偉大な水の物語 + カロリーの世界+ 寄り道

果てしない宇宙から生命体まで水がどのように関わっているのかの物語です。+カロリーの世界+日常の寄り道について触れます。

偉大な水の物語 No.259宇宙編 星座226+カロリーの世界129

2017-01-15 08:55:31 | 宇宙科学
参考の水:赤色巨星の時代を過ごした後、軽い星は白色わい星に
なりますが、重い星は中性子星やブラックホールになるものもある
らしいです。
 
 次回も参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 当時(1990年)の日本人の食生活は食塩摂取を除いて理想的ではないか、
 それはやはり野菜や果物、穀類を非常に多く摂っている。
 これが理想的ではないかと言う捉え方が有りました。


〈寄り道145〉
 明治37年・日韓議定書(2月日露開戦の半月後に、日本と韓国〈大韓帝国〉
 の間に調印され た協約。・第1次日韓協約(明治時代に3次にわたる日本
 と韓国〈大韓帝国〉の協約で、第1次はこの年の8月に締結。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.258宇宙編 星座225+カロリーの世界128

2017-01-01 13:22:18 | 宇宙科学
 明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします

参考の水 :
 直径が太陽の数分の1から10倍程度の主系列星、数十倍から
数百倍以上もある明るい巨星や超巨星、そして逆に100分の1程度
しかない暗い白色わい星などがあります。 

 
 次回も参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 1990年アメリカではガンの死亡率が年を追うごとに増え続け大きな
社会問題になっていました。そこでアメリカ国立ガン研究所が中心と
なり2千万ドルもの予算を投じてアメリカ人の食生活を見直し食による
ガン予防を目指すという国家プロジェクトがスタートしたのです。
  



〈寄り道144〉
明治37年・兵器・弾薬・兵士等の補給が限界に達しました。
又、約17億円の軍事費の内約13億円を内外の国債に依存し
[外債約7億円・内債約6億円]、国内の増税でまかなわれたのは
3億円2千万円弱でありましたが、これも国民負担の限度に近かった様です)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.257宇宙編 星座224+カロリーの世界127

2016-12-18 09:28:01 | 宇宙科学
参考の水 :
 このような天体を除けば天球上に輝く星は、太陽のように自らの
原子エネルギーを使って光っています。このような天体を恒星と呼びます。
恒星を進化の過程から分類します・・・ 

 
  次回も参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 だからそれを基にアメリカ人の食生活をもう一度見直してガンを
 中心とする病気の予防研究が必要で有ると言う事でスタートしたのです。
  



〈寄り道144〉
明治37年・白米:10kgが農政88銭で、そばが2銭0厘でした。
 総理は桂太郎(長州閥)。日露戦争(機関銃や速射砲の様な新兵器の
 登場によって、本格的な近代戦・物量戦となった為・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.256宇宙編 星座223+カロリーの世界126

2016-12-04 09:26:40 | 宇宙科学
参考の水 :
 天球上では金星や火星のような惑星や、月のように
惑星の周りを回る衛星は、太陽の光を反射して光っていますが、・・
 
 
 次回は参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 アメリカでは宗教的な理由で菜食主義者の方が沢山います。
 彼らの食生活を見てみますと一般的なガンが半分から3分の1で
 あると言われています。



〈寄り道143〉
明治36年「万朝報」の黒岩涙香や「国民新聞」徳富蘇峰が主戦論を
 盛り上げました。開戦(日露戦争)後には、与謝野晶子が、“君死に
 たまふこと勿れ”とうたう反戦詩を発表しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.255宇宙編 星座222+カロリーの世界125

2016-11-19 12:08:50 | 宇宙科学
物知りの水 :
これが恒星という名の起こりです。恒星は空間中を動きますが、
距離は非常に遠いので、天球上に固定しているように見えるだけ
らしいです。


 次回は参考の水を掲載します。


カロリーの世界 
セージ(シソ科の多年草)、ジャガイモ、大麦、ベリー(イチゴ、
 多肉質の小果類の総称)主にハーブ類が多く分類されています。



〈寄り道142〉
明治36年に結成された対露同志会や戸水寛人ら東京帝国大学等の七博士
 は強硬な主戦論を唱え「万朝報」の黒岩涙香や・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加