かーちゃんはつらいよ

特別支援学校6年の超多動そうちゃん(自閉症重度知的障害あり)と、本と歌が大好きな中3のみゆみゆを、働きながら子育て中。

将棋とみゆみゆ

2017年06月22日 21時57分54秒 | みゆみゆとの生活
うちには、将棋盤がある。
ちゃんと、木のやつ。
学生時代、あまりに暇だったので買いました。
何冊か本を読んで、基本的な駒の動かし方とルール、守りの「美濃囲い」「穴熊」くらいは覚えました。
休みの日にNHKの対局をうだうだと見たりもした気がする。
(どんだけ暇やったんや。)

しかし、
才能がなかった。(アタマが悪かった、とも言うかもしれない。)
詰将棋のごく簡単な物でも全く解けるようにならず。
結局うちの将棋盤は「まわり将棋」と「はさみ将棋」専用になりました。

みゆみゆが児童クラブ(学童保育)に通っていた時、「将棋クラブ」に入れたことがありました。
1年間、やったかな?
ボランティアのおじいさんが教えてくれる、クラブ。
毎週、詰将棋の宿題を持って帰ってたっけ。

しかし、みゆみゆも。
才能がなかった。
思考という遊びに、興味が湧かなかったのかもしれない。
今ではもう、駒の動かし方さえ覚えていないと思われる。

ちまたのデパートでは、将棋盤が品薄らしい。
皆さん、お気を付けください。
好きなるかどうかは、その子次第です。
ハマらない子はハマりません。当たり前か。

みゆみゆは、何に興味があって、何に才能があるのだろう。
先日学校で書いてきた進路調査票は、こんな風になってた。

問1 将来なりたい職業または興味のある分野は何ですか?
 ・・・小説家、兼なにかの職業。興味のある分野は、「哲学」と「物理」。

問2 その夢を叶えるために、これまでにやってきたことは何ですか?
 ・・・歌と読書

問3 将来に向けてこれからやろうとしていることは何ですか?
 ・・・数学の勉強

みゆみゆ、取っ散らかり方がなかなかですな
とりあえず問2、「その夢を叶えるために」の部分を読まなかったと思われる。
じゃなきゃさ。「歌う哲学者、または物理学者」ってなに。
およそ、食べていける気がしませんが
あと問3、それは数学の成績がヤバいから、それだけではないか?

先日は「幼稚園の先生の、職業体験に行きたーい」と言っていて、
夏休みは「スーパーカミオカンデの合宿に行きたい」と言い、
毎日ネット小説を読んでいて、部屋が全く片付いていかないマイペースすぎるみゆみゆ。

何に向いてるんだろう、というよりも、
何ならやれるのか?と親は心配になって、
ついつい「まずは生活力をつけようか。」とガミガミ言ってしまうけど。
いろいろ経験して、自分にやれること、やりたいことを見つけていくしかない。
そのうち、「ほんとに好きだから何をおいても極めたい。向いてるかどうかは後から考える!」てくらい熱中できることが見つかればラッキーか。
それは、大人も中盤を過ぎてから見つける人もいるしね。

まあのんびりいきましょうか。
(と、自分にも言い聞かせる。)
さあ、どう生きていくかな。私もこの先。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐の後は、プシューッと | トップ | 「ピュンピュンの日」と「ダ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-23 09:41:37
将棋ブームですねぇ。記事に共感して思わずコメントしました。子供の興味なんてそれぞれですよね。うちの小3長男みたいに3年間、「将棋大好きなのに才能がない」ってのも悲惨です(笑)一方、発達次男は才能あるんだけど、負けたときの大パニックが・・・はぁ~
突然ごめんなさい (yottin)
2017-06-24 08:12:46
私の古い友達も高校時代から哲学にはまって、サルトルとかカミューとかを読んでいました、N大の哲学科に入学して2年くらいで退学、その後はフリーターの元祖になって結婚も就職もしないで、50歳くらいで行方不明になりました。
私も影響でかっこいいと思ってジャズと哲学を囓ったけど、性分にあわずすぐやめました。
みゅままさんは、私たち夫婦の20年前を今、一生懸命やっています、私たちも力を合わせて乗り越えました。 苦しみの何倍も楽しみを求めて生きればきっっと幸せになれますよ。
子どもそれぞれの個性 (みゆはは)
2017-06-24 10:07:45
将棋のコメントくださった方へ
お子さんお二人とも将棋しておられるんですね。
兄弟で同じ趣味というのは良いですね♪
藤井4段も負けると大泣きして、準優勝の時はお母さんが代わりに賞状を受け取っていたそうです。「負けて悔しい」は次へのバネになりますね、きっと。
でも毎回大パニックは困りますね~ ^^;

yottinnさま
いろんな人生がありますね。
ジャズと哲学。確かにかっこいい。
うちの娘は、まだ「哲学」って言葉がかっこいいと思っているくらいの、ほんの入り口だと思います。何せ「ニーチェ先生」というギャグマンガで哲学を知ったくらいですから。そんなもんです^^
「きっと幸せになれる」の言葉、ありがとうございます。
実際に乗り越えて来られた方の言葉は大きいです☆

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。