偉大な水の物語 + カロリーの世界+ 寄り道

果てしない宇宙から生命体まで水がどのように関わっているのかの物語です。+カロリーの世界+日常の寄り道について触れます。

偉大な水の物語 No.276宇宙編 星座243+カロリーの世界146

2017-09-03 09:25:04 | 宇宙科学
物知りの水:
ごく低温の巨大ガス雲(分子雲)を形成しておりこれを母体
 として銀河系内の恒星が生み出される事が分かったらしいです。
 現在50数種類の分子が見つかっているらしいですが主なものとして・・・



 次回は、物知りの水の続きを掲載します。


 
 カロリーの世界 
 1番多くした研究は解毒力、人間の肝臓から取った細胞にある発がん
 物質を与えると、するとこれを(肝臓の細胞が)解毒して無毒の物質
 に変える。その時に例えばワサビの成分を入れておくと・・・


 
 〈寄り道162〉
 明治40年・白米:10kg(7.14升)が朝日1円56銭、農政1円09銭でした。
 そばが3銭です。大工の手間賃1円。鉛 筆(1本)2厘。家 賃2円80銭
 でした(明治25年38銭で、32年に75銭でした)。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉大な水の物語 No.275宇宙... | トップ | 偉大な水の物語 No.277宇宙... »

コメントを投稿

宇宙科学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。