息をするように本を読む

初めて読んだ本も、読み返した本も、
ジャンルも著者もおかまいなしの私的読書記録
と、なんだかだらだら日常のことなども

昨夜のカレー、明日のパン

2017-01-25 15:54:31 | 著者名 か行


木皿 泉著

7年前に25歳で死んでしまった一樹の妻テツコは、今も一樹の父ギフとともに暮らしている。古い日本家屋で営まれるゆっくりとした暮らしの時間は、特に伝統的というわけでもなければ、特別なことが起こるわけでもない。二人は毎日働き、帰ってくる。食事は一緒のときもあり、別のときもある。テツコには恋人もいる。ごく普通の暮らしなのだが、すごくあたたかい。なんだかんだいいながら、根っこが真面目でやさしい人たち。少しずつ時のが流れのなかで、一樹の死を受け止めていく。すんなり読めて、しっくりなじむ。私の心にすうっと収まる一冊だった。
これってドラマ化されてたのね。配役的になかなか面白そうだ。好きな本が映像化されると微妙な気持ちになることが多いのだが、これはちょっと見てみたいかも。ライトな雰囲気だからかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァージン・ブルー | トップ | プリズン・ガール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

著者名 か行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。