みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

四月大歌舞伎 昼の部

2008年04月25日 | 歌舞伎
 23日の昼夜通し観劇、まず順番は逆になってしまいましたが、夜の部の「勧進帳」から書き、お次は昼の部の感想です。昼の部は3階2列目中央やや上手よりで観劇。

一・『本朝廿四香 十種香』
 歌舞伎の三姫のうちの一つがこの『十種香』の八重垣姫。私、実はこの演目は初見なのです。テレビなどでは見たことあるから、見た気にはなっていたけれど(苦笑)で、その八重垣姫を時蔵さんがなさるということで楽しみにしていました。やはり綺麗です!!
 許婚の勝頼が死んでしまい(でも死んだのは偽者。)勝頼の肖像画を眺めながら弔い、そして勝頼の絵にそっくりな花造り蓑作実は勝頼に恋してしまうという・・・・。そんなに絵がそっくりだったのかな?と思ったりするんですが(スミマセン・・・)私の席からは肖像画の首から上は見えませんでした(苦笑)
 複雑に入り組んでいるストーリーですが、事前に予習していけば大丈夫です。ただ、次の奥庭の場面も見たかったです。


二・『熊野』
 これも能『熊野(ゆや)』を元にした長唄の舞踊劇。最近の玉三郎さんはこのような能取りものの舞踊が多いですね。私自身、この『熊野』は実際に舞台で打っていますし、今度も舞台でやるので大変思い入れの深い曲なんですよね。正直言うと、これはくまで私自身の好みなのですが、この手の能取り物よりも元ネタ(能)の方が好きです。ですが、今回のような華やかな舞台装置などがあったりすれば大丈夫みたいです(^^;。とても素敵に歌舞伎舞踊にアレンジされていました。去年の『紅葉狩』よりはこの『熊野』とかの方が好きです。

 平宗盛に寵愛を受けるくらい、そして故郷に返すのが嫌なくらいに美しい女性だったというのも納得の玉三郎さんの熊野です熊野が美しくないと、返したくない、手許に置いておきたいという宗盛にも納得できませんからね(苦笑)二人での道行も美しいですね。やっぱり仁左衛門さんと玉三郎さんのコンビは大好きです!!
 能だと、道行(ロンギ)は、熊野のみが作り物の牛車の中ですからね、そして、清水寺の舞台からの眺めが綺麗です。桜の季節の清水寺に行ったことはないけれど、行った気分になりますね。
 清水寺での舞の場面も、去年舞囃子で打ったので、こんな風に謡がアレンジされているのねぇとしみじみしながら見ていました。一言だけ言わせてもらうと・・・「南を遥かに眺むれば」よりも前から舞ってほしいなと思ったんですが・・・(^^;。村雨が降ってきて、散る花を見て母の命も・・・と思う熊野が切ないのよねぇ・・・・
 
 「いかにせん都の花も惜しけれど、馴れし東の花や散るらん」

 という和歌を仁左衛門さん、玉三郎さん、長唄で分けて詠みあげていたのはどうかな?と思ったけれど、やっぱりこれは良い歌だなぁ・・・。これに心を打たれたわけですもんね。

 本当、絵になるお二人でした。朝顔の七之助さん、従者の錦之助さんも素敵でした!!

 かなり個人的な話なのですが、熊野の生まれ故郷の池田(現・磐田市)に熊野のお墓もあり(その隣はお母さんのお墓)ここに能舞台もあるんです。ここの舞台にお世話になっているご縁もあって、「熊野」は勝手に馴染み深い曲になっています(笑)また近々伺うので、そちらのことも詳しくご紹介もしたいなぁと思っています・・・。

三・『刺青奇偶』
 これは前に勘三郎さん(勘九郎時代)の著書で勘三郎さんの思い入れが深いお芝居ということを知り、興味を持った演目です。長谷川伸原作のお芝居です。全体的に暗~い舞台(証明が)でした。けど、良かったですね。
 勘三郎さん演じる博打好きの半太郎は博打好き・・・・。玉三郎さん演じるお仲は、薄幸だけど綺麗でした。お顔は『牡丹燈籠』の時のような限りなく薄い感じでした。冒頭のお仲の投げやりなところがよかったですねぇ。こういう綺麗綺麗じゃない玉三郎さんも好きです!!
 半太郎は結構良いやつなですが・・・・博打だけはいけません・・・・・・。病床のお仲が、半太郎の腕にさいころの刺青を入れる・・・・もう泣けてきますよ・・・・。それだけに「あんた、またやるんかい~!!」と何度も思いましたが(苦笑)いくら薬のためとはいえ・・・。
 それで賭場を荒らしたために痛めつけられて・・・・そこにやってくる賭場の元締めの親分の仁左衛門さんがッカッコイイ!!先月の「お祭佐七」のときと同じで出番少ないのにいいところ持っていきすぎ(笑)

 ラストは、この後に続きがあるかと思ってしまった(^^;あ、明かりついちゃたよ・・・という感じでしたが、良かったですね。ちょっと涙ぐんでしまったところもあったし。

 昼の部では自分自身が思い入れがある『熊野』が一番印象的でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gackt出演映画「BUNRAKU」っ... | トップ | 樹の花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
♪♪♪ (かしまし娘)
2008-04-25 15:45:41
みゆみゆ様、まいど!
「十種香」だけじゃなくって、やっぱり「奥庭」もセットで観たかったですね。
待ちに待った「刺青奇偶」。9年は長かったです。首が伸び過ぎ(笑)
「熊野」から大変身した、仁左衛門&玉三郎ステキでした♪
すてきでしたね♪ (みゆみゆ)
2008-04-25 21:15:11
★かしまし娘さん
こんにちは!
9年は首伸びちゃいますね(^^;
やっぱり仁左衛門玉三郎コンビは最高ですね。

あと、トラックバックですが、
この記事ではなく、「Gackt出演の映画・・・」
の方に届いていました。
そちらで。。なら公開しますが、
もしよろしければ、お手数をおかけいたしますが、もう一度お願いします。
TB&コメント有難うございますm(_ _)m (ぴかちゅう)
2008-04-28 00:23:13
TB返しもさせていただきましたが、うまくいかない時のために名前のURL欄に該当記事のURLを入れておきます(^O^)/
玉三郎×仁左衛門は今が盛りかもしれないと、目を皿のようにして観てしまっています。
>熊野のお墓のあるところにGW所用で行ってきます......その時のレポもお待ちしていますね。

Unknown (みゆみゆ)
2008-04-28 22:35:12
★ぴかちゅうさん
TB2本とも大丈夫でした!!
(うまくいかないときの違いってなんでしょうね^^;)
初めて見た歌舞伎も仁左衛門玉三郎コンビでしたので、やはりこのコンビが一番好きですね。

熊野のお墓は、また来週レポできればなぁと思います。
せっかくの機会ですし・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
08/04/17 歌舞伎座昼の部幕見?「熊野(ゆや)」 (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
{/hikari_blue/} 4月歌舞伎昼の部は13日のチケットをとっていたが見ることができなくなり、ピンチヒッターでくーみんさんが観てくださった。感謝m(_ _)m しかしながら、どうしても観たいのが「熊野(ゆや)」と「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」。月1回のカウンセリングの...
4月 歌舞伎座 熊野 刺青奇偶 (バリバリかしまし娘~まいど!)
桜舞い散る