ASAKA通信

ノンジャンル。2006年6月6日スタート。

訪れとしての〈世界〉

2017-05-17 | Weblog

               https://www.youtube.com/watch?v=xV_L7kh08cE


知として関係するよりまえに
理として解釈するよりまえに
知と理を走らせる作動があり
生成としての〈世界〉の訪れがある

このときすでに〈世界〉は意味と価値に彩られた
固有のランドスケープを形成している

(ときに好意あるいは悪意に染まったランドスケープ)

訪れはそのまま〝わたし〟の欲望を照らし出し
みずからの存在のカタチをリプリゼントしている

単なる、ひかり・いろ・かげの集合でしかないものを
気づくよりさきに一つの〝風景〟として描き出している作動があり
〝わたし〟において〝わたし〟にプレゼントされる
原的な所与性としてのランドスケープの訪れがある

真実や客観や正しさとしての所与性ではなく
ただ疑うことのできなさにおいて訪れる経験のモードがある

この訪れはただちに第二の作動へと接続される──

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「非在/ないこと=ゼロ記号」 | トップ | 「超越」への志向性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む