ASAKA通信

ノンジャンル。2006年6月6日スタート。

一次過程と二次過程

2017-06-19 | Weblog

      https://www.youtube.com/watch?v=JHWtkBi8aBU


一次過程──一切の起源としての〈世界〉の訪れ、という心的体験。
知覚、情動の始原的生起、そのことへの配慮としての自己意識、
さらにその展開としての「関係項」を介した第二次の関係的プロセス。

二次過程──心的体験の交換プロセスにおいて生成する間主観的位相。
関係存在としての生が要請する第三項=関係項、
相互的な調整あるいは相互的な了解のための「客観」という第三の位相。

一次と二次の循環関係において動いていく心的体験は、表現型として、
主観(実存)と間主観(普遍)の弁証法的展開(関係構造)において〝現実〟を形成する。
本質的には「主観の一様態」として生成する「客観」(関係項)からさまざまなゲームが創発する。

この一次と二次の先行関係、あるいは根拠関係が見失われると、
客観という関係項は超越項(絶対項)というバケモノの属性をもつものに変異して、
相互に対等な関係において納得や妥当が成立しうる地平を離脱し、
すべての個(実存)を呑み込むように価値下落させるということが起こる。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「子ども」 | トップ | 「メタローグ」(参) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む