みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

『英国王のスピーチ』

2011年03月09日 | 映画(DVD含む)
 お稽古関係のあれこれで映画等は自粛していたので(その割には出来がアレなんですが・・・)、久しぶりの映画です。実は大学時代にイギリス史を取っていましたが、恥ずかしながらそういうことを公には言いたくないくらいあまり記憶がない私(汗)ですが、テーマ的にも興味があったので、アカデミー云々以前に見たい映画でした。

【あらすじ】英国王のスピーチ - goo 映画より引用。
1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。

 きっと裏には何かあるだろうけれど、想像していたよりは政治色が強くなく(最後こそ少し感じたものの)、後のジョージ6世であるヨーク公が吃音症に悩み克服しようとする姿を描いていたのがよかったです。この映画の主人公の立場というものが普通とは違うとはいえ、多かれ少なかれ人前で何かを話す機会があると緊張する人が大勢いると思います。平気な人もいると思うし、雄弁な人も絶対に勉強はしていますよね。衝突があっても、王となってもローグを常に信頼していたというのが最後のエンドロールでも分かりました。あと、この映画で自分が面白いと感じたのは、こういった内容そのものももちろんですが、ローグの治療方法です。英語の映画は初見はもちろん字幕に頼りますけれど、なるべくリスニングに心がけていますが、これは英語の勉強になると思います。これはDVDが出たら英語字幕でチェックしたいくらいです。(例の大声で叫んでいた4文字語は別としてね)そのほかのこともいろいろ勉強になりました。
 そのローグ役のジェフリー・ラッシュは『シャイン』で演じた実在のピアニストの役ははかなりの吃音でしたけど、今回はその逆でした。『シャイン』の彼を思い出すと、やはりこの役者さんはすごいなと思います。主役のコリン・ファースもすばらしかったですが、私にとってはそれ以上にすばらしかったと思うのですが・・・。

 彼が王位を継ぐ経緯となった兄王の色恋沙汰にはチャーr(以下自粛)を思い出した方もたくさんいるかと思いますが、そもそも英国国教会ができた経緯がヘンリー8世(16世紀)の・・・だから、離婚がどうのとか女問題がどうのなんて昔からじゃん、なんて思ってしまったのだけれど、その逆はだめなんだということをはじめて知りました。だから余計に今のチャ・・(以下自粛)は大丈夫なんだろうか?と思っちゃいましたけど。だから次期王は彼じゃないほうがいいなんていう意見も多くあるんでしょうかね。(ヘンリー8世のそれはある意味ものすごいので、興味をもたれた方はぜひ調べてください)そういうことも考えると、ジョージ6世はやはり善良で英国民からも愛されたのだろうと窺い知ることができました。


【余談その1】
 来月末には英国王室で久々に明るい行事が行われます。もちろん私もあのプリンスはステキだと思いますし、どんなプリンスになるのかとずっと思っていたました。が、最近は他国民ではあるもののプリンスのおぐしの未来が非常に心配な私です・・・。私より若いのに・・・。

【余談その2】
 そのジョージ6世を父に持つ現女王のエリザベス2世を描いた『クィーン』でもロイヤルわんこなウェルシュ・コーギーが出てきたけれど、この作品にも幼きエリザベスの傍らにコーギーがいました。コーギー=イギリス王室のわんこなイメージですけれど、やっぱりずっと愛されている犬なんだろうな~と思いました。


 ということで、映画はもちろんちゃんと見ていたのですが、余計なことも考えていたため(苦笑)映画そのものの感想が少ないですが、最初から最後まで興味深く見ることができました。同じ列の席か3つくらい隣の方で寝ている人(いびきもきこえてきたよ・・・)もいましたし、ダメな人は退屈に思ってしまう人もほかにもいるだろうな~と思ってしまうくらい、地味というか派手さはないかもしれませんが、温かくて良い作品でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『おまえうまそうだな』 (DV... | トップ | 地震 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タバコやめてぇ~ (とみ(風知草))
2011-03-10 00:42:34
>みゆみゆさま
あんな優しく勇敢な王様がストレスとプレッシャーでタバコの吸いすぎで命を縮められたんですから、ローグさんや王妃さまと一緒にやめてと申し上げたかったです。英語も、台詞もよかったですね。
こんばんは♪ (SOAR)
2011-03-10 00:57:41
けっして退屈な作品ではないけれど、この手の映画は眠くなる要素をどうしても含みますから、寝不足で臨むともったいないことになるかもしれませんね。
3つ隣の席の方、ぜひもう一度観て本作の良さをちゃんと感じてほしいなあ(笑)

英国王室の明るい行事、さっきもニュースでやってましたね。
また色恋沙汰のスキャンダルも見方を変えれば、あちらのお国ではそれだけ王室がオープンだということなんでしょうね。
ラッシュに~ (cyaz)
2011-03-10 08:25:47
みゆみゆさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
アカデミー賞4部門を受賞したから言うわけではないですが、
ここ近年、受賞前に鑑賞できた作品としては、
秀逸な作品だったと思います。
できるならば、ジェフリー・ラッシュの名演技に、
オスカーをあげたかったなぁ(笑)
Unknown (はぎお)
2011-03-10 21:38:57
こんにちは。

障害とか、皇室とか、なかなか難しいテーマでしたが、友情と家族のきずなをメインに、とても温かい作品に仕上がってましたね。

ドンドン目力がUPしていくジョージ6世に、こちらまで元気がもらえるというか(^^ゞ

でも、やはりローグ先生の存在なくして、彼の成功はあり得ないですね!演じるジェフリーラッシュの好演も大きかったです♪
返信遅くなりました (みゆみゆ)
2011-03-14 22:27:28
★とみ(風知草)さん
時代背景もありますし、いろんな“ストレス”がありそうですし、またストレスを感じやすい方だたのかもしれませんね・・。


★SOARさん
いびきはびっくりです(笑)
油断していると危ないところもありますが・・・もう一度見ていただきたいです。
王室ってオープンすぎるのもあれだし、閉塞的でもなんかな~だし・・・バランスの問題でしょうかね?
UKの王子様(弟のほうも)は母君のこともあるし幸せになっていただきたいですね。


★cyazさん
最近鑑賞数が減りましたが、私も不満な点はないと思ったすばらしい作品だと思います。
(賞は関係なく)
ジェフリー・ラッシュは一度とっているからだめなのかしら?そんなことはないですよね・・・(^^;


★はぎおさん
ジョージ6世の家族、そして障害の克服を中心に描いていてとても温かい作品でしたね。
私は汚い言葉は別として、英語の話し方や発音を教わりたかった(笑)
あ・・・あの先生からだったらでも汚い言葉は避けて通れないのかな?(^^;
それはともかくまた見たい作品です。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 14:41:27
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
お返事遅くなりました (みゆみゆ@管理人)
2011-03-28 15:49:10
★シムウナさん
疲れているときに見たら、油断すると危ないかもしれませんね・・・(^^;
またご覧ください~
私もまた見たい作品です。
おじゃまします。 (ピロEK)
2012-07-22 15:00:57
おじゃまします。
私には少しだけ高尚だったかな…と言う感じの映画でした。
イギリス王室は、日本の皇室に比べたら自由度が高いなぁとも思いましたかね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
こんばんは (みゆみゆ@管理人)
2012-07-22 23:50:01
★ピロEKさん
TB(ほかの記事にも)ありがとうございました!!
あちらの王室(国自体も制度がちょっとわかりにくいですが)と日本の皇室とは、同じ君主(?)とはいえ、意味合いも違ってくると思います。
自由(奔放?)すぎても、困ったことになるかもしれませんが・・・
この手のコメントも難しいですが・・・(^^;
でも、興味深いところではありますね。

最近は映画記事も少ないですが、またよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した (SOARのパストラーレ♪)
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
「英国王のスピーチ」 (はぎおの「ツボ」note)
取っちゃいましたね、アカデミー賞、4部門  作品賞   主演男優 コリン・ファース   監督賞  トム・フーパー監督   オリジナル脚本賞 デビッド・サイドラー  前評判が高いし、でもイギリスの歴史は不案内だし、期待と不安が入り混じりな...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
★「英国王のスピーチ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary~Goo Version)
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべての人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
近況から… 先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映画観賞記録。もうすぐ2011年分終了。 「英国王のスピーチ」 (監督:トム・フーパ...