ASAKA通信

ノンジャンル。2006年6月6日スタート。

「……, play what’s not there.」

2017-04-05 | Weblog

              https://www.youtube.com/watch?v=kbxtYqA6ypM


「Call&Response」──
個(単眼)の経験のモードの変化と転位をつくる個と個の相互作用。

相互的な視覚のかさなり、関係記述、多重記述から生成し、
その連続的展開において生きられる〝世界の奥行き〟(両眼視覚)。

「Call&Response」の連続的展開から生成変化する「経験相」(両眼視覚)は、
個(単眼)では実現できず、個(単眼)で支えつづけることもできない。

第三の経験相として生成する「両眼視覚」は、
世界経験の基底として生涯にわたって「引き剥がすことができない」ものになる。

創発の起源としての多重記述、
経験のボーナスを生成するmulti-description。

しかし「Call&Response」が消えると、「関係」はバインドされる。
「関係」の定数化・固定化、つまりは関係がコード化されるとボーナスは生成しない。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Don't play what's there,…」 | トップ | 「関係のエロス」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む