かーちゃんはつらいよ

特別支援学校6年の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな中3のみゆみゆを、働きながら子育て中。

全裸で玄関から

2017年06月19日 19時44分56秒 | みゆみゆとの生活
そうちゃん、やらかしました。
お風呂に入ると見せかけて、
クルリと身をひるがえし、
素早く玄関から外へ。
素っ裸のまま。

すぐに捕まえようとしたけど、裸だとつかむ場所がない。
数秒の、無言の闘いがあり、なんとか取り押さえたよ。
ギリ、うちの敷地内。
階段は降りきってなかった。

けどこれはセーフとは言わない。
アウトです。
まごうかたなく、外だから。

ちょうど玄関にいた隣の奥さんがすっ飛んできて加勢してくれ、
なんとか家に回収することができました。

ううう。
全裸で逃走、初めてだ。
二度とないように対策しなきゃ。

救いは、私がまだ服を着ていたこと。
もし私が服着てなかったら…
そうちゃんはあのまま全速力で迷子になって、
今ごろ警察のお世話になってたことでしょう。 
いや、もしかしたら事故にあって病院だったかも。

凹むわー。

今日はデイでもテンション高めだったらしく、
2階の窓から何度も出ようとしてたんだって。
帰って来てからもかなりの動きっぷりで、
台所との間にある高さ120センチ強のベビーゲートを
ヒラリと越えること3回ほど。
もう少し、興奮が落ち着いてからお風呂に入れた方がよかったかなー。

今日の名古屋は34度あったんだってね。
暑さで調子が狂っているのだ、ということにする。
一週間で一番不安定な、月曜日だし。

疲れていたことは間違いないようで、
今、8時になったばっかり。もう寝てしまいました。

ああ、大反省。

今日は、療育に1日ボランティアで行ってきたので、その話を書こうと思ってたんだけど。
余韻が全てふっとんで、今脳裏に浮かぶのはそうちゃんが全裸で玄関から出ていく映像だけだ。
光に包まれて、神々しくさえある、映像。
そこには衝撃と、大きな不安感がただよっている。

療育施設は変わらず同じ場所にありました。
ここに通ってた頃、まだそうちゃんは2歳で、
おもちゃ投げたり、人に噛みついたり、ドアに体当たりしたり…
どうしたらこの子が穏やかに参加できるようになるのだろう。
落ち着いて順番を待てる日は来るのだろうか。
悩んで、悩んで、しんどくて、
私もたくさん泣きました。

仕事をしながら、必死で療育に通った、いとおしいあの日々。

あの時の私にもしも夢で会ったら、今日の出来事は伝えないでおこう。
なんとかなってるよ、シアワセだよ、って、言おう。
嘘じゃないのさ。
嘘じゃないけど。
子どもが成長しても、しんどいことはなくならないなぁ。

でもね、順番は待てるようになった。
人に噛みつかなくなったし、物も投げない。
(蹴るけど。)

成長してるよ。
私たちの大好きな、そうちゃんは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給食メニューを絶叫 | トップ | プールは雨だったら入らないよ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うちも (なーママ)
2017-06-19 21:47:44
今日療育から帰って、目を離した時に、窓から出て、屋根を歩いてました(^_^;)常に気を張るのは疲れますね。そうちゃんはショートステイを楽しめるようになったのは何歳ですか?うちは6歳で、重度自閉症です。おもいどうりにならないと怒り出すタイプで、ショートステイは難しそうです。
ショートステイ (みゆはは)
2017-06-19 22:25:02
なーまま様。
コメントありがとうございます
常に気を張っているのは疲れますね、本当に。
お子さん、屋根を歩いていたんですか。びっくりしますよね…。

そうちゃんは、小1の夏休みに初めてショートステイ施設を利用しました。
正確には、児相にSOSしての一時保護でした。あの時はホントに限界で。

SOS した時の記事はこちら→
http://blog.goo.ne.jp/miyumiyuhaha/e/00dd07d0a24f7d4ad926caaabfee630b

嫌がるもなにも、ワケわからんうちに預けられていきました。

それ以来、長期休みを中心に時々預けています。
しばらく経ってから、行く道すがらゴネて車中でつかみかかってくることが時々ありましたが、少なくとも5年生以降は喜んで行きます。
向こうに付くと馴染みの職員さんがおり、本人の中でも「親戚の家」という感じになっているようです。

結果論ですが、うちは早くからショートステイを利用できてよかったと思っています。
親だけではなく本人のリセットにもなるみたいで、すごく落ち着いて帰ってくることが多いので。

お子さんによって違うかもしれませんが、ご参考になれば、と思います。
難易度高い育児、心折れることもありますが、お互いがんばって、できれば楽しみながら、子育てしていきましょうね。
余計なお世話かもしれませんが (チコ)
2017-06-20 08:54:13
玄関の鍵を、複雑なものに変えることはできないのでしょうか?
例えば、内側から開けるときにもキーを挿し込まないといけないものとか。開けるのに時間がかかるものとか。
どんなタイプがあるのか詳しくは知りませんが、鍵屋さんに相談してみたらどうでしょう?
そうちゃんに何かあってからでは遅いです。心配しています。
うちも重度の自閉症児がいます。
今のところ1人で出て行こうとする素振りはありませんが、もしもそうなったら、鍵を変えると思います。
もういろいろ試していて、結果的に今のやり方になっているとしたら、ごめんなさい。
かぎ (みゆはは)
2017-06-20 09:20:38
チコ様。
コメント、そしてご心配、ありがとうございます。

息子は小さい頃からずっと、飛び出し、脱走を繰り返す子です。
学校や児童デイでもいなくなることが多々あります。
鍵については、あちこち工夫を続けてきました。

例えば、リビングにいて私の手が空いている時なら、家から出ていくことはできないようになっています。
玄関にたどりつくまでにいくつか鍵があるし、庭から出るのもシャッターを閉めれば防止できます。
玄関も、二重ロックを閉めれば、例え息子が開けようとしても、その時間差で止めることができます。この数秒が大事です。

昨日は上の子がカギを持たずに学校へ行っており、ちょうど帰ってくるとのことだったのでその時間だけ玄関のカギが開いていました。
現に、そうちゃんを捕まえた時、娘は隣の人としゃべっているところでした。

他の家族の生活もあり、ここには書けない事情もあり、難しいです。
複雑にしすぎることで、例えば宅配便が来たときなどに開けるのに時間がかかってしまいます。
その間に、そうちゃんが違う場所から出たり、リビングでいたずらをしたり、他の危ない目に家の中で合うということもあり得ます。

ただ、鍵については、今後も検討し、試行錯誤していきます。
ただ、よく飛び出すお子さんをお持ちの方ですと分かると思いますが、鍵のみで予防することは難しいです。
四六時中出ていくわけではなく、ある時急に猛ダッシュするし、あの手この手を使って、親の隙を見てきます。

鍵や環境整備などの環境整備と同時に、全体的な興奮がどこから来ているのかをさぐり、少しでも落ち着いて穏やかに過ごせるように工夫することが大事だと思っているので、また学校の先生や関わって下さっている方々に相談したいと思います。

ちょっとわかりにくいかも。すみません。
読んでいただき、コメントくださったこと、感謝します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。