かーちゃんはつらいよ

特別支援学校6年の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな中3のみゆみゆを、働きながら子育て中。

3年ぶりの手帳判定で

2017年06月30日 22時06分12秒 | みゆみゆとの生活
療育手帳更新のために、3年ぶりに児童相談センターに行ってきました。
学校と児相は反対方向なので、そうちゃんを乗せて長距離ドライブ

「じそうさん いくよ」
と繰り返し車で言っていたのは、たぶん不安の表れ。
だって、何しに行くかよくわからないもんね。

担当の心理士さんは、とても優しそうな若い女の先生でした。
先生、私が紙に記入をしている間に、
「さ、行こうかっ。」とそうちゃんに声をかけた。
スッとついていくそうちゃん。

え?
大丈夫なの?

浮かない顔ながら、「おかあさん ばいばい」と去っていく。
ちょっと・・・いや、かなり不安。
大丈夫かな?

心理士さんと、離れたところの小部屋に入ってから、ものの2~3分。
「たすけてくれーい
廊下にまで響き渡る絶叫。
「たーすけてくれーい!」
「ここ あーけーて ください!」
拷問部屋のようだ
待合室にいる他の家族も、思わず苦笑い。

絶叫は、少しづつ間隔があいていきました。
最後の方は遠慮がちに「たすけてくれー」と言ってみたり、
急に元気よく「ありがとうございました さようなら」と勝手に終了しようとしてみたり。
何をやっているかは見えないのだけど、声を聞いているだけでも面白かったです。

面白い、と聞いていられたのは、声以外の物音がしなかったから。
ほんとにパニックだったら、物を蹴ったり投げたり、何かがぶつかる音がするはずなので。

検査は15分程度で終わりました。
そのくらいしか、そうちゃんには無理だったんだと思う。
先生が言うには、課題がわからなくなると「たすけて」と言っていたそうで、
「わからなかったら『わからない』で大丈夫だよ」と声掛けをしていたら落ち着いたようです。

さて、問題は判定。

前回の判定は、IQ33、手帳A判定(重度)でした。
最近賢くなってるからな~。
Bに上がったりして。
いや、手のかかりかたはまぎれもなく重度なのに・・・。
上がったら困るなぁ。

そんな心配を家ではしてたのだけど、
あっさり、「前回と同じ、A判定です。」だって。
ホッとするような、複雑な気持ち。
「ちなみに、数値はいくつですか?」と聞いてみたら、
「28です。」と、思いのほか低かった。

心理さん、本当にいい方で、前回に比べてそうちゃんができるようになったことをいろいろ教えてくれました。
目で見てする課題は得意、言葉での会話もだいぶできるようになっている、などなど。

そっか、そうちゃんなりに成長してるんだ、とその場はニッコリ喜んだんだけど。
あとからボディブローのように効いてくる。

IQ28か
重い知的障害なんだな、そうちゃんは。今さら、ですが。
ゆくゆくは最重度判定ってこともあり得るか、と思ってしまって。
それがそうちゃんそのものを示してるわけではないし、数値では測りかねない能力もあるって知ってるけど。
けどさ、
28という数字が、ドシーンときたんだよ。
母だから。

一週間の出張を終えて、仕事の飲み会から帰ってきた夫に、
「児相行ってきたよ。IQ28だって。なんだか悲しい。」と訴えたら、
「そんなわけない!気にしなくていいよ。判定Aだったならそれでいいじゃん。
 あの子が28のはずはないよ。あいつは賢い。知ってるでしょ?もっとずっと、賢いよ!」
といつになく強い口調で言ってきた。

・・・酔っぱらっている。
私は酔っぱらっている人の言う事はまともに聞かないことにしている。

でも今日は、「そうだね」って同意しておこう。

考えても仕方ないことは考えないことにする。
うん。
寝るっ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グループ分け | トップ | 講演会、そしてお散歩 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫 (ソラン)
2017-06-30 23:42:50
うちは、IQそうちゃんの半分位です。
心理さんと2人、部屋の中で完黙
部屋を出るなり、母に喋ったので
話せるんだぁと、言われました。
いやいや、判定の時に話さなきゃね

いつも、色んな心理屋さんがいるなぁって、楽しみにしてましたよ。でも、もう再判定もなく…
寂しい
心理屋さん (みゆはは)
2017-07-01 21:32:22
ソランさん
お久しぶりです☆
お元気そうでよかったです

成人したらもう再判定もないんですね・・・。
心理屋さん、ほんとにいろいろおられます。
今まで、再判定のテストは数値を出すだけのもので相談はしないのかと思っていたのですが、
今回の心理士さんはめちゃめちゃ反応よく私の話を聞いてくれたので、おお相談にも乗ってくれるのかとどんどん話してしまい、時間長くかかってしまいました。
いつでも親は、子どもの話を聞いて欲しいのです(笑)

定期的に話を聞いてくれて、記録を録ってくれるのって、結構うれしいものですね。
「次の判定はそうちゃんが中3の時ですね」と言われ、
3年後は中3なのかと改めて驚いてしまいました。
その頃はまた思春期ならではの悩みもあるはず。
話聞いてくれるタイプだといいな~。(祈る)
お久しぶりです (あこ)
2017-07-04 09:50:24
そうちゃん、お母さん、発達検査お疲れ様でした。
そうちゃん頑張ったんですね。

私は文章は書けますがIQは43です。
もちろん 好き 嫌い 苦手 恐怖 いろんな感情がありますが そこにうまく当てはまらなくてもなんとか伝えようと必死で努力する姿はほんとにかっこよくて 賢いと思います。もちろんそれが問題行動に当てはまってしまう悲しいこともあるのですが。

なので、酔っ払い父ちゃんも あながち間違ってないのかも…?(笑)
手帳判定 (みゆはは)
2017-07-04 20:47:21
あこさん
コメントありがとうございます!!

「伝えようとする姿は、かっこよくて賢い。」

ステキな言葉をありがとうございます。
苦手なことがあったって、まっすぐに生きてることそのものが、かっこいい、ほんとにそう思います。
IQって・・・
ほんの一面からしか、その人を見ていないものと、思っておけばいいですよね。

酔っ払い父ちゃん、たまにはいいこと言うね(笑)って、褒めときま~す♬

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。