かーちゃんはつらいよ

本と歌が大好きな中2のみゆみゆと、特別支援学校5年の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)を、働きながら子育て中。

減薬チャーンス

2016年10月17日 20時43分16秒 | みゆみゆとの生活
アタックチャーンス!みたいに言っておりますが。
9月から10月は一年で最も落ち着いている時期です。
新しい担任とクラスメイトに慣れて、学習発表会の練習もまだ始まっていない。
支援学校の運動会は春に終わってるし。

時々スーパーハイテンションな日もあるけど、5年生になってからは、去年よりずっとまし。
「待って」と言えば止まる、しあわせ。
あ、時間は短いですけどね。
そんなわけで、減薬チャーンス!なのだ。

7月から時間をかけて、リボトリール(眠剤として飲ませていたもの)をやめました。
そのせいか、明け方に起きることが夏はよくあったけど、ここのところそれも減ってきた。
夜は8時半に寝て、朝までぐっすり。
朝方起きるのは、週に1〜2回程度。
ブラボー。

今日、受診日だったので、ドクターに薬を減らしたいと話しました。
で、ヒルナミン(強力な鎮静作用あり)を半分に減らすことになった。
慎重を期して、残りの半分は頓服としてもらってきました。

一番驚いてくれたのは、顔なじみの薬局の女性。
「えーっ。寝るようになったの?あんなに寝ない子だったのに!?
 すごいねー。よかったね、よかったねー。」
これだけ驚いてくれると、こちらも嬉しい。
そうちゃんが2歳の時から知っている薬剤師さん、強い味方だ。

さて、これでヒルナミンがなくせれば。
残るはリスパダールとベンザリンだけ。
随分シンプルになったよ。
大混乱してた日々が、そうちゃんの中で少しずつ整理されてきているのかもしれません。

ゆっくりながら、成長してきているのだろうし、
あと、5年生の担任の先生が、とても丁寧に関わってくれていることも、大きいと思う。

気持ちが安定していれば、睡眠も取れる。
睡眠が十分に取れていない時は、昼間の活動も安定しない。

「学校に安心できる居場所がある」「受け止めてくれる人がいる」「スケジュールに沿って進み、日々が安定する」ってことは、生活全体において、とても大事だなーと思う。
それは健常でも一緒だけど、ね。
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デイの、窓の鍵 | トップ | ダッシュ!ダッシュ! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (響美)
2016-10-18 14:33:43
「(学校に)安心できる居場所がある」「受け止めてくれる人がいる」「スケジュールに沿って進み、日々が安定する」

健常とか障がいとか、大人とか子供とか、働き盛りとか痴呆とか、そういうくくりは一切関係なく、人はみんなそれを求めて(ってかほんとはそれが最低限保証されて)生活してるんだよね。
そうちゃんは、そういうことを気づかせてくれる、大事な先生だと思ってます。
Unknown (アニー)
2016-10-18 15:10:43
こんにちは、アニーと申します。

少しづつ改善の傾向がみられるのは嬉しいですね。

応援しました!
ありがとうございます。 (みゆはは)
2016-10-18 22:41:47
響美先生
ほんとにそうですね。
そうちゃんは、いろんなことを教えてくれます。
導かれるように風に流されて、私はどこへ行くのやら~♪という心境です、最近。

アニーさま
応援ありがとうございます。
改善とはいっても、ムラがありますので。
いい時と、悪い時と、これからも繰り返すんだろうな、とは思っています^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。