではないのかと気に病んでおりました。
しかし、最近のブログ再開された文面から、徐々にでも前向きな気持ちでいらっしゃる様子が感じられ安堵と共に嬉しく思っております。これからも時々、みずは節(武士)炸裂を期待しております。
これからもよろしくお願いいたします。
有難うございます (みづは)
2017-07-25 23:59:12
帖佐太郎様、こちらこそご無沙汰しております。
お悔やみのお言葉ありがとうございます。
まさかまさかの1年余りの闘病生活ののち
今年の4月にとうとう帰らぬ人となってしまいました。
残念なことですがこれも運命、致し方ないことです。

亡くなった当初はかなりショックも大きく、とても
ブログどころの気分ではなかったのですが、
3ヶ月が過ぎ、ようやく少し気分も落ち着いて
きました。一時はどうなることかと思いましたが
結構時間が解決していってくれるんですね。
そのことに驚くとともに感謝です。

帖佐様の書き込みにもまともな返事ができ
なかったこと今更ながらお詫びいたします。
「心の負担」だなんてとんでもありません。
感謝しておりましたがとにかく精神状態が
イマイチでしたのでその分どうかご勘案頂き、
お許しいただきたいと思います。

これからもまた少しずつこれまでの遅れを
取り戻していきたいと思っていますので
どうかよろしくお願いいたします。

温かいコメントありがとうございました。

コメントを投稿

躍動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。