みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最後の忠臣蔵』

2010年12月20日 | 映画(DVD含む)
 歌舞伎で一番好きな仁左衛門さんが大石役で出演されるということで事前に(ミーハーだけど佐藤浩市も好きだし)、原作も読みました。原作の感想記事でも書きましたが、歌舞伎であれ映画であれテレビドラマであれ忠臣蔵の物語はたいてい討ち入りで終わりか四十七士切腹で終わります。しかし、諸説あるものの討ち入り後も大石の命で生き延びた足軽の寺坂吉右衛門を主人公にした視点、そして言葉にならないくらいすごく感動したので、公開を楽しみにしていました。

ネタバレありなので未見の方はご注意ください

【あらすじ】最後の忠臣蔵 - goo 映画より引用。
吉良上野介邸討ち入りの後に、大石内蔵助から「討ち入りの真実を赤穂の遺族たちに伝え、彼らの生活を助けよ」という命を受けた寺坂吉右衛門。16年後、彼は最後の遺族を訪ね、すべての使命を果たし終えた。その後京都を訪れた寺坂は、討ち入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門の姿を見かける。実は瀬尾も大石から密命を与えられていたのだった。その密命とは、大石内蔵助と側女の間にできた子どもを、保護して育てよと言うものだった。


 原作は短編集ですし、寺坂吉右衛門が主人公。瀬尾孫左衛門が出てくる「最後の忠臣蔵」は最後の方です。それまで延々と吉右衛門の“生き抜く使命”を遂行する者としての苦悩が描かれていました。映画でも「討ち入り前夜に逐電したのは命が惜しかったのだろう」と罵られるシーンがありましたが、何度も彼らはそんな思いをしながら吉良邸討ち入りから16年の長い年月を過ごしています。そして16年経っても大石の命を守る二人。これだけでも涙ものなのですが・・・原作は実は涙が出ることはなかったのです。それでも涙が出る寸前でぐっとくるものがありました。映画化はよほど変にしなければ良いものになるだろうなと思っていましたが、予想以上に泣けてしまいました。(後半は涙止まらなかったので、半日経った今も目が・・・)人形浄瑠璃の場面や、ゆうの存在は原作と違う部分はありましたが、良いアレンジだったと思います。(ちなみに可音に礼法や芸事を教え込んだのは老尼という設定でした)

 竹本座で人形浄瑠璃の見物をしていた茶屋修一郎が可音を見初める場面で上演されていた「曽根崎心中」はその後も劇中でかなり絡んできます。芝居の途中で茶屋家親子と共に居た吉右衛門に気がついたために、途中で帰ってしまった孫左衛門と可音。帰宅後、可音の足を洗う孫左。妙になまめかしいシーンでもあると思うのですが、「曽根崎心中」のある場面を思い出しました・・・他の人に気づかれぬよう縁の下にいた徳兵衛がお初の足を取り、自らの喉笛に当てて死ぬ覚悟を伝えるあの有名な場面・・・。「あの二人は心中するんですよ」と可音に結末を教えてあげる場面とリンクしてしまったのですが、心のどこかにそういう願望があるのか?と考えたり・・・。その後も随所に人形浄瑠璃の場面が出てきたので、単に修一郎が可音を見染めるといった意味合い以外にどういった意味合いがあるのかな?と見ている間も見終わった後も考えてみると、死をもって結ばれたお初徳兵衛とこの二人は違うけれども、生きている間は結ばれないということは同じということか・・・孫左衛門が使命を果たした後の覚悟を・・そうするとこの心中話とは全然意味合いが違うし・・・。パンフを読むと二人の思いの象徴とあるけれど。「曽根崎心中」の話はこれくらいにしておきますが、あの独特の義太夫の語りと三味線は映像に合っていて効果的だったと思います。そして、その孫左衛門と可音の親子のような、そして二人の間の淡い感情は切なくなりました。原作を読んだときは最後には言葉にならないくらい感動したけれど、冷静になった今の自分の感想としても、もし自分が可音の立場だとしたら・・・あの結末で終わらせるのではなく、お嫁に行ってもひっそりと見守っていてほしいと思うわけだけれども・・・。でももし孫左衛門の立場を思えば、使命を果たして、やっと彼なりの“討ち入り”を果たすことができたとしたら・・・最後の一言は、やはり彼の生き様そのものなのだと思う。
 
 主役の役所広司、佐藤浩市の二人は渋くて本当良かったですが、可音役の桜庭ななみとゆう役の安田成美の女性陣二人もよかったです。時代劇を見るとき、特に女優さんに対して素敵と思うか思わないか自身の好みが激しいのですが(笑)二人とも着物も似合っていたし、可音の白無垢姿は可愛すぎる。そして、お嫁入りの場面では、前半には見せなかったような武家の娘としての品があってよかったな~と思いました。
 そして大石役の仁左衛門様は贔屓目ありありはいつものことですが(笑)、出番は短くても、存在感があり、この映画を引き締めていた存在になっていたと思います。ちなみに現在(12月)京都南座に出演されている仁左衛門さんですが、『仮名手本忠臣蔵』の「七段目祇園一力茶屋の場」で、寺坂吉右衛門がモデルとされている寺岡平右衛門を演じていらっしゃいます。そしてその妹はおかるで勘平という夫(この時点では既に死亡)がいますが、実際のおかるは大石のお妾で、この物語では可音の母親で・・う~んこの映画の感想を書きながらだとそれぞれ別物と分かっていながら複雑になってきた(笑)(ちなみに歌舞伎は実在の人物の名前をもじっています。例えば大石内蔵助は大星由良之助など)仁左衛門さんの由良之助は以前、平成中村座の忠臣蔵通し上演で見ましたが、これを見たら七段目をまた仁左衛門さんの由良之助で見たくなりました。

 そのほかの役者さんたちもすばらしく、そして四季の風景など映像も綺麗で・・・日本人の心を揺さぶる映画だと思いました。

 私が見に行った日は平日の昼間ということもあると思いますが、客層の年齢層は高めかな。実際に忠臣蔵を知らなかった同級生の友人(しかも大学生で!!)もいたし、興味ない人も多いでしょうけれど、私と同年代というか、もっと若い人たちにも見てほしいなと思います。そして男性の方が共感できたり感動できる方も多いと思いますが、是非女性にも見て欲しいなと思います。

 最後に・・・斬られ役で有名な福本先生がご出演されていたとは!しかも究極の斬られ役ではないか!!!チェックが甘く、全く気がつかなかったのは失態でしょうか(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『オペラ座の怪人』 劇... | トップ | 柚子ジュース »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2010-12-21 01:21:32
お~、さすがみゆみゆさん、古典芸能にお強い!
『曾根崎心中』に関する考察、興味深く拝読しました。そっか、孫左衛門が可音の足を洗うシーンにはそんな意味合いがあったんですね。
私はあのシーン、結末を聞いた可音が何を思ったろうと考えたのですが、むしろあそこで複雑な思いだったのは孫左衛門のほうだったのかもしれません。
さすが (kokeobasan)
2010-12-22 19:54:43
なかなか評判がよいようですが
みゆみゆさんの鋭い目線での解説に納得です。
私も、たとえネタばれであろうと観てみたいわ。
コメントありがとうございます♪ (みゆみゆ@管理人)
2010-12-23 21:05:05
★SOARさん
元ネタを知っていないと多分気がつきませんよね(^^;
あの足を洗うシーンで、ちょっとだけお人形さんでのあのシーンがあったのでやっぱり絡めているのかな?と思いました。
私も、可音も結末を聞いて複雑な思いになったに違いないと思います。


★kokeobasanさん
是非ご覧ください!!
役者さんたちもすばらしいですし、映像もすばらしいです!
はじめまして (noppy)
2010-12-26 03:49:05
ハローみゆみゆ様
コメント頂いてましたので(アリガトウ御座います)
お邪魔しました。

実は私も福本さん気付かなかった!!
エンドロールで発見して
愕然としたのでした....
ショック。
評判いいですね (とみ(風知草))
2010-12-27 16:49:30
>みゆみゆさま
タイトルだけで行く気失せてましたが、あちらこちらで絶賛のようですので、行きました。
凝ってます。反則だらけのところありますが、全てを帳消しにする涙の取り方の心地よさにはまりました。灯りですね。これ、暗いところから明るいところへ連れて行くのは演出の王道です。15分は泣きました。
また、茶屋四郎次郎の笈田さん、上手すぎます。京言葉のイントネーションや言い回し、腰抜かしそうでした。凄い経歴の方なんですね。
Unknown (みゆみゆ@管理人)
2010-12-28 22:53:42
★noopyさん
コメントありがとうございます!
福本さん、気がつきませんでした(^^;
あの福本さんらしい海老反りなどではさすがにありませんでしたし(^^;
DVDなどで再見の際は注意して見ようと思います。



★とみさん
ご覧になったんですね!
確かに灯り、というか照明が印象的でしたね。
良いなと思う時代劇は、今のように明るくない暗さがある室内が印象的です。
本文に書き忘れてしまいましたが、笈田さんもよかったですよね。
とみさんのご感想も楽しみにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『最後の忠臣蔵』・・・16年後、完結の日 (SOARのパストラーレ♪)
吉良邸討ち入り後に姿を消したとされる寺坂吉右衛門。四十七士の中で唯一切腹を免れたこの人物と、討ち入り前の江戸潜伏中に逐電した数名の中の一人として名が残っている瀬尾孫左衛門。元禄赤穂事件、いわゆる忠臣蔵にかかわりながら生き延びてしまったこの二人のその後を...
『最後の忠臣蔵』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「最後の忠臣蔵」□監督 杉田成道□脚本 田中陽造□原作 池宮彰一郎□キャスト 役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛、片岡仁左衛門■鑑賞日 12月11日(土)■劇...
『最後の忠臣蔵』の販売戦略 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  12月14日は元禄赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)の討ち入りの日として知られるが、1985年の12月14日は映画『サンタクロース』が封切られた日だ。  サンタクロースが登場する映画は少なくな...
日本人の美学。『最後の忠臣蔵』 (水曜日のシネマ日記)
赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後、使命を果たすために生き残った男の姿を描いた作品です。
最後の忠臣蔵 古き良き時代劇 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=51 -14-】 先週末同様、今週末も仕事、次の休みは23日の祝日だ、海に浸かりたいよ~(ノд-。)クスン しかし、役所広司さん、どんな役回りであっても、あかん、やっぱ「だいわはうちゅ~」がちらついてしまう、俺。  赤穂浪士の討ち入りから16年。大石内蔵...
「最後の忠臣蔵」 男の忠義、女の愛情 (はらやんの映画徒然草)
そろそろ2010年も終わりです。 やはり年末は忠臣蔵で、ということで「最後の忠臣
最後の忠臣蔵 (Akira's VOICE)
不器用ですから・・・  
最後の忠臣蔵 (to Heart)
          
最後の忠臣蔵 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
最後の忠臣蔵'10:日本◆監督:杉田成道「北の国から」(TVシリーズ)「ラストソング」「優駿 ORACION」◆主演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、安田成美 ...
「最後の忠臣蔵」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 池宮彰一郎原作。年末時代劇スペシャルの定番「忠臣蔵」の後日談を、実力派・役所広司、佐藤浩市主演で映画化。  本作の影響で、悪役のイメージの強い吉良上野介義央だが、地元...
最後の忠臣蔵 (映画的・絵画的・音楽的)
 『最後の忠臣蔵』を有楽町の丸の内ピカデリーで見てきました(ネタバレあり)。 (1)この映画はどうしても『十三人の刺客』と比べたくなってし...
最後の忠臣蔵 (上) (WEBLOG:e97h0017)
近年、主に藤沢周平の小説を原作とした正統派時代劇が積極的に映画化されていますが、それらにほぼ共通するのは封建制が成熟しきった江戸時代における「武士の生き様」を描いている点で、本作のテーマは、たとえば『必死剣 鳥刺し』のそれとほとんど差異はないでしょう。...
最後の忠臣蔵 (下) (WEBLOG:e97h0017)
本作のテーマ表現のもうひとつの核となる武士の生き様についての描写もまた「美しさ」を伴って表現されていたということになると思います。『必死剣 鳥刺し』における「武士の生き様」は、そのレビューでも書いたとおり、ラストシーンの壮絶な殺陣に代表される剣によって...