偉大な水の物語 + カロリーの世界+ 寄り道

果てしない宇宙から生命体まで水がどのように関わっているのかの物語です。+カロリーの世界+日常の寄り道について触れます。

偉大な水の物語 No.268宇宙編 星座235+カロリーの世界138

2017-05-14 13:05:40 | 宇宙科学
Q.重たい原子がなければ恒星は誕生しませんか?

おとぼけの水 :
重たい原子とか軽い原子とかは誰が計るのでしょう。
とても大きな道具が必要ですね。


次回は、物知りの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 (イソチオシアネート)はガン細胞をアポトーシスと言いますが、
これは細胞死、ガン細胞だけを細胞死を起こさせでやっつけてしまうと
言う作用も最近注目されています。 


〈寄り道154〉
 明治38年スタディー;夏目漱石、慶応3年江戸・牛込生で大正5年没。
 大学卒業後松山中学、五高教師を経て渡英しました。明治36年帰国後、
一高、東大講師となりました。この年に〈吾輩は猫である〉〈坊っちゃん〉
を「ホトトギス」に発表してして文名を上げ、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.267宇宙編 星座234+カロリーの世界137

2017-04-30 11:59:12 | 宇宙科学
参考の水 :
三裂星雲とは、形は円形に近く比較的小さいものを言うらしいです。
恒星が誕生する前の重量収縮が始まろうとしている段階にあるものと
考えられ(恒星の胞子)と呼ばれる事もあるらしいです。


 次回は、Qおとぼけの水を掲載します。


 カロリーの世界 
 中でも注目されるのがイソチオシアネートと言う物質です。
 イソチオシアネートとは?アブラナ科の野菜に含まれる辛みの
 基となる成分。実は今、このイソチオシアネートが持つガン予防
 の効果が世界中の研究者に注目されています。

 

〈寄り道153〉
 明治38年スタディー;夏目漱石、慶応3年江戸・牛込生で大正5年没。
 本名は金之助。東大英文科卒。英文学者。少年時代は漢詩文に親しみ、
 大学予備門で正岡子規を知って俳句を学びました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.266宇宙編 星座233+カロリーの世界136

2017-04-23 12:48:08 | 宇宙科学
参考の水 :
三裂星雲とは、地球からの距離は3,300光年あります。
グロビュールとは、暗黒星雲の一種で、低い温度の宇宙塵が集まって
恒星や散光星雲の光を遮っている部分で、



 次回は、参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 ニンニクに次いで今世界中で注目されている身近な食材はキャベツ
ですが、ガン予防効果も期待出来るそうです。
昔からキャベツはビタミンUを始めとして様々な物質が有ると言われて
きています。

 

〈寄り道152〉
 明治38年・スタディー;上田敏、「明星」でも活躍しました。
 この年刊行の訳文集〈海潮音〉は日本象徴詩運動の先駆をなしました。
 他に翻訳詩集〈最近海外文学〉〈牧羊神〉〈詩聖ダンテ〉〈上田敏詩集〉
 小説〈うづまき〉が有ります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.265宇宙編 星座232+カロリーの世界135

2017-04-09 09:13:22 | 宇宙科学
参考の水 :
三裂星雲とは、いて座にある散光星雲で代表的なものとしては
N20,NGC6514など。手前にある星間塵の為に三つに裂けた様に
見えるのでこの名がついたらしいです。



 次回は、参考の水の続きを掲載します。


 カロリーの世界 
 それが1990年に出来たが、その後10年後の2,000(平成12)年には
 ガンの死亡率が下がり始めました。ですから国を挙げて啓蒙する結果
 としてガン死亡率が下がると言う素晴らしいプロジェクトなのです。

 

〈寄り道151〉
 明治38年・スタディー;上田敏、評論家、翻訳家、詩人。初期の号は柳村。
 明治7年東京築地生で大正5年没。東大英文科卒。京大教授。
 東大在学中に「帝国文学」創刊に参加、誌上で海外文学を紹介し、
 以後〈文芸論集〉等評論集、訳文集を次々に刊行。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偉大な水の物語 No.264宇宙編 星座231+カロリーの世界134

2017-03-26 09:19:46 | 宇宙科学
物知りの水 :
いて座の三裂星雲には、グロビュール、つまり小球と呼ばれる黒点が
あるらしいですが、これこそまさに生まれようとしている状態ではと
思われています。



 
 次回は、参考の水を掲載します。


 
 カロリーの世界 
 植物のフィトケミカルの中にガンの予防のヒントがないかと言う事で
 もの凄いプロジェクト作ったのです。最初は植物性食品に依るガン予防
 計画と言う名前だったが、それが1990年に出来たが、
 



〈寄り道150〉
 明治38年・時代をに彩りを添えた文学作品として、上田敏;翻訳詩歌で
〈海潮音〉。夏目漱石作;〈吾輩は猫である〉。
 スタディー;上田敏、評論家、翻訳家、詩人。初期の号は柳村。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加