かーちゃんはつらいよ

特別支援学校6年の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな中3のみゆみゆを、働きながら子育て中。

うそトイレ

2016年12月13日 21時03分17秒 | みゆみゆとの生活
毎朝、特別支援学校のバス停まで、車でそうちゃんを送っていきます。
今日もいつも通り、ぴったりの時間について、エンジンを止めたら。

「といれー

え。
もうバス来ちゃうよ。
ほんとに出るの?

「ほんとに でるのー」

伝家の宝刀、おうむ返しだ。

最近、退屈な時や、ふざけ気味な時、あと単なるパターン行動で、もよおしてもいないのに繰り返し「トイレ」ということがある。
顔を覗き込んできてニヤニヤ笑うやつは、うそトイレ。
小声で独り言のようにぼそっと言うのは、ほんとトイレ。

今朝のは、判別がつかず。
スクールバスは、乗ってしまえば45分強、トイレに行けません。
仕方なく、もう一度エンジンをかけなおして、近くのコンビニに向かいました。

コンビニに行く途中の信号待ちで、目の前を横切るスクールバス。

そうちゃん、ほんとにトイレ行く? ほら、バス行っちゃうよ。どうするの?

畳みかけるように問いかけてみたら、今度は、

「バスのるー といれ いかない

えー。そうなの?
うそか、ほんとか?
ギリギリの判断に、迷う。
全く五分五分、だったのですが、「今バスを追いかければ、乗せられる」という誘惑に負けてしまい。
コンビニとは反対方向にハンドルを切ってバス停に戻り、そうちゃんをスクールバスに乗せました。

乗せる時、先生に事情を説明しながらも、内心ドキドキ。
バスの中で便の失敗をしちゃったらどうしよう・・・。
最近はめっきり減りましたが、今年度も一度、バスでおもらししています。

そして、夕方。
帰宅したそうちゃんは、朝着ていったズボンをそのまま履いていた。
よかったぁー。おもらししなかったんだ。
やはり今朝の「といれー」は、うそトイレだったのね
セーフっ。

最近学校やデイでも、「うそトイレ」があるらしい。
賢くなった、とも言える。
困ったもんだねぇ


さて。
今日は朝から夕方までお仕事したよ。
明日は、「みんなの学校」研究会の定例会。
10月の上映会&講演会のの感想集を仕上げたので、持って行く予定。
約100人の感想。濃くて、重かった。切実なものも多かったです。

地域の小学校が、どんな子にでもまずは「うちへいらっしゃい」と手を広げてくれたら。
その上で学校生活について建設的に話し合い、その子に適した学び方(場)を一緒に考えていければ。
障がいのある子と一緒に過ごせないことは「普通」の子たちにとっても大きな損害だと、みんなが気づいてくれれば・・・。
そんなことを思いながら、一人一人の感想をパソコンに打ち込みました。

でも、現実は、厳しい。
インクルーシブとは反対の方向に進んでいっているように思えてなりません。
そうちゃんの場合、地域の小学校には「多動すぎて安全が保障できない」と言われ、特別支援学校には「軽度の子は基本的には地域へ」と言われました。(6歳の時、そうちゃんの知的レベルは軽度判定でした。)
なんで義務教育なのに、誰も「安心して、この学校へおいで。」と言ってくれないんだろうって、泣いた。
年長さんの時の就学活動、つらかったな。。。

教師でもなんでもない私には、大きな山を動かすことはできないけど、
細々とでも、「みんなの学校」について話す場を開き続けていきたいな、と思う。
小さなことからコツコツと。(あ。西川きよしになっちゃった。)
明日は、名古屋から、数人来てくれる予定です。
他の地域の現状を聞くのは、勉強になります。
楽しみ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多動スイッチオン! | トップ | 脅す育児は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿