みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『おくりびと』 (DVD)

2009年06月30日 | 映画(DVD含む)
 劇場公開時に見たいなと思っていましたが、DVDでの鑑賞となりました。アカデミー賞も受賞して話題になりましたね。ということでかなり期待しすぎてしまいました。悪くはないし、良い作品なのは確かですがね。大感動したほどでもなかったかな・・・。

 納棺士という職業が広く世に知られるようになった作品だと思いますが、どうにもこうにも自分の祖父が亡くなったときのことを思い出してしまうのですよね。まだ2年も経っていないので、どうしても自分の記憶というか思い出と被ってしまうというか・・(私だけではないと思いますが。)その時も、映画のように納棺のお手伝いをしてくださる人がいたり、誠実な対応をしてくれた葬儀会社の人に感謝しました。だから劇中に何度もそういう描写が出てくるような「汚らわしい」などと自分自身は思ったことないけれど・・・やっぱりそういう偏見があるのも事実なわけですよね。地方によっても風習が違うと思いますけれど、外国から見た日本文化の一つとして興味深い作品だったのかのかなと思います。

 あと印象的だったのが石文もそうですけど、火葬場の職員の笹野さんの役でした。

 これを見て、学生時代に参加した宗教学の授業を思い出しました。少人数で「死生観」について考えて・・・時には答えが出なかったこともあるし(恐らく今出ても未だに答えがでないものもあるでしょう・・・・)その時の経験によってもいろいろ感じ方が違うでしょう。先生にも「あと30年したらきっとこのことが分かるよ」って言われたことも。でも貴重な経験だったなと思いますし、死ぬことや生きることについて考えるのはどの時代でもどの世界でも永遠のテーマなのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのお稽古 『玄象』 | トップ | 『真夏のオリオン』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はぎお)
2009-07-03 21:38:04
こんにちは。

>悪くはないし、良い作品なのは確かですがね。大感動したほどでもなかったかな・・
同感です(^^ゞ笹野さん、本当にいい役でした。
テーマとしてはいいところに目を付けた気はします。昔から「死に関するお仕事」をされている方に興味があったので・・・
年齢を重ねると、ますますこういうことに実感?というか重く受け止めるようになりますね。
Unknown (みゆみゆ@管理人)
2009-07-03 22:04:00
★はぎおさん
TBとコメントありがとうございます。
笹野さんの役よかったですよね~。彼は本当に良い脇役だな~と思います。

私も人の死、とくに身近な人の死に関わるといろいろ考えてしまいますね。学生時代に見ていたら、またこのことについて取り上げていたかもな~と思いました。
こんばんは~♪ (由香)
2009-10-08 22:37:26
お邪魔します~♪
みゆみゆさんはおじい様を亡くされた時のことを思い出されましたか~
私もどうしても義母のことを思い出し、「汚らわしい」という一言に過剰反応してしまいました。
いつまでも、こだまのように頭に響いて、、、
人の死を扱うお仕事への偏見を表わすためでも、あれは頂けなかったなぁ~あと、杉本さんの言葉もダメでした・・・
いい映画なのだとは思いますが、何だか喉に小骨が突き刺さったような感覚がありました。
なんなんでしょうかね~ (みゆみゆ@管理人)
2009-10-09 23:21:14
★由香さん
コメントありがとうございます!
身近な人を亡くす前に見たらどうだったことか・・・と思いますが・・・。
本文にも書きましたが、とても親身になってくださったし、良いお葬式を手伝ってくださったので、こういった方たちにとても感謝しましたもの・・・「汚らわしい」って思ったことは一度もないので、その一言は私も嫌でした・・(それが狙いなのかもしれませんが)

私も良い映画だとは思いますけど・・・深く心に残ったかと言われると・・
自分の中のドラマの方が勝っているのでしょうか・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「おくりびと」 (はぎおの「ツボ」note)
プチ旅行3本目。 去年前売りまで買ってたのに見にいけなかったので残念{/m_0211/}に思ってたら、たまたま広島で見ることができて、すっごく嬉しかった{/m_0158/} ただ、正直「ぐるりのこと。」より洗練されすぎてる?と思っちゃって。(タイプが違うけど) それでも期待...
おくりびと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ...
おくりびと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見...