湘南鉄道研究会

我々の住む、湘南地区の鉄道ニュースを発信して行きたいと思います。全国から集めたオリジナルなレア記事にも注目!

1012編成 石川台~雪が谷大塚間 蒲田行き

2016-10-15 19:09:17 | 東急
1000形の1012編成が石川台~雪が谷大塚間を蒲田へ向かいます。
1012編成は1990年製の3次車で、日比谷線乗り入れのため1013編成とともに8連化も可能な設計で製造されました。このため、1013号車の前面形状は1312号車と同様に、貫通路が前面中央に位置しています。これは、8連を組成して日比谷線の運用に入る際、中間に入る運転台を貫通幌でつなぎ、避難路の確保の一助とするためです。
1013号車の前面形状は、残念ながら写真を収録しておりませんが、Wikipediaで東急1000系を検索すれば、1013号車の写真をご覧いただけます。
なお、1012編成は元来4連で製造されましたが、多摩川線での運用が3両となるため、余剰となるモハ1350形の1362号車を外して運用についています。
(2016年10月14日 15時17分撮影)
←五反田/多摩川 1012-1212-1313 蒲田→


1012F 石川台~雪が谷大塚間 蒲田行き
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩川線 新7000系 7... | トップ | 7903編成 石川台~雪が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。