豆助の~越しの國から

取り留めのない日常に思いをのせて。

good luck 新潟

2017-06-17 11:56:58 | 日記
大阪と新潟の2回だけ陽水さんに会える今回のツアーの新潟です。席は1列と表示のある実際は4列目、陽水さんを右から見ました。ジャケットは前が紫色、後ろは黒色やわらか生地ぽいデニムに黒靴、髪は後ろに流し良い感じお元気そうでなによりです。ジャケット脱ぐとカラシ色のシャツ、ボタンは上2つ開けて、4つ留めて1番下は開けて。表情や仕草、身のこなし、佇まいのあまりの格好良さに意識が遠のきました。カッコイイんだ、何しても!こんな胸元開けてる男は嫌いなはずなんだけどなぁ
1つ1つ思う事沢山有りました。選曲が大阪フェスと違い、嬉しいし、新潟では、言葉を大事に発した聞こえに感じました。自然に飾られて.ワインレッド.背中まで.ペリカン.結詞 どれもみんな素敵で、私は幸せでしたね。大阪の 傘がない 新潟の 夏の終わり 2つ聴けてこの上ない幸福感です。最後のご挨拶に、鳴り止まない拍手に、陽水さんは「去りがたい」と仰った気がします。
私は胸がいっぱいで拍手しか出来ないけど、感謝です。
かんかん照り、just fit なんて この世人では無い格好良さでした。 素敵です。大好きです。また会いたいです。陽水さん ありがとうございました。ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜と錯覚の朝 | トップ | ブラタモリと陽水さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL