湘南鉄道研究会

我々の住む、湘南地区の鉄道ニュースを発信して行きたいと思います。全国から集めたオリジナルなレア記事にも注目!

江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット

2016-09-18 15:09:08 | 小田急
皆さん、手元のパソコンやタブレットで、「えのしま」と入力し、変換してみて下さい。
おそらく、「江ノ島」か「江の島」と変換されるはずです。
実際、近隣の私鉄3駅の駅名は、小田急が「片瀬江ノ島」、江ノ電が「江ノ島」と、『ノ』を使うグループで、湘南モノレールだけ「湘南江の島」と、『の』を使っています。
バス路線を見ても、134号線沿いが「江ノ島海岸」、江ノ島島内が、「江ノ島」となっており、湘南モノレールだけが、『の』を使うものと思っていました。

ところが、
小田急の発売する割引周遊券は、「江の島・鎌倉フリーパス」と、『の』グループです。
パンフレット内の地図を見ると面白いことに、江ノ島島内の表記や文中の表記は『の』を用いており、島外の駅名他は、『ノ』を使っていて、蛇足ながら、新江ノ島水族館も同じく『ノ』ですね。
ちなみに、湘南モノレール線は地図内のはずですが、グループ外のためか、省略で分かりません。
どなたか理由をご存知の方、いらしたらコメください。

前置きが長くなりました。それではパンフレットをじっくりご覧ください。



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(1/6)



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(2/6)



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(3/6)



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(4/6)



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(5/6)



江の島・鎌倉フリーパスのパンフレット(6/6)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2002F 箱根湯本行き ... | トップ | 遵守規則旅途愉快 by 江ノ電 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小田急」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。