自死遺族とうきょう自助グループ みずべの集い
大切な人を自死で亡くされた方へ。
私たちは自死遺族だけで、わかちあいの会を運営しています。
 



「初夏の夕べ」




初夏の夕方―
昼間の暑さもやわらいで、
涼しい風が吹いています。
そよぐ風を「ああ、気持ちいい」と
感じられるようになったのは
いつからでしょうか。

悲しみと恐怖に心が凍りつき、
季節の移ろいにも気づかなかった日々。
神経は薄いガラスのように張りつめて、
微かな風にも涙がこぼれました。

明日はまた寂しさに涙し、
むなしさに思い悩むことでしょう。

それでも、
だからこそ、
今日の静かで穏やかなひとときを
しみじみと味わっています。




 心の風景◎バックナンバー
(1)渚の子守歌    (2)蒼い夕べ   (3)凪の海へ     (4)夕空見あげて    (5)夕暮れ埠頭
(6)秋の純情     (7)野に咲く花  (8)秋の夕暮れに   (9)いにしえの祈り   (10)家路
(11)川のほとりで   (12)冬空暮色   (13)星月夜      (14)冬晴れ       (15)早春
(16)さまよう日々   (17)菜の花    (18)桜色        (19)春の小道     (20)四月の渦巻き
(21)青麦の頃     (22)落日に寄せて (23)麦秋の便り



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ  自死遺族へ
にほんブログ村


「トップへ戻る」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 7月の夕食会 第100回わかち... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。