自死遺族とうきょう自助グループ みずべの集い
大切な人を自死で亡くされた方へ。
私たちは自死遺族だけで、わかちあいの会を運営しています。
 



「冬空暮色」



「真珠の入っている貝殻の内側みたいな色の、夕日に照らされた雲。
最近よく見てます。きれいっスね」

―日記の最後のページにそう書き残して、冬の日に旅立った若者がいました。

今日、私が見ている夕焼けは、
我が子が二度と目にすることのない空。

ごめんね。
お母さんは今日も生きているよ。
一日ずつ生きているよ。
あなたのいない世界で生きているよ。

生き続けることが亡き子への償いだと思っています。
だから、来年も生き続けます。




 心の風景◎バックナンバー

(1)渚の子守歌

(2)蒼い夕べ

(3)凪の海へ

(4)夕空見あげて

(5)夕暮れ埠頭

(6)秋の純情

(7)野に咲く花

(8)秋の夕暮れに

(9)いにしえの祈り

(10)家路

(11)川のほとりで




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ  自死遺族へ
にほんブログ村


「トップへ戻る」




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 12月のわかち... ネガティブ感情 »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。