みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

『ハッピーフライト』 (DVD)

2009年10月17日 | 映画(DVD含む)
 矢口監督の『ウォーターボーイズ』も『スウィングガールズ』も映画館でチェックしていて、どちらも大好きなのですが、こちらは見逃してしまったのでDVDで鑑賞。

【あらすじ】ハッピーフライト - goo 映画より引用。
機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む副操縦士。その試験教官として同乗する威圧感バリバリの機長。初の国際線フライトに戦々恐々の新人CA。CA泣かせの鬼チーフパーサー。乗客のクレーム対応に追われる日々に限界を感じるグランドスタッフ。離陸時刻が迫り必死にメンテナンス中の若手整備士。窓際族のベテランオペレーション・ディレクター。ディスパッチャー、管制官、バードパトロール…。1回のフライトに携わるまさに多種多様なスタッフ達。そんな彼ら使命はただ一つ!飛行機を安全に離着陸させること。その日のフライトも、定刻に離陸、そのままホノルルまで安全運航!!のはず…だったが…。


 綾瀬はるかを中心にもっとド軽いタバタコメディを想像していたのですが、良い意味での裏切りでしょうかね~。もっと修学旅行生がらみのエピソードがあるとよかったのにな~なんて思いました。あ、社会科見学の小学生はあったか(^^;。
 一番笑ってしまったのが、緊急着陸をするので、入れ歯などの装着品を外してくださいという指示に対して自分の“装着品”を気にする乗客・笹野高志の反応でしょう(笑)「お客様のはそのままでいいですよ」シリアスな状況なのに吹きました(^^;。最初からこの“装着品”の小ネタはかなりツボでした(笑)

 綾瀬はるかはかわいいけれど、見ていて「おいおい大丈夫?」と心配になるくらいでしたが(^^;。ま、映画だからいいけど(笑)一方、チーフパーサーのしのぶ姉さんとか、機長の時任三郎とか、新人整備士と先輩の整備士とか、管制官の人たちとか、地上勤務の人たち・・・飛行機を一機飛ばすのに関わっているたくさんのプロフェッショナルな人たちの裏側も描いているのがよかったです。CAさんたちも実際はもっと大変なんでしょうけどね・・・。あと最近気になる田辺誠一の制服姿もかっこよかった~。

 面白かったけれど、これは機内では見たくはないかな・・・(苦笑)気まずくなりそう(^ー^;。

 余談ですが、空港近くにいる飛行機マニアを見て・・・・先日見た小林賢太郎の『TAKEOFF~ライト三兄弟』の冒頭の賢太郎さんを思い出しました(笑)
 「おい、邪魔!そこにいたら見えないでしょ、どけって言ってるだろ、767!」
 なんてことを言っている人はいるのかな(笑)かなりそれましたが・・急にこっちも見たくなってきたので見ます(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿の実と秋の空 | トップ | 『ライフ・イズ・ジャーニー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【映画】ハッピーフライト…良くも悪くもトンでいない映画ってトコ? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}の記事でも速報(?)として書きましたが…。 昨日{/kaeru_fine/}は息子の高校の体育会{/body_run/}{/dododo/}。息子にとって学生生活ラストの運動会系イベントだったのですが親の私らはそれを観に行く事も無く{/ase/}、各々が勝手に過ごしていました{...
No.190 ハッピーフライト (気ままな映画生活)
久しぶりだった。 この映画は面白い・・・そのため自宅でDVD観賞後2回目を 連続で見てしまった。この勢いでBlu-Rayを購入しちゃった。 う~ん、ちょっと暴走したかもしれないけど。 人に薦めたいほど、面白い。
「ハッピーフライト」 次は安心して乗れそうです (はらやんの映画徒然草)
「フライング☆ラビッツ」は東映&JALでしたが、こちら「ハッピーフライト」は東宝