偉大な水の物語 + カロリーの世界+ 寄り道

果てしない宇宙から生命体まで水がどのように関わっているのかの物語です。+カロリーの世界+日常の寄り道について触れます。

偉大な水の物語 No.268宇宙編 星座235+カロリーの世界138

2017-05-14 13:05:40 | 宇宙科学
Q.重たい原子がなければ恒星は誕生しませんか?

おとぼけの水 :
重たい原子とか軽い原子とかは誰が計るのでしょう。
とても大きな道具が必要ですね。


次回は、物知りの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 (イソチオシアネート)はガン細胞をアポトーシスと言いますが、
これは細胞死、ガン細胞だけを細胞死を起こさせでやっつけてしまうと
言う作用も最近注目されています。 


〈寄り道154〉
 明治38年スタディー;夏目漱石、慶応3年江戸・牛込生で大正5年没。
 大学卒業後松山中学、五高教師を経て渡英しました。明治36年帰国後、
一高、東大講師となりました。この年に〈吾輩は猫である〉〈坊っちゃん〉
を「ホトトギス」に発表してして文名を上げ、
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉大な水の物語 No.267宇宙... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。